ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

バラヤ

旅行2日目、昨日はビーチの日だったけど、今日は観光の日。
有名な巨木と、滝を見に行きます。



朝にレイとレイの妹がバンガローのキッチンで昼食を作って、鍋ごと車の中へ笑 これでチェックアウト後、どこででも昼飯が食べれる笑 こういう家族旅行的なノリ、ほのぼのとして良いですな。



FB_IMG_1453565746772
 昼食作ってもらってる間にワイらはお片づけ係で片付けに励み、一通り終了した後にパシャリ。(レックス撮影)
キッチンのあるダイニングはこんな感じでしたm(_|_)m



で、チェックアウトし、車を30分くらい走らせ、巨木に到着。



P1170013
でーん!



近づいてみると・・・



P1170018
こーんな感じ。



枝から根が伸びてて、ものすごいことになってるんすね。こういう木、何て言うんだっけ?



この木なんの木 気になる木



 P1170017
かなり高いとこまでケイタさんが登りきりました。



それにしてもでかい木。日本だったら御神木になるレベルですな。



この後は遊水地みたいになってる滝へ。



P1170021
着きましたm(_|_)m



地元民がワンサカ遊んでる笑 うちのショーンももちろんスイミング、そして案の定サンダルが流される笑



P1170019
滝の反対側も。見ての通り、川岸が整備されてて歩きやすくなってる。写真には無いけど、屋根付きの あずま屋みたいのが点在してて、バーベキューできるようになってる。そんな感じの所でワイらも鍋を広げて昼食笑



昼食の後は本日のメインイベント、マザーズフォールというでかい滝を見に。そういやさっきの遊水地の滝の名前知らん笑



マザーズフォールの入口に着いて、なにやらレイが説明を受ける。どうやらここは台風でしょっちゅう川岸が破壊されるらしく、整備のために入場料が必要。そして整備されてない道を行かなくてはならないので、ガイド(有料!)を一人つけなくてはならない、と。



 まあ、仕方ないし、こっちは10人の大世帯なのでガイド代なんて全然痛く無い。てことでスタート。



P1170025
最初は普通の道を歩きます。



P1170026
 昔は整備されていたのであろう道を進む。列を組んで、ドラクエみたいである。



P1170027
 だんだん雲行きが怪しくなってきました。ここは完全に寸断されている。川の中をジャブジャブ進みます。左の管、日本でなんとなく見たことあるような気が。



P1170028
 ちゃんとした道に復帰したかと思えば、、、



P1170029
 完全に水の中を進むのである。ちょっとしたアドベンチャーである。



P1170030
 写真で見ての通り、現地人もたくさんここにきている。なので道案内は正直不要だった。でもこんな感じで危なげな道を通らなくちゃいけないので、サポーターとしてやっぱガイドは必要だと思います。。。



P1170033
最終的にはこんな感じでどこにもつかまるところが無くなるし。




P1170031
 水を渡りきり、満足げにポーズを決めるレイの図。



P1170034
水を渡りきった後は、管の上を歩きます。こんな渓谷にドデカイ管があるということは、この先には・・・



P1170037
やはり、ダムである!!!日本でちょいちょいダム巡りをしていたけど、こんなところでお目にかかれるとは!!!
ちなみに、なぜダムが好きかというと、このダムのように鬱蒼と茂る大自然の中に、忽然と現れる巨大人工物にロマンを感じてしまうのである。嗚呼、すばらしい。
















しかもこのダムは、日本ではまずお目にかかれないようなものだった。。。





















なんと・・・・





















P1170038

 盛大に決壊しているのであるWwww!!! 


 





ダムといっても日本で言えば堰みたいなもんだけど、それでも決壊して放置してるなんて日本じゃありえない。すごいもんを見せてもらいました笑




そしてダムを越えると・・・





















P1170039
この巨大空間である。



P1170045
おめあてのマザーズフォールにも着きました。
てか写真じゃあまり伝わらないけど、滝からの圧がほんとにすごいのです。
岩にしがみついてるお兄さんたちは、水を避けているんではありません。圧に耐えているんです。



もちろん水しぶきも半端ない。こういう時に防水カメラを持って行ってほんとに良かったと思う。ワイが唯一カメラを出せたので、記念写真。



P1170046
パシャリ。




P1170048
ワイも加わってパシャリ。



P1170052
滝壺に近づいて気勢をあげるレックス笑



P1170054
そばにあった小さな滝に打たれるトシさん笑



こんな感じでワイワイ楽しんでましたが、こういうショートトレッキングはもちろん下りも残されている笑



P1170055
また同じ水の中の道を進みます笑



そんなこんなでマザーズフォールは終わり。今日の日程もおわり。あとは帰るだけー。













でもここからが問題。












1時間ほど車を走らせたところで・・・











ストップ!!!












・・・・。












なんと道がクローズ泣






どうやら台風の影響で道が痛んでて、ところどころ工事中だったんです。




で、その工事の影響で往路で使った道がまさかのクローズ泣 引き返します。。。




その後マリアオーロラという町まで引き返し、レイの家族が道行く人に、どこの道なら通れるのかひたすら聞きまくる・・・








そして慣れない街、さらに人づてに道を決めているもんで・・・











ドライバーのアンクル、完全に道に迷う。゚(゚´Д`゚)゜。








たぶんマリアオーロラの街で1時間くらいうろつき回りました笑




そんなこんなで引き返したり、迷ったりしてるうちにもう23時。やっとファストフード店で夕食を食べ、そして寮の門限(23時笑)を軽快に過ぎ去る。



結局なんと2時に学校へ帰還。笑




















いやほんと、今回の旅行は家族旅行に混ぜてもらったみたいな感じで、すごく楽しかったです笑
企画してくれたマサさんとレイと家族に本当に感謝ですね、ありがとうございましたm(_|_)m



それにしても、アンクル、何時間も一人で運転とかすごい。さすがでした。




【泊まったところ】
学校の寮。







 

どうもこんばんは、ワイです、元気に短期語学留学やってます笑



前回の記事でフィリピンのクラークにいるって書きましたが、正確にはアンへレス市です。やばいです。何もない街です笑 ちょっと郊外にショッピングモールがあるくらい。少なくとも観光地ではない。



で、今回の記事の題、旅行中に旅行にいくとか意味わかんないですが、 学校の休日に泊りがけで遊びに行ったってことです笑 本当に何もない街なので、逆にこういう企画は毎週のように誰かしら企画してくれます。同じフィリピンでもセブに留学とかだと、街が充実しすぎてこういうノリはあんまり無いんじゃないですかね。



行き先は 太平洋岸の地元民向けリゾート地、バラヤ(Balar)。
メンバーはワイ以外には同じ学校の生徒の
トシさん(韓国と日本のハーフ。韓国語も話せる)
マサさん(年齢60オーバー。この旅を企画してくれた方)
ヒカルさん(25歳だけどすごい落ち着いてる。初めて会った時は絶対年上だと思ってた笑)
ケイタさん(シングルファザー。ワイは嫁を置いて海外に出てしまったが、ケイタさんは娘たちを置いて海外に出てしまった笑 すごい!!)
レックス(韓国人。異常にノリが良い。超フレンドリー)

あと、マサさんが前にこの学校にきた時の先生、レイ(フィリピン人講師)の家族も一緒です。
レイ(一児の母。)
ショーン(レイの息子。6歳。来年から小学生)
アンクル(レイのおじさん。元F1メカニック!!)
シスター(レイの妹)

アンクルとシスターの本名は忘れてしまった(;´Д`) 申し訳無いです汗


 






出発はなんと深夜3時!! 準備とかなんだかんだしてたら、もう12時30分!!
2時間半しか眠れずに出発です。レイの家族が学校まで迎えにきてくれました。



 ここから6時間の道のりです。。。夜が明けるまで爆睡し、朝になってもウトウトしていたので写真は全く撮らず・・・。フィリピンの田舎の、すっごいのどかな風景が広がっていたのに、悔やまれます泣



P1160001

 休憩で立ち寄った店でやっとパシャリ。河では子供達が洗濯していました。



P1160002

9時ごろ到着!!今日の宿はバンガロー。ご飯は自分たちでキッチンで食材を持ち込み、BBQていうスタイルです。 宿の名前はレイの家族が予約してくれたので分からず。。。



P1160004

 部屋はこんな感じ。なんとこの部屋に男6人で泊まることに・・・笑



荷物おろして落ち着いたあとは、昼からBBQ!!



レイの家族が持ち込むものを買い揃えてくれてて、その中に大量のビールが笑



学生チームは昼からガブガブ飲んでました笑



料理の写真が無いのがまたも悔やまれる。。。 



昼飯後は車を走らせてビーチに行くことに。



このバンガローの前も海岸なんだけど、



DSC_0016

こーんな感じのロックビーチなんですよ。なので砂浜へ移動。



そして、



P1160005

到着。



P1160006

反対方向も。


 
ヒカルさんと話した第一感想
「房総の海みたいっすね」 



まさにそんな感じなんです。白浜ではなく、日本でよくみる灰色の砂浜・・・笑 海水もコバルトブルーではなく青黒い海・・・笑
まあ、ここは地元民が訪れるリゾート地なので、フィリピンの離島みたいな海を想像してはいけなかったっすね笑



でも砂浜は全然汚れてない、綺麗な砂浜でしたよ!! 貝殻とかもあまり落ちてないから、裸足で歩いても大丈夫!!! 



12410523_1001578469905960_8124673760236936433_n

 てことで初集合写真 笑  アンクルとショーンが写ってないけど笑
(ちなみに水色シャツがワイ笑)



ちなみにこのビーチは外洋に面しているので波が高い。なのでサーフィンが有名らしい。この点も房総と似てる笑



で、おもむろにレックスが・・・・








レックス:「サーフィンやってみようと思う」








レックス以外みんな:「(((( ;゚д゚)))ほえ? 」








もちろんレックスはサーフィンなんかやったこと無い。



なんと異国のこのフィリピンで 初挑戦するらしい!!(もちろんインストラクター付き)



と、いうことでみんなでレックスの撮影会

P1160007

P1160008

 おうおう、乗れてる!!


P1160009
P1160010

かっこいい笑


FB_IMG_1453565594264

でもそのうちみんな飽きて、サーフィンに励むレックスを横目にみなさま思い思いに過ごす・・・笑
(写真はショーンの砂山作りを手伝わされるワイの図)



レックスのサーフィンレッスンも終わり、一路バンガローへ。



夜もBBQ!!! 加えて夜はレイたちがフィリピン家庭料理を作ってくれた!!!



けど、やはり写真は無し・・・泣 しかも料理の名前聞くの忘れたから、名前もわからん泣



夕飯のあとはみんなでダラダラ飲み・・・、久しぶりの水シャワーを浴び・・・。



10時くらいになって、一応お開き。






 この後はまだ起きてたワイとヒカルさん、トシさん、レックスの4人で飲みです。



でもこの飲みの内容が本当に濃かった。たしかレックスが23歳だけどまだ大学生で、兵役の影響で2年遅く学生やってる。ていう話から兵役の話になって、レックスが兵役の話をしてくれました。



 兵役に行くことは、本当に、とにかく死ぬのが怖くて仕方がないそうなんです。



 だから精神を病んじゃう人もいっぱいいる。レックスが兵役に行ってた頃も、精神を病んで武器を持って脱走したり、基地内で手榴弾をぶっ放した人がいたりしたそうな。



そういう、精神を病んで武器を持って暴れたり逃走した人を射殺しても、お咎め無し。無罪。精神を病んで武器を持っている人は何をするか予測不能だから。



レックス自身も、病んで狂いそうになったことはあったそうな。



兵役100日目の記念日に金正日が死んで、戦争の危険性が高まり、怖くて仕方がなかったり、



兵役期間中3回しか無い帰宅日の帰宅途中、ヨンピョン島砲撃事件が起きて、もう、すぐ側に親がいるのに会えずに基地に引き返して、残念で悲しい気持ちと戦争の恐怖心が錯綜したり。



問題なのは、精神を病んで軍隊内で事件が起きても、軍はそれを隠すそうなんです。レックスはそれに対しては怒ってました。



あと、軍隊はきつい訓練以上に、人間関係のほうが大変なんだそうな。



部隊に配属されて、先輩に嫌われてしまったら、もう、2年間地獄になってしまう。



そうならないために一芸を磨いたり、嫌われないように必死。



でも兵役を乗り越えれば、得るものもある。



さっきの一芸のこともだけど、どんなに内向的な人でも嫌われないように頑張るから、社交的な性格になったり。



 辛い兵役期間を乗り越えた達成感と開放感から、自分に自信がついたり。



そういえば今日もレックス、一人果敢にサーフボードにチャレンジしてたし笑 



だけど、兵役行って良かったかというと、それは全否定。兵役にいい思い出がある韓国人なんていない、と断じてました。



加えて、韓国のトチ狂ったお受験戦争も含めて、「自由な日本人に生まれて良かったと 思ったほうがいい」と。










ほんとね、韓国人の友人なんてレックスが初めてですが、本当にこういう話がきけて良かった。



ネット上では韓国であれば無条件に嫌う空気が溢れかえってますが、
レックスや他の韓国人男性は全員、問題だらけの兵役を乗り越えてるわけですよ。これに関しては本当に尊敬します。



まあ、ワイ的には兵役が韓国の国民性の醸成に強く絡んでるんだろうなあ、と思ってみたり、



国民性に関わることだから、今後も兵役の制度は廃止することはできないだろうなあ、と思ってみたり。



とにもかくにも、こういうセンシティブな話をしてくれたレックスには本当に感謝です。



そして完璧に訳して、ワイら日本人に伝えてくれたトシさんにも感謝です。



英語学校の生徒同士だから、英語で話すのが筋だろうけど、
誤解なく、レックスが話したいこと全て話してくれたのはトシさんのおかげです。



レックス、トシさん、本当にありがとうございましたm(_|_)m













まあ、そんな感じで真面目なお話を聞いて、この日は就寝です・・・(二人部屋に6人で泣)



【泊まったところ】
P1160002
P1160004
レイが予約してくれたバンガロー 二人部屋(を6人で使う泣):2500ペソ 
エアコン:有
wifi:無(というか携帯の電波も無)
水シャワー



 

↑このページのトップヘ