ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

ヒヴァ

もうね、写真がないので、せっかくものすごく綺麗な世界遺産に行っても、全く伝えられませんね。



3月8日の分でワイが持ってる写真、携帯で撮った2枚だけですm(_|_)m



なのでグーグル画像検索のリンクを貼りますので、ここで出てくる写真をみていただきたいですm(_|_)m
イチャンカラ






















今日はヒヴァの世界遺産、イチャンカラを見学する日。



写真は上のリンクをご覧ください笑



宿を出て、チャイハナで昼食を食べ、イチャンカラの城壁の中へ。



ちなみに「カラ」とは城塞都市という意味だそうな。



このヒヴァの世界遺産とサマルカンドやブハラの世界遺産との違いは、ヒヴァは街全体が昔のままで保存されているところ。



サマルカンドやブハラはメドレセやモスク単体でしか保存されていないので、いまいち雰囲気に欠ける。



なので、もう正にヒヴァの街はアラジンとかに出てくるような街そのもの!謎な階段があったり、謎な路地があったり、超たのしい!!



そしてさらに、今日はどうやらウズベキスタンの祝日らしく、外国人観光客だけじゃなく、地元の観光客が大挙して押し寄せてたり、結婚式の行列があちこちにいたり!!



まあ、それだけに写真が無くなってしまったことが悔やまれるのですが・・・。




















でも!!



奇跡的に夕焼けを撮りに行った時、携帯で撮った写真が残ってました。



DSC_0335(1)

DSC_0336(1)
 堂々たる城壁。

 

正直、空は乾燥してたので全く夕焼けしてなかったけど、夕日に照らされ焼けるイチャンカラが綺麗すぎた。



いままで見てきたどんな夕焼けよりも綺麗。しかも18時過ぎで閉園後なので人はいない。(でも門は開いてるので中に入れる)



ほんと、この街はまた来たいと思える街でした。こんなに綺麗なイスラム都市、もうほとんど残ってないんじゃ無いかな・・・。




















今日の夜食はこれ。
↓ 
DSC_0339
何かわかりますかね・・・?



ワイも注文する時は「今日はこれしか出せん」と言われて勝手に出されたので、恐る恐る食べてみたのですが・・・



食べてみてなんとびっくり、これ日本でいうケバブ!



中に野菜とローストチキンが挟まってて、美味!!



だんだんトルコの文化が見えてくるようになりました!!着実に西へ近づいてますなぁ!!




【今日の宿】
DSC_0331(1)

DSC_0332

ラリオパ ゲストハウス  4人ドミ:10ドル

Wi-Fi:有 快速!
エアコン:有
ホットシャワー
朝食付き


昨日と同じm(_|_)m





 

リアルタイムは5月6日・・・。



すごい量の日記を溜め込んでしまいましたわ汗



再出発の日までに溜め込んでる分、すべて投稿できるかな・・・。



てかそんなことより、日本に帰ってくる途中、イタリアはローマのフィウミチーノ空港にて、カメラ盗られました・・・(´;ω;`)



しかもメインで使っていたニコンの一眼泣



パソコンへのバックアップは毎回ブログに投稿する時にその分だけやっていたので、3月6日以降のほとんどの写真がパーです泣



ブログの上の部分に「写真多めで〜」みたいなことを書いてますが、これから一時帰国の4月21日までは写真少なめなブログになります泣



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



3月7日はヒヴァへの移動日。



朝食を食べ、 ピックアップのタクシーが来るまでちょっとだけネット。程なくしてタクシーが来て、アリカさんに見送られ、まずは乗り合いタクシー乗り場へ。



今日のヒヴァまでの乗り合いタクシーは、宿のおばちゃんが手配してくれたタクシー。ヒヴァまで15ドル。サマルカンドで出会った旅人さんが言ってた値段よりも安い!宿のおばちゃんありがとう笑



この乗り合いタクシー乗り場で、ワイ以外あと3人の客待ちをします。



1時間ほど待って、3人集まって出発!



しかし今日のメンツは・・・



①おそらく100キロ超えの巨漢男
②上の①ほどの巨漢では無いが、がっしりタイプの男
③子連れ(2歳くらい?)の女性
④ワイ。



当然助手席は①が座る。



窓側は③の女性。子連れだから仕方ない。



もう片方の窓側はがっしりしてる②。



つまりワイは後部座席の真ん中、足も置きづらいしケツもモッコリして座りにくいあの部分です泣



さらにこの国の人間は全くエアコンをつけない。クソ暑い。まさに苦行。



でもワイの隣のがっしりしてる男が話しかけてくれたり、



子連れの女性のお子さんとみんなで遊んだり、和気あいあいと2時間ほど砂漠を爆走。




DSC_0327(1)
中国の砂漠よりもさらに殺風景。まわりに山も無いし。




















が!





















2時間ほどたったあたりから、ちょいちょい車を止めて、ドライバーがボンネットを開けて何やら確認をし始める・・・



で、30分くらい少し進んでは止めて、少し進んでは止めて・・・を繰り返してるうちに・・・

























DSC_0329(1)





















ワイ、砂漠のド真ん中で車が故障するwww




















ちなみに電話かけてるのがドライバー、そばで見てるアディダスが②の男。



どうやらラジエーターに続くパイプの取り付け具が壊れて、エンジンがオーバーヒートしてしまった模様。



取り付け具を交換すれば良いのだがそんなもの代わりを持ってる訳ないので、携帯電話で救援を頼む。



まあワイはどうすることもできないんで、暇つぶしに携帯で一直線に続く道をパシャり。

DSC_0328(1)
 なーんもない笑。



しかしまあ、携帯の無い時代にこんなとこで故障したら、ほんと、命の危機を感じられたはず笑



1時間くらい待ったら、近くのチャイハナ(中央アジアの喫茶店。ドライブイン的な感じ)から救援が。



とりあえずその車に引っ張られて、そのチャイハナへ。



んで、チャイハナに着いたあたりで、同乗者の男②が猛烈にドライバーにブチ切れてる。何が起きたんじゃろか。。。



ほどなくして、その男②はあとから来た別の乗り合いタクシーに乗り換えて行ってしまわれました・・・。



そして子連れの女性③も、ドライバーに金を押し付け、別の乗り合いタクシーに乗り換えて行く・・・。



残されたのはワイとドライバーだけ。で、休憩に立ち寄った更に別の乗り合いタクシーのドライバーに、ワイのドライバーが何やら話をつけ、ワイに話しかけてくる。



「ここはヒヴァまで大体半分くらい。なのであの車に乗り換えて半額出せば連れてってくれるから、乗り換えてほしい。」



ん・・・待てよ待てよ、



ワイは宿のおばちゃんを通して今日のタクシーに乗ってるので、既に金は支払っている。



だったらこのドライバーが乗り換えた先のドライバーに払えば良いではないか!!!



さっきのがっしり男②が猛烈にブチ切れてた理由がわかりましたm(_|_)m たぶんあの男②も理不尽なこと言われたんだろう。



で、ワイも「何言ってるんだ、もう金は払ってるんだからお前があのドライバーに金を渡せ!」と言いつける。



が!



乗り換え予定のドライバー、ワイらが話がこずれてラチが開かないと思ったのか、ワイを置いて



ブーン



と、颯爽と出発。



・・・・・・。



(´;ω;`)





















結局、 「もうよい!ワイはお前の車に乗り続けるぞよ!部品交換の救援が来るまで待ってやろうではないか!」とドライバーと話をつけ、車が治るまで待つことに泣



でもこのチャイハナで待ってるあいだ、ドライバーから「チャレンジしてみろ」と言われヒマワリの種を食べてみたり、



後続のタクシードライバーとウォッカを飲んだり、これはこれでなかなか楽しい笑



ちなみにヒマワリの種は日本以外ではわりとポピュラーなスナック。極小のピーナッツみたいな感じ。でも皮を取るのが面倒くさいのでワイは嫌い。



ちなみにちなみに、この国に飲酒運転を罰する制度があるかは知らん。





















そんなこんなでこのチャイハナで2時間くらい過ごし、無事部品到着。



車を修理して再出発!!!



そしてワイ以外の客は乗り換えてしまったので、ワイの貸切!!!



この頃になるとドライバーとも仲直りしており、むしろ妙な連帯感が生まれて、



ウズベキスタンダンスミュージックをかけてノリノリで運転したり、



トルクメニスタンが見える道路でどこからがトルクメニスタンか解説されたり、



2時間でヒヴァの近くの大都市、ウルゲンチへ到着。



このウルゲンチの街で乗り合いタクシーの乗り換え。



しかし、待てども待てどもワイ以外の客が現れず。。。



結局、追加料金を払って一人でヒヴァの宿まで行ってもらうことに。まあ、もう夜の10時だし、仕方ないか、ということで。



【今日の宿】
DSC_0331(1)
 DSC_0332
ラリオパ ゲストハウス 4人ドミ:10ドル

Wi-Fi:有 快速!
エアコン:有
ホットシャワー

有名な日本人宿なんだけど、ワイ以外に客はおらず・・。どうやら最近はみんなヒヴァの城壁内の宿に泊まるみたい。
というか再開発地域のど真ん中に立っており、この宿の周りは更地。客も少ないし取り残されてるしで、なんだか栄枯盛衰を見ている感じ・・・。



【今日のビール】
DSC_0330
パルサービール

ウズベキスタンでは有名なビールらしい。普通。不味くはない。






 

↑このページのトップヘ