ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

トルコ

リアルタイムは5月25日、ポーランドのワルシャワ。



1月から旅続けてるけど、今日初めてまともな雨に降られた気がする。



やっぱ大陸って雨少ないんですかねぇ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




















3月18日はブルガリアへの移動日。



ちなみにワイ、初めてヨーロッパに足を踏み入れます笑



昨日からイスタンブールのヨーロッパ側にいたけど、正直トルコはヨーロッパとは言いがたいので・・・笑



学生時代から行きたい行きたいと思っていた、白人のキリスト教世界についに入り込みます!




















バスターミナルまではトラムと地下鉄を乗り継いで移動。



なんと通勤ラッシュ時間帯に当たってしまい、地下鉄が満員電車・・・。



外国に来てまで満員電車に困らせられるとは泣(´;ω;`)



バスターミナルに着いて、チェックインし、クソまずいチキンサンドを昼飯として買い、



いさ出発!



トルコのバスは世界一豪華と呼び声が高いのですが、



何がすごいかというと・・・



①飲み物無料 



②軽食付き



③シートテレビ付き!



そして飲み物や軽食をサーブしてくれる、



④客室乗務員付き!



このバスで6時間ぐらいかかる距離なのですが、お値段なんと3000円ほど!(これでもかなり値上がりしてるらしい)



という感じで快適なバス旅を送り・・・



Screenshot_2016-03-18-12-27-36 (1)
トルコ出国!!



そして出国した後、中間地帯には・・・



DSC_0072_2
巨大な免税店笑



もちろん買い物なんてできませんが笑



そしてブルガリア側の国境を通過し、



ハンコを押され、ついにEUへ入境し・・・




















税関で2時間待たされる(´;ω;`)




















やっぱトルコからEUとなると、出稼ぎ労働者のメインルートだからか、税関の荷物チェックも車一台ずつしっかりチェック・・・。



一般乗用車でもトランクの中身を全て出してチェック。



ワイらみたいな路線バスも全員分の荷物を開けてチェック。



別に誰も引っかかってる人見なかったけど、こんな厳しいチェックはウズベキスタン以来。




















そんなこんなでブルガリアの国境をやっと抜け出せたのは、すでに2時半。



これから2時間以上かけてブルガリア国内をプロヴディフへ向けて走りますm(_|_)m



やっとヨーロッパに本格的に入り、車窓も今までのアジアとはぜんぜん違う!



緑に溢れている!!!



赤茶色の屋根に白壁で統一された綺麗な街並み!!!



なんかヨーロッパがなぜ豊かなのか、見せつけられた感じ。



そりゃ食べ物は沢山手に入れられる環境で、人も真面目なら豊かになるに決まってる笑



そんなこんなで車窓の写真は一切無しで、プロヴディフに到着ですm(_|_)m




















プロヴディフに着いたらまず明後日のソフィア行きのバスチケットを買い、



ブルガリアの通貨レフを下ろし、



ローカルバスに揺られて今日の宿へ!



この宿に向かう道がもう、ワイ、初ヨーロッパで感激。



DSC_0073_2

DSC_0074_3 (1)
石畳ですよ!!石畳!!!これぞヨーロッパの旧市街!!



そして今日の宿、これまたワイ、超期待してたんです。



なんてったってロンプラ(欧米人がよく使うガイドブック)で世界4位に輝いたゲストハウス!!!



それがこれ。



【今日の宿】

DSC_0076_3

DSC_0077_1 (1)

DSC_0078_1

DSC_0075_2 (1)

ホステル オールド プロヴディフ 4人ドミ:24レフ

Wi-Fi:有
エアコン:有ったような
ホットシャワー

民族復興様式という伝統家屋をホステルにした宿。
もうすごく文化的笑 バックパッカーが好きそうな感じ。世界4位なのも頷ける。









 

リアルタイムは5月23日、リトアニアのビリニュスですm(_|_)m



観光&移動の連続で少々疲れてきましたな・・・。



そろそろどこかで休養日を作らなければ・・・。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




















3月17日はついにヨーロッパに到達した日!!



まあ宿はヨーロッパ側にあるから、正確には昨日からイスタンブールのヨーロッパ側にいたんだけど笑



更に、一説にはシルクロードというのは長安から始まり、ここイスタンブールやテルアビブあたりで終わりという説もあるそうな。



むむ、こりゃシルクロードの旅、終了・・・?と思いつつも、日本で一般的なローマ終点説を信じて、ローマを目指します笑



でも、ローマ終点説も、地中海は海路でショートカットしていたみたいなので、実際には今日からワイは遠回りのオマケ区間の旅になります・・・m(_|_)m




















と、いうことで、バスのチケット買ったり、本場のケバブを食べたり、義務的な作業をした後は、トラムと渡し舟を乗り継ぎ、アジア側へ。



Takastagram20160524_002902
お約束。アジア側から自撮りをパシャり。©高須クリニック



すぐにヨーロッパ側へ戻り・・・(アジア側には観光名所はほとんど無い)



Takastagram20160524_002929
 ヨーロッパ側からもパシャり。©高須クリニック



・・・・・。



ほとんど景色に変化が無いwww



こりゃせっかく写真撮っても意味なかったですわwww



と、いうことでワイははるばるヨーロッパに到達しましたm(_|_)m




















意味のなかった写真撮影の後は観光ですm(_|_)m



まずは地下宮殿。



地下宮殿といっても宮殿ではなく、ローマ時代の地下貯水池。



DSC_0048_3
地下貯水池なのに、内装が豪華ですごい。



奥にメデューサの像があるんだけど、それは盗られた一眼で写真を撮ってたので、無し泣



上の地下宮殿の写真も、一眼は ほの暗い感じがすごいよく出てたのに・・・残念・・・。





















次はアヤソフィア。


 
DSC_0049(2)

DSC_0050(2)
みなさまこれだけ見ると、キリスト教会にみえますよね?



でも・・・遠くからだと・・・



DSC_0052_1

DSC_0053_1

でーん。イスラムで上塗りされてる。



なんかね、この他者を無理やり上からイスラムに書き換える、てやり方が、もうすっごくイスラム趣味。



イスラム的ではなく、イスラム趣味。イスラム教のセンスってやっぱいろんな意味ですごいと思う笑



半分は修復中だったのが残念ですなあ・・・。




















そしてブルーモスク。



外観が若干青みがかってるからブルーモスクと呼ばれるんだけど、外観の写真は一眼で撮ったので無し笑



てか青いモスクはウズベキスタンでたくさん見たし、それと比べるとこのブルーモスクなんて全然青く無い笑



中は携帯で何枚か撮ってましたm(_|_)m



DSC_0054_1

DSC_0055_1

やっぱトルコはキリスト教の影響を受けてるから、ステンドグラスがあったり、モスクでもヨーロッパ的な華やかさがありますなぁ。



DSC_0056_2

DSC_0057(1)
天井もめちゃくちゃ細密。



DSC_0060(1)
床の絨毯も綺麗な上に巨大。



キリスト教の聖堂をモスクに上塗りしたアヤソフィア、



キリスト教の影響を受けまくったブルーモスク。



なんだか不思議な対比。文明の交差点、というか文化の集合地点。






















そんなこんなでイスタンブールの観光はおしまいm(_|_)m



トプカプ宮殿も行ってないし、他にも綺麗なモスクはいっぱいあるのに行ってない。



なんか、個人的にはすっごく気に入った街だったんですよ。ほんと旅行者向けの街で、やることがたくさんある。



だから、将来嫁さんとかと来るときにとっておいた方がいいかな、って思ってしまったんです笑



ということで夜までのあと数時間、トラム乗車中、気になったある場所へ行ってみることに。



ここイスタンブールの南にボドルムというビーチリゾートがあるのですが、



実はそこからギリシャに密航する難民船がでてるんですね。



ここイスタンブールも海はあるけれど、マリンレジャーとは結構縁遠い街。



なのにゴムボートや小型船用エンジンがたくさん売られてる場所を見つけてしまったんです。



もしや・・・と思い、もうね、行ってみるしかないと笑



で、行ってみると・・・んん?



なんか工具がや漁具がたくさん売られてる。。。



DSC_0066(1) (1)

どうやら職人街だったようですm(._.;)m



まあでも、ゴムボートやエンジンがやたらフューチャーされてたのは、恐らく難民のブローカーが買ってくれるからじゃないでしょうかね・・・?



なんだかチキってしまい、店主にも聞くことはできず、なんでこんなにボート沢山売ってるか、正確なことはわからずじまい・・・。



すごくモヤっとしたレポートになってしまいました、すみません・・・。ボートが並べられてる写真もないし泣



あ、でもこの職人街で食べたサバケバブがとんでもなく絶品でした!



DSC_0065_4
 
ガラタ橋で売られてる有名なサバサンドなんかより遥かに美味い!



その後は歩いてガラタ橋を渡り・・・



DSC_0068_3

DSC_0067_2
夕日を眺めつつ宿にいったん戻り、



この旅で初めての三脚使用!ブルーモスクのライトアップの撮影!!



三脚、でかいし重いしで、持ってきたことを後悔しまくりでしたが、この後ヨーロッパでは大活躍してくれましたm(_|_)m



ま、でも一眼盗られてしまったので、肝心の三脚使った写真は一枚も残ってないのですが泣



奇跡的に携帯でブルーモスクの夜景を撮ってたので・・・(もちろん三脚を使わずに撮影したもの泣)



DSC_0069_3



携帯で夜景撮っちゃいけないですな。



【今日の宿】
DSC_0071_3(1)

DSC_0070_1(1)

アゴラ ゲストハウス 8人ドミ:14ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:なかった気がする
ホットシャワー
朝食付き

有名な日本人宿です。でも日本人以外のお客さんもたくさん。







 

リアルタイムは5月22日深夜・・・。



夜通しこの旅で最も行きたい国、アイスランドへの道のりを考えてました。



とりあえず6月にアイスランドへ行くことは決定!!



物価激高、宿も少ない、交通手段も少ないの難易度高い国だけど、頑張りますわ!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





















3月16日は、シルクロードをダイナミックにショートカット!!笑



中央アジアのビシュケクからほぼ終着点のイスタンブールまで、ひとっ飛びしてしまいます笑



まあ、中東を陸路で越えるのは昨今きついというのもあるけど、それ以前にトルクメニスタンとイランのビザが取れないので不可能。



時間をかけて申請すれば取得はできるんどろうけど、残念ながらワイにはそんな時間はありませんでした・・・m(_|_)m





























昨日はビシュケクの空港に着いて、そのまま空港泊・・・のはずが




場所確保して30分も経たないうちにこの有様

DSC_0038_2




ワイワイガヤガヤ・・・



そしてベンチではロシアへの出稼ぎ労働者諸君が荷造りを始める・・・



DSC_0037_4
いつも思うんじゃが、このラップを巻く行為、どこまで効果があるんだろう・・・途上国であればあるほど、これやってる人、多い気がする。



こんな感じで全く寝れず、FACEBOOKみて暇つぶしたり、携帯の充電したり、やっと落ち着いてきたのはもう朝の3時ごろ・・・



ここからおそらく90分くらい寝れたはず・・・で、ここからが問題。



ワイの今日の飛行機は7時発。



今5時くらい。みんな並び始める。



でもカウンターは2つだけ。全然進まない・・・。



6時ごろ、やっと更にカウンターオープン。4つに。でもまだまだ進まず・・・



何やら、キルギス人はトルコに行くのにビザが必要らしく、それを確認している模様。



それも全く要領を得てない係員ばっかで、1人チェックインする度に上司に確認へ行って・・・の繰り返し。



全くもって、ワイ史上最大級に効率の悪い空港。。。



で、ワイの順番が回ってきたのは6時半。出発の時間は7時。あと30分しかない。



案の定、ワイのパスポートを見て、係員が何か言ってくる。それもロシア語?キルギス語?とにかく英語じゃないからわからん、というか英語の喋れない空港係員なんて初めてだ。



結局、あと30分しかないのに英語の喋れる係員の所へ案内され、言われたことが



「トルコビザが無いようだが」



は????



日本人はトルコビザ必要無いの知らんのか????



というかトルコは観光立国の国、大多数の国にビザ免除をしてるんじゃが!キルギス人とは違うんだよ!と。



他人を下に見るのは悪いことだけど、この時ばかりはキルギス人をめっちゃ見下したくなった。あと30分しかないのに訳わからんこと言うんじゃ無い、と。



でもワイの後ろに更に人がワンサカ並んでる・・・そしてキルギス人、順番抜かしの嵐・・・別の列に並んでたイギリス人がめちゃくちゃブチ切れてた。



順番抜かしに関しては、正直中国人よりはるかにマナー悪い。キルギス良い国だと思ってたのに、台無し。



まあ、この時、荷物を30分で飛行機に積めるのか?と疑問に思い始め、既にバゲージロストは覚悟・・・。



更に悪いことは続いて、搭乗前に機内で飲む用にファンタ買ったんだけど、それを開けたら盛大に噴出。



ワイ、びっしょり。



1人で超ふてくされながらティッシュで拭き、搭乗ですm(_|_)m




















ビシュケク空港での思い出はとんでもなかったけど、航空会社はペガサスエア。トルコの会社、西側の会社!!安心安心!!



DSC_0040_5
もう何もかも素晴らしい。西側って素晴らしい。この機内のセーフティービデオも、マーブルヒーローズ!!客を飽きさせないように努力してる様が本当に素晴らしい!



DSC_0041_2
機内食。昨日のペガサスアジアとはえらい違い。



DSC_0043_1
LCCなのに機内にテレビが!でも番組流す訳でもなく、このマップの合間にCM流してた。良い使い方だと思う!!



でも機内では外を眺めることもなく、ただただ爆睡・・・。なんたって睡眠時間90分だけだったので・・・。



5時間かけてトルコのイスタンブールへ到着。



この着陸する瞬間、隣の女性が「きゃー!!パチパチパチ(拍手)」と歓声をあげる・・・。



他にも着陸時に拍手してる人多数・・・やっぱキルギス、文明開化は最後レベルなんじゃろうか・・・。








 











イスタンブール ザビハギョクチェン空港はさすがの大きさ。やっと西側へ辿り着いた安心感・・・。



イスタンブールの街へはバスで。タクシムという中心部へ向かいます。



1時間ほどで到着。次はトラム&地下鉄を乗り継いでアゴラゲストハウスという日本人宿へ!!



イスタンブールでは日本でいうスイカみたいな、イスタンブールカードというICカードがあるんですが、このカードで払うと大幅な割引になるんですね。



でもどこにも売ってない・・・。



自動券売機にもなし・・・窓口なんて全部閉まってる・・・。



で、困り果てて駅員にどこで売ってるのか聞いてみたら、靴を磨く仕草をし始める?



ワイ→(゚∇゚ ;)エッ!?



よくわからぬまま、駅の外の靴磨き屋にイスタンブールカードのことを聞いてみる。。。



なんと、持ってました笑



なぜか靴磨き屋がイスタンブールカードを売ってる笑 半分ホームレスみたいなのに、なんでこんな商売やってるんだ?と疑問に思いつつも買って、改札を通ってみる。



ブー!!止められる。



このときワイ、なぜ靴磨き屋が売ってるのか理解しました。



イスタンブールカードはもともと幾らかチャージされた状態で売ってるのですが、



このイスタンブールカードにはチャージがない。つまり中古。というかダフ行為的な。



ということでチャージしなおし、普通に買うより若干損しながら地下鉄に乗り込みです・・・。




















宿に着いたら即死。そりゃもう死体のように眠りましたとさ笑


【今日の宿】
DSC_0071_3(1)

DSC_0070_1(1)



アゴラ ゲストハウス  8人ドミ: 45リラ

Wi-Fi:有
エアコン:無かったような
ホットシャワー
朝食付き


この宿、日本人スタッフのいる日本人宿!!とっても親切にご対応くだしました!



そしてワイが起きた時、同じ部屋に他にも日本人ゲストが!



なんとチャリダー!世界をチャリで回ってるそうな!そしてストリートでギターを弾いてるそうな!!なにこのリアルスナフキン!!!かっこいい!!




















DSC_0045_1

夜はミスって高い店に入ってしまた・・・まあ今日は疲れたし、今日だけはいいかな・・・。



 
DSC_0044_1
ビールも飲みましたm(_|_)m




















宿に帰って共用スペースに行ったら日本人が。



まあ、そこで思ったのは、日本人宿だからこそ、嫌な奴のムカつき度は増幅されるということ。



外国人でムカつく奴と遭遇しても、関わらなければどうってこと無いけど、日本人宿でムカつく日本人がいた時は強烈。



なぜさっき会ったチャリダーのリョウさんが共用スペースにいないのか、わかった気がする・・・。



なんか、日本人との結びつきを求めて日本人宿に来てるのに、なんかおかしいっすよねぇ・・・。



日本人宿も、一長一短ありますなあ・・・。









 

↑このページのトップヘ