ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

ヘルシンキ

リアルタイムは2017年7月4日・・・。



なんとなんと、前回の記事投稿から早8ヶ月・・・。



その間、旅は終了し、帰国。



日本に帰ってきたけど壮絶な糞企業に就職してしまい僅か2ヶ月で退職。



1年以上プー太郎をしてから入った会社を2ヶ月で退職とか、



超絶汚れまくった履歴書でまた新たに違う会社の面接受けたらなぜか採用してくれて、なんとか落ち着いてきたので更新再開しようかと思います。



・・・・・。



うーむ。



なんか、ワイが旅行中に出会った日本人て、帰国後、



5パーセントくらいの人がNPO/NGOに関わり始めたり就農したりして、新たな人生歩み始めた人で、



その他の大多数の95パーセントくらいの人はズルズルとワーホリいったり非正規雇用でフラフラしてたり、将来どうなるのか疑問符の付くような人ばっかりだったのですよwww



まあ後者の人たちもそれはそれでとてつもなく人生謳歌しているので、楽しそうで羨ましいのだけど笑



でもワイの場合はこのブログの題名の通り、嫁を置いて旅に出たわけで、新たな人生歩むのもフラフラするのもナシで、帰国後も昔と同じような生活を再開させようと思っていたのです。



ただこうなると、
新たな人生歩もうとしてる人みたいに野心は無いし、
フラフラしてる人みたいに謎な余裕も無いわけです。



なので!!!



 1月の帰国直後のワイ、再就職に焦る焦る。



旅立つ前は東京で国際物流の会社で貿易事務をやっていたワイ、再就職で転職活動していた金沢は新天地だったということも焦りに拍車をかけてしまったわけです。



で、金沢で転職活動していたら、うまいことに前職の同業他社を見つけ、トントン拍子で内定もらう。



国際物流の仕事が気に入っていた訳でもないから、全く違う業界に行ってみたいとは思っていたけど、所帯持ちなんだからそんなワガママ言ってらんない。



さらに内定もらった会社は前職にいたころ同じ業界内でもあまりいい噂を聞いていなかったけど、所帯持ちなんだからそんなワガママ言ってらんない。



で、入社。



結果。。。



2ヶ月で退職☆ 


 
退職した理由は、ものすごく長くなるのでここでは書きません笑 てか文章で説明出来る自信が無い笑



旅人って、新しい人生歩もうとしている野心家か、人生謳歌する遊び人ばかりの世界だったのに、



ワイみたいに、帰ってきてもこれまでのような生活を再開する、なんて中途半端なことしようとするからこういう失敗するんすね笑



でも、終身雇用神話が崩壊して、尚且つ簡単に世界飛び回れるようになって、世界1周のハードルが低くなってきている今、 ワイみたいな帰国後、普通に再就職しようとする旅人はものすごく増えてくると思うんです。



なので、ワイはそのような旅人さんに声を大にして言いたいです。



再就職は、焦らずじっくり転職活動してください泣



ちなみに、再再就職した会社では楽しくやってます笑




















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 



ということで旅行のブログ再開!



この日は物価クソ高いフィンランドを抜け出し、逆に物価激安のエストニアに渡ります!



まずは宿からトラムに乗って、フェリーターミナルへ向かいます。



で、フェリーターミナルでエイリアンがお出迎え。




_20160520_064244
 



ちなみにヨーロッパでのフェリー旅は、ネット予約が必須です。現地のターミナルでは発券業務だけで、購入はできないことが多いんです。それに予約サイトも沢山あって、割引価格で売ってるとこもあるから安く買えることもあるし。



ということでワイはdirect ferriesというサイトで購入。なんと日本語サイト有り。



DSC_0122
ターミナルはこんな感じ。国際航路なのでターミナルもめちゃくちゃ立派です。



DSC_0123(1)

こんな感じでカフェのある待合室もある。



ただ、行き先がどこもシェンゲン圏内なので出国審査はナシです。なんとなく物足りない笑




チェックインを済ませ、待合室で待っていたら、程なくしてワイが乗るフェリーが到着m(_|_)m



_20160520_064306

むむむむむ、何これ何これ、フェリーなのにめちゃ豪華なのがきた!!



で、乗船!



DSC_0136(1)
期待が膨らむ!!!



DSC_0125(1)
でーん!!
なんとステージある!!



DSC_0129
バー!



DSC_0130
バー!!



DSC_0133(1)
バー!!!



DSC_0134(1)
 ビュッフェ!



DSC_0126(1)
国際航路のといえば、カジノ!



DSC_0131(2)
 カジノ!!



DSC_0137(2)
そしてなんと、スーパーみたいなでっかい免税店もある笑



DSC_0138(1)
フィンランドは物価が高いから、酒は免税店で箱買いするそうな。



そんな感じでワイもビールを買い、空いてるバーの席に陣取って・・・




_20160520_064400

 酒盛り♡



そしてまあ、バーの席でスーパーで買った酒を持ち込んでた訳で、もちろん店員に注意されましたとさ♡
真似しちゃダメですよ♡



_20160520_064343
ちなみにフィンランドではならではの、こんな設備もありましたm(_|_)m



DSC_0019_3
 エストニアのタリンに着いたら、なんとリキシャーが笑



 _20160520_064423
そして天気は悪いけど、とてもとてもかわいすぎる旧市街を抜けて、今宵の宿に向かいます。



_20160520_064438
女子が好きそう。



_20160520_064452
ちなみにワイもこういう町は嫌いじゃ無い。



 _20160520_064505
いやもう、ほんとthe旧市街じゃな。



DSC_0145(1)
中世!!騎士とか出てきそう!



DSC_0146(2)
カワユイ町ですなぁ。



DSC_0149(2)
女子にオススメの旅先聞かれたら、タリンて答えようと思いますわ。



DSC_0148(2)
とりあえず、ワイみたいな男一人旅には全く向いていない旧市街ということだけはわかった笑


 
今日の宿はなんと日本人宿!



こんなヨーロッパの端っこに日本人宿!!しかもbooking.comの評判で1位!!



でも日本人宿なのにbooking.comの評価が高いていうことは、オーナーが日本人なだけでメインのお客さんは欧米人てことです笑



てかオーナーさん、ワイとほとんど歳が変わらなくて超絶びっくり。オーナーにしてはめっちゃ若い。



生まれたばかりの娘さんも超絶かわいくて、異国の地でゲストハウス経営に成功してて、とにかく何もかもが羨ましい限りでしたわ(;´Д`) 



さらにゲストの方々も超面白い人ばっかで、北朝鮮に行ったことがあるスウェーデン人がいたり、ポット爆発させるトルコ人がいたり笑



日本人宿なだけに日本人ゲストも数人はいて、今宵は元バックパッカーで今は大阪で不動産屋さんやってる方と飲みに。 



宿のスタッフに聞いたカフェ的なレストランに行ったのですが、これ大当たり。



 DSC_0155(2)
海鮮やほぐしたお肉にチーズベースのソースを絡めてるやつを、クレープ生地に閉じ込めてるんです!!



とんでもなくうまかった!!



見た目も写真じゃあんま伝わらないけど、すんごい巨大でボリューム満点笑




DSC_0154(2)
ほれ!!フォトジェニック!!笑



これ、日本で売っても絶対流行ると思う!!



しかもですよ!!



これ !!!



たったの5ユーロ!!!!



朝までいたフィンランドではありえん価格ですよ!!!



しかしながら、この料理名をメモるのを忘れて、後になって全く調べられなくなってしまってるのが残念・・・。また食べたい・・・(´;ω;`)



【今日の宿】
DSC_0020_3(1)

DSC_0021_5

image
TABINOYA 8人ドミ:13ユーロ


 Wi-Fi:有
エアコン:無(オイルヒーター有)
キッチン:有(電子レンジは無)
ホットシャワー


日本人宿だけど欧米人ゲストメインなので、日本人宿が苦手な方にもおすすめ!!てか宿の雰囲気も設備も立地もコスパもすばらしい。



 

リアルタイムは10月28日、アルゼンチンのウシュアイア!世界最南端の都市!!



パタゴニア周遊最後の街なんだけど、もう物価が高くて高くて泣



このままだとパタゴニアが嫌いになってしまう!ということで



ウシュアイアはまだ不完全燃焼ですが、パタゴニアを離れることにしましたm(_|_)m



明日飛行機でブエノスアイレスまでひとっ飛びします!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



5月18日は朝起きてすぐ移動。なんで街から遠いモーテルなんぞに泊まってなきゃならんのだよ、と。中心部の宿に移動しますm(_|_)m 



DSC_0015_7(1)
宿近くのバス停の前。フィンランドって、こういう何でもないところのセンスが良くてかっこ良いですなぁ。



で、来たバスに乗り込んでみてびっくり。運賃なんと3.2ユーロ。実に400円近く。北欧のデザインは好きでも物価高な経済体質は大嫌い。



街の中心部に着き、そこから少し歩いて今宵の宿、HOSTEL DIANA PARKへ到着。



DSC_0120(1)

 



まだ10時過ぎだったのに、運良く掃除が終わったベッドがあったのですぐにチェックイン完了。



そしてこのホステルのビルを見まわしてみてびっくり笑



_20160518_173358
口の字型の建物なので、向こうの建物もこのホステルと同じ建物なのですが・・・よーく見てみると・・・



_20160518_173425

DSC_0074
ん、オカルト系の記事なんかで見たことあるようなマーク・・・



宿の入り口をもう一度見てみると・・・



_20160520_064218
 ここ、完全にフリーメイソンの建物www




















あとで調べてみてわかったんですが、



フリーメイソンって日本では世界を裏で牛耳る秘密結社みたいなイメージが付いちゃってますが、



実際にはロータリークラブやライオンズクラブみたいな友愛サークルで、その慈善事業としてこういうホステルを経営することもあるそうな。



そいやワイも昔、香港でジョッキークラブが経営するユースに泊まったことあるし(ワイ史上最悪のホステル)、その後これ書いてる10月の時点で、ヘルシンキ以外に2つもフリーメイソン経営の宿に泊まってます笑



フリーメイソンて、意外と旅人には身近な存在かもしれません笑




















宿の建物の偵察を終えた後は、ヘルシンキの街を観光せねば!ということでまずはカンピ礼拝堂へ。



DSC_0077
おおぉぉ・・・すげぇ・・・。これ礼拝堂か・・・



中はこんな感じ↓↓
DSC_0075(1)
 何もない。でも綺麗。純粋に木を感じられる礼拝堂。装飾なんて、本来信仰には何の意味ももたらさないですからね。素晴らしい。



_20160518_173458
広角レンズじゃないので同じ位置から縦の写真も・・・収容人数は少ない狭い礼拝堂ですが、天井が高くて、すーっと力が抜けてく感じ。木造でシンプルなデザインが人間には一番合ってるのかな。。。




















次も教会に行きます。次のテンペリアウキオ教会も自然に根ざしたキリスト教会てことで、さっきのカンピ礼拝堂とコンセプト的には同じなんですが・・・今度は・・・



DSC_0079
THE 岩 。



DSC_0081
岩。



DSC_0083(1)
岩。



フィンランド人って、すっごく良いと思う。 笑。 




















その後は、シベリウス公園へ。フィンランドが誇る作曲家、シベリウスの名を冠した公園!!



でもその道中もなんだか良い感じ。



 _20160518_173527
東欧からずーっと見慣れた無機質なアパート群だけど、フィンランドのはなんか良い。



DSC_0087
派手な装飾とかしてるわけじゃないから、オシャレってことでは無いと思うんですね。純粋に綺麗なんだと思う。



DSC_0078(1)
この車はオシャレ笑



DSC_0085
この車はバンザーイ。



DSC_0088
ヨットハーバーとか、、、



DSC_0089(1)
ヨットハーバーの入り江に張り出したカフェ。かもめ食堂みたい。映画見てないけど笑




















そんなこんなでシベリウス公園到着!



DSC_0091
パイプオルガンみたいな、謎のオブジェ・・・。右のはシベリウスさんの顔の像を横から。



シベリウスさん、相当気難しいひとだったらしく・・・



なのでこんなお顔の像になりました↓↓



DSC_0090
おこ。



てか、気難しい人だったからって、こんなお顔にしてしまうとは、なんというかリスペクトが足りないような笑



















DSC_0092(1)
次は白い議事堂を横目に見ながら・・・



DSC_0117
この渡し舟に乗って世界遺産「スオメンリンナ要塞」へ向かいます。



DSC_0094(1)
渡し舟からの風景・・・バルト海クルーズの大型客船・・・セレブ旅羨ましいですのう(´;ω;`) 



DSC_0096
スオメンリンナ島以外にも、なんか良い感じの島が!



DSC_0097
 小島に住む生活ってどうなんだろう。



DSC_0098(1)
スオメンリンナ島に近づいてきました!



DSC_0103(1)
到着!日本以外でこんな世界遺産押しな観光地、初めて笑



DSC_0104
白鳥?違うか笑



DSC_0105
フィンランド軍の昔の潜水艦とな。たまたまこの日がフィンランドの何かの記念日で、いつもは有料なのに無料公開してましたm(_|_)m



DSC_0106
やっぱ要塞島ですなぁ。



DSC_0109
ちなみにこの日、めちゃくちゃ暑かったです。フィンランドだからって夏も涼しい訳じゃないんすね。
半袖でも汗がダラダラ流れてくる。30度超えてたんじゃないかと。



DSC_0110
要塞跡には定番ですね。



DSC_0111
うおー暑い。



DSC_0112(1)
まだ大砲ある。



DSC_0113
他の国の要塞跡と違ってフィンランドの要塞跡が良いのは、大砲がかなり綺麗に保存されてること笑 廃墟みたいになってない笑



DSC_0115(1)
たしか郵便局?だったような。意外にもこの島、今は人が住んでました。



 





こんな感じで世界遺産旅終了。



また渡し舟でヘルシンキへ戻り、さらに歩いてスーパーに立ち寄り、お惣菜を買って宿へ。



宿に帰ってみるとキッチンが超絶大混雑。



それもそのはず、ここフィンランドは世界トップレベルで物価が高い。



海外旅行って、お金持ち先進国の国民の嗜みなはずなんだけど、ここフィンランドはその金持ち先進国より物価が高い。つまり、ワイも含めてお金持ち先進国出身でも、この国では貧乏www



なのでみんな自炊笑 ひもじいんです笑



 夜10時を超えてもまだ明るいなか夕食を食べ、明日フィンランドを脱出することを心に決めて、今日はおしまい。m(_|_)m




【今日の宿】
DSC_0017_3(1)
DSC_0016_2(1)
image

HOSTEL DIANA PARK   5人ドミ:31ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無(オイルヒーター有)
キッチン:有
ホットシャワー
場所:赤ピン


フリーメイソンのお宿笑


旅で出会った日本人から、「宿の場所を書かない旅人ブログは最悪だ」と断罪されてしまったので、今日から宿の場所を載せるようにします笑。地図のスクショですが。



 

リアルタイムは10月23日、チリのプエルト ナタレス!



今日は世界自然遺産のパイネ国立公園というところに行ってきたのですが・・・。



まあね、このあいだトレッキングをしてきてしまった直後だったので、感動薄。



旅の新鮮さが薄れてきてしまってる・・・。こういうの、良く無いですなぁ・・・。 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


5月17日は再出発の日。ワイの旅の中編が始まりますm(_|_)m
(このあともう一回一時帰国するので、ワイの旅は前中後編なのです)



1月1日みたく嫁様や親に見送られ・・・ということではなく、今回は一人でバスで羽田へ。まあ再出発ですからね。



DSC_0068
で、羽田に着いてチェックインしてみたら、遅延してやんの。ローマから帰ってくる時も欠航したし、ブリティッシュエアウェイズってこんなダメな会社だったっけ?



結局1時間くらい遅延。しかもどれくらい遅延するかも地上スタッフが把握してなくて、 上の写真の待合エリアで並ばせっぱなし、立ちっぱなし。げきおこ。



DSC_0008_4(1)
ちなみにこの日の羽田は結構な雨でした・・・再出発なのにあまり良く無いですなぁ・・・。



DSC_0009_3(1)
でも上空はこんなに晴れ!良い天気!



しかし晴れれば良いってもんでもなく、窓からの光がまぶしすぎてシェードをおろしてしまい・・・今日は窓からの景色は見ず、ひたすら映画みることに。



ちなみに見た映画のざっくりとした感想は・・・



「図書館戦争」:ドンパチアクション。それ以上でもそれ以下でも無い。ただのドンパチアクションならアメリカ映画の方が面白い。



「orange」:なんか全体的にアダルトビデオみたいな演出だったんですが・・・。卑猥ってわけじゃ無いですよ、演技がチープなんですよ笑 でもストーリーは泣かせてくる系だったので、ミーハーなワイは正直に号泣しましたともwww



「アンフェア」:寝た。覚えてない。



「起終点駅 ターミナル」:今日見た中では一番よかった。佐藤浩市がこんなに歳とってしまったとは。。。ウツな内容でワイもすげーウツになりかけたけど、一つの物語を見たていう重厚感はすごいです。





















ちなみに機内食は・・・



DSC_0069
まあね、日本発の便だと仕方ないですよね。



DSC_0070(1)
軽食もちゃんとありましたよ。ワインとともに雲の上で映画とか、優雅ですなぁ。わらわら笑



DSC_0071
2回目の機内食・・・。うーん・・・。1回目とどう違うのか、ワイには理解できません泣














 DSC_0010_3(1)
そんなこんなでまずは経由地のロンドンが見えてきて・・・



DSC_0011_3(1)
ロンドン ヒースロー空港到着!



で、このあいだローマから帰ってくる時にもこの空港使ったけど、その時は気づかなかったのですが、



この空港、全体的に古い・汚い・狭い・激混み。



インターネットで世界の不快な空港第1位に選ばれたこともあるそうで、なんとなく理解できますよ。



カフェや免税店をターミナルのある1箇所にまとめてしまうってのはイギリスのスタイルなんですかね。至極不便。




















で、次はヘルシンキへ、フィンエアー。



ヨーロッパ内って、4時間とかの飛行でも日本の国内線みたいに飲み物しか提供されないんですね汗



なので機内食の写真は無し。



しかも窓際じゃない席だった(3列シートの真ん中泣)ので窓からの写真も無し。



よってフィンエアーの印象は皆無。




















やっとこさこの旅の中編の起点、ヘルシンキに到着です。



今回はいきなりEU圏内、シェンゲン圏内からのスタート。



ワイ、入国審査なめてましたよ・・・。



もうがっつり入国審査官に疑われる。



シェンゲン圏内は合計90日しか滞在できなくて、ワイ、ついこのあいだクロアチアとかハンガリーとか、シェンゲン圏内をちょいちょい旅行してたんです。



なので、「2ヶ月前にシェンゲン圏内を旅行したばっかなのに、今またEUに入ったらすぐに90日超えるんじゃないのか?」とネチネチと・・・。



確かにワイ、2ヶ月前にヨーロッパに入ったけど、旧ユーゴ圏にいた期間が長かったし、日本にも1ヶ月くらい帰ってたから実際シェンゲン圏内にいたのは数日のみ。



しかもこの先イギリスなどシェンゲン圏外の国にも行くし、そもそもヨーロッパ終わったらさっさとアフリカへ旅立ってしまう予定である。とビビりまくったワイの超拙い英語で説明して、ようやく解放・・・。




















空港からやっとこさ出ても、まだ周りは明るい。もう22時なのに。



フィンランド、緯度が高いのでこの時期(夏)は暗くなるの数時間しかないんですね。



でも時間は22時。22時は22時。店がやってる時間じゃない。



仕方ないから空港内の売店で高ーいサンドウィッチとジュースを買い、



北欧の高ーいタクシーで今宵の宿まで走ります・・・。



タクシー、数分しか乗ってないのに30.90ユーロ・・・。ワイ、北欧の物価なめてましたわ・・・。



DSC_0012_3(1)
まあ、たまたま買ったジュースがムーミンのパッケージだったのが唯一の救い。









【今日の宿】
DSC_0014_5(1)

DSC_0013_3(1)
 ホステル アルカディア  4人ドミ:19.44ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無(オイルヒーターは有)
キッチン:流しと電子レンジのみ
ホットシャワー

バックパッカーズホステルというわけではなく、モーテル。トラックの運ちゃんが使うような。
でも部屋は清潔。さすが北欧。でもこの値段だと街から超離れてる。さすが北欧。









 

5月19日に飲んだビール評ですm(_|_)m



_20160520_064400
SANDELS

プレモル的な少しフレーバーのついたビールだった気がする。でもフレーバーは強く無い、飲みやすい感じ。全然まずく無い。


 

↑このページのトップヘ