今回の旅の2ヵ国目はフィリピンに行く予定なんです。



フィリピンで何するかというと、観光でもなく、なんと短期語学留学 笑



学生時代に留学行きたいなぁと思ってたけど、なんと大学のプログラムだと1ヶ月で60万もかかる。



もちろん諦めですm(_|_)m



諦めて東南アジアにバックパック旅行に出掛けたのだけど、こちらでかかった費用は総額13万円。



実に費用5分の1、英語しゃべれるようになりたいってより、海外経験がしたいと思っていた自分には、これで十分だったのですよ。



ちなみに自分の英語力のピークは大学2年の頃。この頃は先輩の就職難にビビり、TOEIC何度も受けたり旅行に行って使ってみたりと、なぜか自分にしては意識が高かった。



で、社会人になってしまって、国際物流の仕事についてしまった訳ですが、これまた英語を読むけど喋らない部署に配属されてしまうのです。



こりゃもう、学生時代も大したこと無かった英語力が、さらに急下降していく訳ですよ!



社会人になってからも、ちょいちょい旅行に行ったりして英語力の急下降っぷりに危機感を感じていたのだけど、




トドメを刺されたのが退職の1ヶ月ほど前、外国の取引先が羽田に到着するから、お迎えついでに空港の施設見学をアテンドやらされた時。



本当に、全然しゃべれなかったんですよ泣
英語しゃべれる同期もついてきてくれてたから、なんとかどうにかなったけど、情けない情けない泣



旅行中の英会話って、自分のやりたいことや相手が伝えたいこともはっきりしてるから、わりとなんとかなっちゃうじゃないですか。



旅先で友達できて、その人としゃべる時も、友達同士のノリでやっぱりどうにかなっちゃう。



でも仕事で英語使ってみるって、ほんとすごいことですよ。
間違ったことは言えないし。



で、この時はっきりしました。












ワイ、もう全く英語できない泣













しかし、ちょっと帰国後のことを考えてみる。



帰国後、転職活動してるとき、「前職は国際物流の会社に勤めていて、1年ほど海外で社会勉強してました」なんて言ったら、100%英語はいける人だと思われてしまう。たとえ喋れないって言っても、喋れる人だと思われてしまうと思う汗



で、決意! この無職の期間のうちに勉強しなおそう、留学しよう、と!



英語できて損なんて全くないはずだ、と‼












すげー長い前置きでしたが、1月は四週間、フィリピンはクラークで勉強してきます。



留学の紹介会社から言われたことは、「留学前にはしっかり予習しておくこと。現地で英語で英語の文法説明されたって、理解出来るわけがない。少なくとも文法や語彙は事前に日本で勉強してくるように」と。



うーむ、無職になっても旅行準備や引っ越し準備でプチ忙しいのに、更に忙しい。



ついでに自分が頼んだ紹介会社は、日本での英会話クラスが含まれている。これに今日行って来ました。実に5年ぶりの英語の授業。



……。







…………。








…………。







やばい。非常にやばい。












ワイがダントツで一番ショボいやないかい!











滝のように汗がでるとは正にこのこと。質問されても返答がパッとでない。スピーチを考える時間を与えられても、文章がすぐにたてられない。



…………。




ここまでやばいとはほんと衝撃、職場で喋らないながらも英語の文章を読むのは必要だったので、そこまで落ちていないと思ってたけど、想像を絶する出来なさ具合でした泣 いやー恥ずかし恥ずかし泣



しまいにはこんなやり取り↓



Q「嫌いな英語の勉強を教えてください。」



ワイ「英検でディスカッションすることです。なぜなら日本語でディスカッションすることも苦手だし、英語ならなおのこと苦手だからです。」



先生「なんと!他にも同じようなこと言った人がいたが、ディスカッションは英語の文化だぞ!俺はディスカッションでとにかく負けるなと母親から教えられてきた。君たちも英語をしゃべるならディスカッションは必須だ。俺はすごくショックだ!それに英語ができるようになる近道は沢山ディスカッションをして自分の言いたいことをいうことだぞ!」



…………。



怒られちゃいました泣










こりゃもう意識を入れ換えねば‼ ワイの旅の目標に語学力の向上が追加されました。帰ってきたら英検とTOEIC受けよう。うんそうしよう。