またブログ更新が滞っていますが、ビザ情報は新鮮さが重要なので先にアップしますm(_|_)m




【タンザニアビザ情報】
image


取得場所:ダルエスサラーム空港(アライバルビザ)
費用:USD50(賄賂要求もちろん無し)
滞在許可期間:3ヶ月
必要なもの:
 パスポート
 申請書
 (写真はいらない)


アライバルビザなので流れをおって、説明しますm(_|_)m



飛行機を降りるとまず申請用紙に記入します。申請用紙はそこらじゅうにあるのですが、ペンはありません。ご自分でご用意をm(_|_)m



記入がおわったら、入管審査官にチェックしてもらうため、並びます。



ここで少し話がそれますが、ダルエスサラーム、最近はナイロビと並ぶアフリカの凶悪都市として有名です。(ヨハネスは別格)



なので日のあるうちに各航空会社がダイヤを組んでいるのですが、それがビザと何の関係があるのかというと、



到着便が午後~夕方に集中するため、



ダルエス空港アライバルビザ、クッソ待たされます!



てことです。m(_|_)m



まず申請用紙のチェック待ちがすでに長蛇の列。



係員が2列に並ばさせるんだけど、窓口は2つ以上あるから、窓口が近づくにつれて列は崩壊。



(ちなみにこういうときに国民性でます。横入り・順番抜かしをする国民は、だいたい決まってます。)



一悶着ありながら、やっとチェックがおわり、次はビザ代の支払いです。



支払窓口は並んでないので、すぐなのですが、



事前にビザを取得してきてイミグレ待ちの人達&支払いを終えてパスポート返却待ちの人達で




イミグレ前は満員電車並みに混雑してます。



どこで支払えばいいのかもわからないし、見つけても辿り着くまでが大変。人をかき分けて進みますm(_|_)m



支払いを終えたらイミグレ前の超混雑してる中、ひたすら待ちます。



もちろんエアコンなんか効いてません。クソ暑いです。機内でジャケットとか着る冷え性なかたは、飛行機降りた瞬間に半袖になることをオススメしますm(_|_)m



そんなこんなで一時間くらい待ち、ビザが出来上がった人から名前が呼ばれ、パスポートを受け取って入国です。つまりアライバルビザだと入管無しです笑



image

てことで出来上がったビザ。まさかのボールペンで手書きだけです。今までのビザ必要な国々で一番簡素。ちなみに日本でビザとると、写真つきの立派なビザシールが貼られるらしいです笑












結論:日本でとる時間あるなら、日本でとることをオススメしますm(_|_)m