ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

ホータン

リアルタイムは3月28日、コソボの首都プリシュティナにいます!!



明日は世界遺産観光!!



-------------------------------------------------------------




2/23、この日は朝起きた瞬間にしょんぼり。



日本に置いてきた嫁様からラインが入っており、どうやら税金やらの関係で面倒なことになっている模様。。。



所帯を同じにしているのに一人だけ旅に出ちゃうと、その後、何か面倒なことが起こると、全て残された方に振りかかっちゃいます。



そのことについて、 やっぱ認識が足りませんでした・・・。反省しきりです。。。汗



4月の一時帰国の時に、全て解決し、クリーンな状態で再出発できるようにしなければ・・・!!



あと、嫁孝行も!笑




















そんなこんなで、嫁に多大な迷惑をかけてしょんぼりしながら今日は行動開始。



このホータンの街は特に見所はありません・・・。



強いて言えば、バザールがかなり賑わっているらしい。



でも、今日は土日でも金曜でもない。フツーの平日。



バザールがやっているエリアに行ってみたけど、当然のごとくバザールなんてやっておらず・・・。



もうやることなくなっちゃいました泣



こりゃやっぱり今日は動いちゃダメな日なんだ、と思い、宿に戻り、インターネットでキルギスへの国境越え情報調べたり、ブログあげたり。



で、ここで衝撃の事実が判明しました。





















その1:中国ーキルギス間の国境は、なんと土日は閉まっている。!!!!!!!!





















その2:中国のカシュガル〜キルギスのオシュ間の国際バスは、月木の週2便しか運行されていない。!!!!!!(しかも冬季は運休)
 



















(´;ω;`) 




















今日2/23は火曜日、明日カシュガルへ行く。ワイのビザは28日、日曜日まで。



土日が国境閉まっているということは、金曜までに脱出しなければならない。



でも金曜に出国となると、国際バスではなくて、乗合タクシーを乗り継いでいかなければならない。



乗り合いタクシーは時間が読めないので、最悪国境近くで宿泊の可能性もあるらしい。



そしたら国境がまた開くのは月曜だから、ワイの日曜までのビザはアウト。 



と、いうことは木曜の国際バスに何としても乗らなくては・・・!!













・・・・・・。



 









 カシュガルは1泊2日決定。゚(゚´Д`゚)゜。













新疆でも観光開発が進んでる地域で、かなり楽しみにしていたのに・・・泣













またしょんぼりしながら、外出。今度は夕飯を食べにm(_|_)m



DSC_0265(1)
なにやらとてもとても美味しそうな屋台を発見しました!!



DSC_0264(1)
鳥ガラスープで炊いた炊き込みごはんに、ピリ辛の人参の漬物が載っている!!



当然まいうー!!!



ワイの中では蘭州ラーメン以来のド ストライク!!



DSC_0266(1)
お隣もなにやら美味しそうな店!!



こちらは生クリームにフルーツ混ぜたスイーツの屋台でしたm(_|_)m











で、さっきのこの料理、中国の後に中央アジアに行って、分かりました。
 DSC_0264(1)



この料理はプロフといって、中央アジアでは最もポピュラーな料理。



プロフと聞いてピンときた方もいるかもしれませんが、ピラフの語源となった料理です!!



そして上に載っているピリ辛の漬物、実は中央アジアには朝鮮族が住んでまして、おそらくその影響だと思われます!



ほんと、もうここは中国とはかけ離れていることを実感!



いやはやいやはや、悪いことがあった後は、必ずいいことがあるんですなあ・・・。




【今日の宿】
image

image

幸福賓館(Happy Hotel)  ツイン:100元

Wi-Fi:レセプションに有
エアコン:有
テレビ:有

シングルはオフシーズンとかで用意してもらえませんでした・・・。





 

慣れとは怖いもので、あれだけボロクソに言ってた交通賓館も、3日目となれば何とも思わなくなってくる笑



でも昨夜、外がバンバンうるさいと思ったら、朝、こうなってました。



image




春節の爆竹の跡ですm(_|_)m しかも箱1個分ぶっ放したみたい。もう春節期間なんてとっくに終わったのに。げきおこ。












今日は朝から蘭州ラーメン。



image

中国では朝ごはんから麺料理をよく食べるらしく、蘭州ラーメン屋も早朝からやってるんですm(_|_)m



宿に帰って、荷造りして、隣のバスターミナルへ。



今日は新疆の南部、和田(ホータン)に行きます‼わだ!笑



なんとバスターミナルにこんなものが笑



image

ゴム無料自販機笑。
IDカードかざすことによって、出てくる仕組み笑 キャーはずかし笑笑笑



今日のバスは寝台バス。日本ではまずお目にかかれない寝台バス。



ワイにとっても初体験の寝台バス。



image

こんな感じ。



写真では小綺麗に写ってしまったけど、これがまたやばい。汚い。本気で南京虫を心配してしまうほど。



構造的には健康ランドにあるような背もたれ付き座布団が敷き詰めてあるかんじ。布団もあるけど、もちろん清潔ではない。シーツも、もう何日も替えた様子がない。



おまけに固い。だから掛け布団を下に敷いて、やっと耐えられるレベル。



はぁ……。











ちなみに今日のこのバスは今回中国旅のメインディッシュの一つ。



タクラマカン砂漠を縦断します‼



image

最初のうちはステップ地帯。



image

急ブレーキかけたと思ったら、羊が道路を横切ってたり。











この後、アクスの街に入る前、最初の検問ですm(_|_)m



いつものごとく、パスポートを渡す。



でも今回はなんか様子が違う。詰所に入ってこいと公安からお呼びがかかる。



で、席に座らされ、中国語で何かまくし立てられる。



別に怖い雰囲気ではなかったし、自己紹介しながらだったり、和気あいあいとした感じだったんだけど、何聞かれてるのかさっぱりわからない。



バスの同乗者もほとんどバスにもどってしまう。助けてくれる人ももういなくなる。



公安も必死にワイに何かを聞こうとしてるけど、やっぱりわからない。



助けを呼ぼうとしたのか、公安がワイのバスはどれかを聞いてくる。












で、このとき、恐れていたことが起こりました…………。











バス、ワイを忘れて出発(´;ω;`)











「バス?あれだよ。あれ、あーー‼行っちゃったじゃねーかよ!どうすんだよ!」
と日本語で叫び、ワイも今までの旅行史上最大級に衝撃をうける。



焦ったのは公安も同じ。



大声で「まじかよ、早く呼び戻せ!」的なことを中国語で叫び、パトカーで赤色燈つけて追跡。











パトカーで追いかけてくれるんならまず大丈夫だろうと、ワイも落ち着き、公安も雰囲気がほぐれ、タバコを勧めてくれたり。



そして双方落ち着いたからか、何を聞こうとしてるのかだんだんわかってくる。



どうやら、ビザが28日までしかないのに、ホータンなんか行ってる暇あるのか?と聞きたかったらしい。



なので、ワイもホータン行ったあとはカシュガルへ行き、すぐにキルギスに抜ける予定だということを説明する。



そんなこんなで公安も納得してくれた頃に、バスが引き返してきて、公安のお見送りの中、解放笑



バスのドライバーは不機嫌そうだったけど。
忘れたのはそっちじゃねーかこんちくしょう。











image

タクラマカン砂漠へ入る前、2度目の検問。
ついでにワイを置いていったバスをパシャリ。



この検問は素晴らしかったです笑
まず、外国人のワイに対して敬礼でお出迎え笑
そして手書きで登録するのは時間かかるから、とりあえずパスポートを写真とって終了笑
そして公安警察官と記念撮影笑



検問所内なので、ワイのカメラで記念撮影出来なかったのが惜しい泣



更に撮ろう撮ろうと思ってた中国の公衆トイレもパシャリ。



image

image

通称ニーハオトイレ。扉、壁の無いぼっとん便所。ことにおよんでる隣の人と目があっても、ニーハオと挨拶できる気概がないといけない、ということからこの名が笑。



image

検問所の回りもパシャリ。やべーもうすぐ砂漠だ‼












そして砂漠の中のハイウェイに突入!



image

image

image

意外にも、ハイウェイのまわりは防砂のために植物が植えられてる。



image

砂漠を貫く道!



image

image

でも、砂丘も綺麗なんだけどなー……。動くバスの中の写真じゃ伝わりにくい……。



写真がダメなときは……動画である!















砂漠抜けるのに時間かかるかとおもったら、意外にも四時間ほどで脱出。ホータンについてしまいました笑



んて、またユースなんてあるわけないホータンの街なので、というか滅多に日本人が来ないホータンなので、宿探しが大変……。



結局ワイは9年前の情報をたよりに、幸福賓館という宿に泊まりましたm(_|_)m



【今日の宿】
image

image

幸福賓館(Happy hotel) ツイン:150元

Wi-Fi:レセプションに有
テレビ:有
ホットシャワー

シングルはオフシーズンだから準備してないとかで、断られてしまった……。











宿の近くの食道にて。
image

image

もうここまで西にいくと、全然中国感がない笑



image

ウイグル族の定番、ラグマン!だけどこれは麺じゃなくてマカロニ状!確実にヨーロッパに近づいてる!

↑このページのトップヘ