ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

ボスニアヘルツェゴビナ

リアルタイムは6月27日、さっきイスタンブールに着きました。トランジットでいま空港でアクラ行きの飛行機待ってる状態です。



にしても、トランジット15時間・・・。



多分普通ならばとりあえず入国して、トランジットホテルにでも止まるんだろうけど、



ワイはもちろん空港泊ですわ・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




4月4日はクロアチアのドブルヴニクへ移動!!



今日も早めに出発です!



バスターミナルで見つけたローカルバス。
DSC_0001_16




このバス、欧州メーカー製だけど笑



でもこれで良いんだと思いますね。同じ金額援助するなら、日本製にこだわらなくても、欧州の信頼の置けるメーカーで安いのがあれば、それを贈った方がメンテナンスとかの面でも絶対に良い。











バスはまず沿岸部を目指し、ひたすら山を下っていきます。



やっぱりボスニアの景色は素晴らしい!綺麗な山々!!



でも写真は無い!!




Screenshot_2016-04-04-11-20-35
まずは一回目の国境越え。



クロアチアって、EUなのにイミグレ完全にノーチェックでした笑



顔だけ確認しただけでスタンプ押されて帰った来た笑



クロアチアに入ったら、沿岸部を進むと思いきや、また山の中へ。



でも、この山、オリーブ畑!!



ざ・アドリア海な景色!!!



そしてこの山から見えた海が・・・



エメラルドグリーン!!!!



アドリア海にもうテンション激上がりですよ笑



写真バシャバシャ撮ったのに、全然残ってない笑




















で、また国境越え。



Screenshot_2016-04-04-12-38-17
ドブロヴニクの街は飛び地にあるので、またボスニアヘルツェゴビナに入らなくてはならないのですね。



バス会社がボスニアの会社だったからかわからんけど、最初で最後の休憩は一瞬だけ入ったボスニア側のドライブイン笑



でもこの眺めが良いのですよ!!



DSC_0002_14
もう完全にアドリア海ですわ!




















ボスニアヘルツェゴビナもちょっとしか沿岸部にはみ出してないので、再出発後にすぐにまた国境越えです。



Screenshot_2016-04-04-13-06-58




このあとは睡魔に耐え切れず・・・爆睡笑



で、着いたらローカルバスで城壁内に入り宿へ向かうのですが・・・



DSC_0006_13
石畳!!超綺麗!!!!!!



さすが新婚旅行先にも選ばれる、有名観光地!!!



実際韓国人ハネムーンカップルと思しき人たちを多数見かけました笑



宿はまさかの急な石段を上った先。



でも良い感じの宿でしたm(_|_)m



【今日の宿】
DSC_0005_12

DSC_0003_13


DSC_0004_13
アンジェリーナ オールドタウン  4人ドミ:18.40ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無
ホットシャワー

共用スペースも含め、夜10時消灯。(!)




















宿に着いたあとは・・・もちろん観光!!!なんたって今日快晴なんですから!!!!!



というのも、ベオグラードで会ったアキさんから晴れた日にドブロヴニクへ行った方が良いという情報を聞きつけ、



天気予報をつぶさにチェックし、このタイミングにわざわざやってきたのです!!



でも・・・



暑い!!



とにかく・・・



暑い!!!(;´Д`)



まじでアドリア海の日差し半端ないです。



ワイ現状(6月27日現在)真っ黒なんですが、完全にこのアドリア海のせいです。



よってこの後ヨーロッパなのに黒焦げの状態で回ることになります・・・笑




















暑いのは置いといて、ドブロヴニクの街は本当に綺麗!!



DSC_0004_13
宿のバルコニーから見た景色もこんな感じですからね。



DSC_0007_10

DSC_0008_10
もうこの時点ですげー綺麗なんだけど、一番綺麗な眺めは明日にお預けです笑



夜になったら宿のスタッフに教えてもらったレストランへ。



でも・・・高い!!泣



美味しいんだけど・・・高い泣



しかもクロアチアなのになぜかユーロ払い。



つまり完全に観光地価格なんですよ泣



宿も今までの2倍取られてるし泣




















そしてさらに三脚持って夜景撮りに出かけたのですが・・・



やっぱり街灯が蛍光灯。



白い光が強すぎて写真が全部白く写ってしまう・・・。



なのでこの日の夜景も諦めですm(_|_)m




















で、10時くらいに帰ってきたら・・・



なんと宿はすでに消灯。



共用スペースも全て使用不可。



これからブログを書こうと思ってたのに泣



キッチンも使用不可なので、お茶も飲めない泣



なんでも城壁内の旧市街にある宿なので、ご近所との仲を保っていかないとならないから・・・だそうなんですが、完全消灯はきつい泣



喉乾いたらどうすれば良いんじゃ・・・泣



という感じでこの日は就寝ですm(_|_)m






















 

リアルタイムは6月27日、アイルランドのダブリン。



いま、空港です!これからイスタンブール経由でガーナの首都アクラへ!



念願のアフリカ初上陸ですm(_|_)m



それよりもイスタンブールでの待ち時間が15時間超え・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




4月3日は世界遺産の街モスタルへ移動する日!



朝起きて、早速出発です。



でもいざ宿を出るって時に、スタッフに呼び止められ、お前に贈るとか言われて何か動画見せられる。



流れてきたのは、東洋人が何語かわからん曲を歌っている動画・・。



・・・・・・・。



・・・・・・・・・。



韓国語の歌じゃん (´;ω;`)



ワイは日本人だから韓国語わからんのだよ!と言って、代わりに日本の曲教えてきましたm(_|_)m



で、なぜかその時思いついたのが福山雅治。



ワイ、全然ファンでも無いしCDも一枚も持ってない笑



なんか日本人に万人受けするし、ボスニア人が福山知ってるなんて言いだしたら日本人は喜ぶかな?と思って、ましゃを教えてしまいました笑。




















今日のバスは窓際。



窓の外は山岳地帯です。



ボスニアヘルツェゴビナはクロアチア人とボスニア人という2つの民族が共存しています。



ボスニアヘルツェゴビナとクロアチアは隣り合わせなんだから、クロアチアの国境をもっとボスニア寄りに引けばよかったんじゃ??と思ってたのですが、



そうはいかない理由がわかりました。



ボスニアヘルツェゴビナという国は基本的に険しい山岳地帯の国。



なので人が平面状に住んでいるのではなく、村々に点々と暮らしてる。



なのでこの村はボスニア人村、ここはクロアチア人村・・・と、モザイク状に二つの民族の居住地が入り組んでて、クロアチアに編入なんてできないようになってしまっているんですね。



でもまあボスニア人とクロアチア人の違いは宗教だけで、民族系統は同じらしいので、仲良くやっていけるわけですね。(ボスニア人はイスラム、クロアチア人はキリスト)




















てか!!



ボスニア!!!!!



すげー景色綺麗な国ですよ!!!!!!!



バスの車窓は中国のカシュガル〜キルギスのオシュ間もすごかったけど、



この路線もとんでもなく綺麗!!!!!!!!!



道中、湖が何個もあったり、その湖畔がすっごく雰囲気の良いキャンプ場になってたり、



山岳鉄道が道路と平行して走ってたり!



そして川に沿って道路があるのですが、



この川、なんとエメラルドグリーン!!!!!



山々の景色も、村々の景色も本当に素晴らしいし、



ボスニア、ポテンシャル持ってます!!



おそらく今後絶対に観光地として大発展すること間違い無いと思いますよ!!



冬はスキーリゾートもたくさんあるし、夏はさっきみたいな綺麗な湖畔でのキャンプや、山岳部でのアウトドアもできるし!



とにかく本当にヨーロッパ人が好きそうな感じの国です!



投資するなら今かもしれませんよ笑




















で、そんな感じで写真が無いのでワイの感動をあまり伝えられないまま、モスタルに到着ですm(_|_)m



今日の宿はサラエボで出会ったキョウゴさんという旅人さんから教えてもらった宿。



これがまたすごい。



ドミトリーなのに・・・



DSC_0022_6
リゾートホテルみたいなベッドメイキング!



写真は無いのですが、ウェルカムドリンク&デザート付き!!



そして朝食付き!!



その朝食もヨーロッパの安宿によくあるようなパンとシリアルを自由に食べる、ていうスタイルではなく、



スタッフが作ってくれる卵料理!



そしてそして・・・洗濯無料!!!!!!!



バックパッカーには超重要な、というか驚愕の洗濯無料です!



















(でもスタッフの英語力がワイ以下な人しかいない、というのは内緒です笑)




















昼間に到着してるので、早速観光ですm(_|_)m



まずはこの街の目玉、スターリモスト。



DSC_0024_7
かろうじて携帯で撮った写真が一枚だけありました笑



この橋、世界遺産なんですがボスニア紛争時に破壊され、完全に崩落してしまった過去があるんです。



でも紛争終結後にすぐさま再建にとりかかり、元の姿に復元。そして復元の際に中世の頃のスターリモストの基部が見つかるというおまけ付き。



この橋、昔何かのCMで見て絶対に行きたい!と思っていたのですが、いざ来てみるとなんか感動うすい・・・。



なんだか橋の周り一帯が観光地化されてお土産やばかりで、雰囲気がぜんぜんないからかもしれませんね。。。



でもこういうのは重要。お土産屋街でみつけた石。

DSC_0025_6
DON'T FORGET




















この街、橋よりも周りの市街地の方が強烈です。



サラエボはビルや団地など無機質なものが蜂の巣になってましたが、



ここは一般住宅が焼け落ちた跡とか、まだまだ残ってます。



このモスタルという街はクロアチア人とボスニア人が共存してる街なのですが、



ボスニア紛争時、当初友軍だったクロアチア人勢力とボスニア人勢力が仲違いして、交戦状態になりました。



どちらの民族も住んでるこの街は、もちろん最前線になるわけです。



で、橋は当然落とされるわけですよ。



このスターリモストという世界遺産は、橋の見た目が綺麗なだけではなく、負の遺産としての意味もあるそうな。



もしモスタル行く機会があったら、是非とも周りの市街地も見て欲しいですm(_|_)m




















そのあとは一度宿に帰って、オススメの安い食堂を紹介してもらい、三脚を持って夕飯&撮影へ!



まあ一眼なくなっちゃったので写真も残ってないのですが、



この日の写真は別にいいや、て感じです・・・。



この街、旧市街も橋もめちゃくちゃ綺麗なのに、ライトアップの明かりや街の明かりがなんと蛍光灯!!



白くてすげー強い光なんです泣



だから夜景撮ろうとしてもぜんぜん雰囲気でなくて、白く映りすぎて、ダメ。



なのでさっさと飯食べて帰りました。



DSC_0027_5
 伝統料理だそうな!美味かった!



そいや撮影中、イスラム教のお祈りの時間を告げるアザーンが流れてきたのですが、



よく考えたらイスラム圏はこの街が最後。



西安から続いていたイスラム圏がようやく終わりです。



そう考えるとなんか感慨深いですなぁ。。。





【今日の宿】
DSC_0023_7

DSC_0022_6

DSC_0021_7
 HOSTEL MIRROR  6人ドミ:8ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:たしかあった気がする
ホットシャワー
朝食付き
洗濯無料!


ネズミがいるのは内緒笑






【本日のベストトラック】


カバーだけど笑







 

リアルタイムは6月24日、アイルランドのダブリン。



10日以上更新開いちゃいましたが、そのあいだ……



アイスランドをレンタカー旅したり、



ロンドンでコールドプレイのライブに行ったり、



かなり怒濤の、というか中身が詰まった10日間でした笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



4月2日はサラエボの街をブラブラする日。



やること沢山あるので、早めに行動開始ですm(_|_)m



まずは宿のスタッフに行き方を聞いて、トンネル博物館へ。



写真は無いんですが、ボスニアヘルツェゴビナ紛争時、サラエボがユーゴスラビア軍に包囲された際、



唯一サラエボと他のボスニア人陣地とを結んでいたトンネルが再現されてるんです。



でも……ただ、この博物館、展示内容が少な過ぎて……



普通はツアーでガイドさんの話を聞きながら、映像みたりいろいろ盛りだくさんらしいのですが、個人でやってきたワイはそういうの全く無し泣



非常に非常に不完全燃焼な感じで退散です泣











帰りはタイミング良くサラエボの中心部へ帰るというドイツ人グループからタクシーシェアを誘われ、お言葉に甘えてワイも同乗笑



思いがけず格安でタクることができました笑



中心部に戻ったあとは、歩いてサラエボ冬季オリンピックのメインアリーナへ。



この会場、オリンピックの施設を見学に来た訳じゃありません。



サラエボ包囲の際、墓地の足りなくなったサラエボ市民が仕方なく犠牲者を埋葬したのが、



このアリーナのサブグランド。



今でもこのグランドは墓地として使われています。



そしてアリーナもスポーツ施設として現役です。



スポーツと平和の祭典であるオリンピック施設と、



戦死者を埋葬する墓地と、強烈な対比。



別に酷いものを見たわけでは無いのに、衝撃的で、絶句です。



そして見つけたのが墓地の中にある、屋根の無いモスク。



屋根の無いモスクなんて初めて見ましたよ。



なんだかここは慰霊の中心な気がして、思わず涙が。



この隣のグランドでは、地元少年たちがサッカーの練習してました。



サラエボという町は栄光からどん底まで経験した町だけど、それは過去のこと。



現在進行形なのはサッカー練習してた少年たちなんですね。



ああ。。。写真があればなぁ・・・。

























次は中心部に戻って、ジェノサイド博物館へ。ほんと市街地のど真ん中にありますm(_|_)m



ボスニア紛争は、ジェノサイド(虐殺)が多数発生した紛争として有名なんです・・・。



戦争の悲惨さに優劣なんてつけちゃいけないけど、このボスニア紛争はワイが調べた中でもトップクラスに混沌とした紛争。



イデオロギーの対立ではなく民族の対立なので、民族浄化が行われるわけです。



そして当初ボスニア人&クロアチア人VSセルビア人だったのがボスニア人とクロアチア人が仲違いして三つ巴の戦いになったり、



国連やNATOが介入しようとして、しなかったり、もう訳がわからない。



今日来た博物館はスレブレニツァの虐殺という事件の博物館です。



正直よく知らないまま来てしまい、展示見た後から自分でネット調べたのですが、



このサイトが詳しい気がします。



展示内容は全て英語なので不完全燃焼な感じだったのですが、映像を見ることができまして、時系列で詳細にそこで何が起きたか説明を聞くことができて、この映像はほんと見ておいたほうがいいです。

























次はスタジアムに向かいがてら、かつてスナイパー通りと呼ばれた通りをうろつきます。



DSC_0006_12





この写真の右側が川になってるのですが、川の向こう側がセルビア軍に掌握されてしまい、川向こうからスナイパーが常にボスニア側を狙ってたそうなんです。



なんでも動くものは全て撃ってたみたいで、一般市民も当然巻き込まれます。



そしてこのスナイパー通りに関してはあの山路徹(笑)が当時詳しくレポートしてます・・・笑



山路徹って、あの麻木久仁子とかとやらかしたあれです・・・笑









写真に見える黄色い変な建物が、戦時中も営業していたというホリデイインです。



実はこのホテルにどうしても泊まってみたかったのですが、なぜか予約ができない。



なのでこの時直接現地に乗り込んでみたのですが・・・



なんと!



閉鎖されちょる(´;ω;`)



戦争も耐え抜いたホテルが・・・



閉鎖されちょる!!!!!(´;ω;`)



戦争は耐え抜いたかもしれないけど、資本主義の荒波には耐えられなかったんですかなぁ・・・。

























スタジアムに向かう道はまさにボスニア人勢力とセルビア人勢力の最前線。



なので爪痕が今でもたくさん残ってます・・・。



DSC_0003_12

弾痕がそこかしこにあったり。


DSC_0007_9

わかりづらいけど、炎上した跡があったり。



DSC_0009_7

ここも弾痕。



そしてスタジアム前の団地、ここがひどかった。



DSC_0010_8


DSC_0011_9


DSC_0012_7

ここの蜂の巣っぷりはひどい。



特に最後の写真・・・

























で、この団地の目の前には目的地のスタジアム!やっと到着です!



サッカー好きの兄にヨーロッパの珍しいクラブのシャツを買ってきてくれと頼まれていたので、



スタジアム内のファンショップに行こうと思ってたのだけど・・・



ファンショップなんてどこにも見つからず泣



ちなみに今日はFCジェリェズニチャルのホーム試合もあります笑



当初は観戦はしないつもりだったけど、現地サポに絡まれ、いつの間にかチケットカウンターの列へ笑



並んでたら貧乏なジェリェズニチャルサポーターが寄ってきて、ワイもなぜかノリでそいつの分まで払ってしまう笑(でもまあ500円もしないんだけど笑)



で、入場!笑



DSC_0014_12




そして試合開始!



DSC_0016_6




ちなみにFCジェリェズニチャルというのはFC国鉄という意味らしいです。 国鉄スワローズ的な。



なのでスタジアム内に蒸気機関車が展示されてて、試合開始時やゴール入った時は機関車の汽笛がポッポ〜と鳴るわけです笑







ワイ、これが初めての欧州サッカー観戦だったんですが、サポーターのドスの効きかたがwww



もうね、超怖いんですよ笑



ヤジとかすごいし、爆竹ってレベルじゃ無いダイナマイトみたいなやつ投げ込まれるし。(それも結構頻繁に)



明らかに観光地を歩いてて見ることができる現地人とは雰囲気が違う笑



そもそも機関車の前とかも完全武装の機動隊が固めてて、機動隊が写っちゃ怒られるかなと思って写真バシャバシャとれなかったり笑



でもフーリガン対策で機動隊大量にいるし、場内でアルコールの販売禁止でオレンジジュース売ってるしで、なんだかんだで安全でした笑



で、結果は3−1でジェリェズニチャルの勝ち!



ちなみにジェリェズニチャルはあのオシムも、オシムの息子もプレー&監督したことあるチームなんですm(_|_)m



試合終了後に露店の非公認ファンショップにも寄ってみたけど、シャツは売り切れ・・・。



しゃーなしに中心部のサッカーシャツ屋に行ってみたら、なんと発見!笑



兄上にいいお土産ができました笑

























夕食は宿のスタッフ一押しのボスニア料理「ブレク」
DSC_0018_7




トグロ状に巻かれたミートパイで、もう超絶美味!!



この旅でもトップクラスの美味しい料理でした!!
























【今日の宿】
DSC_0019_6

DSC_0020_5

トラベラーズホームホステル 8人ドミ:8ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー


今日買ったジェリェズニチャルのシャツ見せたら、超喜んでくれた笑





4月1日に飲んだビールですm(_|_)m



【今日のビール】
DSC_0015_10
 SARAJEVSKA

今までの中では、なかなか当たりなビール。
昔はオーストリアハンガリー帝国の一部だったからかな?







 

↑このページのトップヘ