ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

セルビア

リアルタイムは6月12日、アイスランドのレイキャビク。



明日からのレンタカー旅に備えて色々情報調べて、ついでにシガーロスのDVD見てたら猛烈にモチベーション上がってきましたわ笑



明日から頑張りますわ!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



4月1日はエイプリルフール。



でも一人旅にはそんなの関係ありません。



なぜなら話し相手がいないから泣



ということで4月1日も通常運転で旅を続けておりましたm(_|_)m



今日はボスニアヘルツェゴビナのサラエボに移動する日です。



ボスニアヘルツェゴビナって長い・・・。



ちなみに略称はBIHです。



ボスニャク語だとiは&の意味なんだそうな。



という感じでバスに乗り込み、車窓を眺めてたら、早速素敵なものが。



DSC_0011_8
回転台!!!



それも朽ち果ててる!!!!



朝から素敵な廃墟を激写することができて、ワイは満足です笑。



その後、バスはとぼとぼ進み、



国境まで1時間ほど、というところでなぜか停車。



運転手から何やら降りろ的なことを言われ・・・






運転手、バスの修理を始める(´;ω;`)





なんで、なんでワイはこんなに移動に恵まれないんですかね?泣



ウズベキスタン以来だけど、もう車の故障は4回目。



で、近くのガソリンスタンドに救援を求めるも・・・対処できず。。。



今度は運転手、携帯電話で何か話し始め・・・



「荷物も下ろせ」と。



つまり別のバスが代わりにくるから乗り換え、と。



はぁ・・・



で、結局1時間くらいぼーっと待ちぼうけしてたら、バスから東洋人っぽい人が降りてくる。



!!!!!



なんと日本人でした!!!



トモコさんっていうワイと同年代の、世界一周旅行者!!!



今まで世界一周旅行者に一度も会ったことが無かったけど、こんなところで初めて会うとは!



そしてトモコさん、ベオグラードで1ヶ月沈没していたそうです笑




















乗り換えたバスは救援のバス、というわけではなく、同じ会社のノヴィサド→サラエボ行きのバスがもうすぐ通りかかるからそれに相乗りするということ。



なのでほぼ満員。。。



でも窓際は確保できました笑



Screenshot_2016-04-01-12-30-54
ボスニアヘルツェゴビナへ入国し・・・



すぐにダムがお出迎え笑



DSC_0013_7
おお!!



でも国境の街中のダムなんで、相模湖みたいで風情は無し笑



で、その後は爆睡してしまいました・・・。



そんなこんなでサラエボ到着。



でも・・・



いきなり見つけてしまいました。



DSC_0014_11
弾痕。



ボスニア紛争は、ユーゴ分裂の際の一連の紛争の中で、一番激しかった紛争。



もう、そこらじゅうで虐殺が行われていたそうです。



この辺の話はまた後日・・・。



今はボスニアは平和そのもの!!



【今日の宿】
DSC_0019_6
DSC_0019_6

DSC_0020_5

トラベラーズホームホステル 8人ドミ:8ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無
ホットシャワー








で、なんと・・・



料理してる日本人発見!!!



キョウゴさんていう料理人さん!そして世界一周旅行者!!



いままで全然世界一周旅行者に出会わなかったのに、なんで今日いきなり2人も笑



やっぱ旧ユーゴの国は旅人が集まるのかな?笑












 

リアルタイムは6月10日、アイスランドのレイキャビク!



もう、何もかもが高いです。



ドミ1泊5000円とか普通です。



コンビニで500mlの飲み物買うと、値段は350円ほどです。



さすが物価世界一・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




3月31日はベオグラードの街を観光する日。



観光と言っても、ベオグラードには城の跡くらいしかないのですが・・・。



まずは宿の近くの、NATO軍の攻撃の跡を見に。



主に政府関係のビルしか攻撃の対象にはならなかったので、



ベオグラードの街でNATO軍の攻撃の跡はほとんど残ってないのですが、



ここだけ残ってるんです。
↓↓ 

DSC_0001_14

 







むむむ、、、、









建て直しが始まってる汗(;´Д`) 








その向かいのビルも・・・






DSC_0003_11




こっちはまだ本格的には始まってないけど、下から足場を組む準備が始まってる汗



でも、この攻撃を受けた建物は、セルビアからしたら負の遺産なんですよね。



今のうちに見れてよかったとか思ってる自分は、セルビア人からしたら不愉快な話。



なんか、世界って難しい・・・。



ちなみに、この手前に幅30メートルはあろうかという、セルビア軍の志願募集の広告がでてましたm(_|_)m




















その後はベオグラード城趾へ。



天守閣みたいな大きな建物は残ってないので、ただの堀と城壁しか残ってないのですが・・・



なんと中はミリタリーミュージアムになってるwww



内容は中世から近現代、第一次大戦、二次大戦、戦後もボスニア紛争、コソボ紛争と、戦争に明け暮れていた国らしく、超充実です笑



写真は一眼で撮ってしまっていたのでないのですが、これだけ携帯で撮ってました。



DSC_0004_12




何かわかりますかね?



劣化ウラン弾です。



使用済み核燃料から作られる、戦車の装甲をも貫く超硬い弾丸です。



核燃料から作られるので、もちろん放射能を撒き散らすわけです。



こんなのを撃ちまくるなんて、敵地のことなんて全く考えない、戦争は自分勝手ということを象徴するようなものですな・・・。



まあ、展示の最後で、セルビアが「NATO軍と比べて圧倒的に多勢に無勢だから負けた」って記述があって、それもなんだかなぁ、て思いましたが。 




















このベオグラード城趾はミリタリーミュージアムだけじゃなくて、城壁に登ったりできますm(_|_)m



DSC_0005_11
ドナウ川。これがこの先いくウィーンやプラハと繋がってるんですなぁ。



にしても空が青い!!この旅で一番絵になる空!!でも一眼で撮った写真は無い!!



 Takastagram20160611_154550
城壁で出会った少年と。©高須クリニック




















このあとはピザとビールを買って、宿でボッチ飯・・・のはずが!



日本人!!!



なんと!!!!!



ソフィア以来の日本人です笑



別に日本人宿でも無いし、この宿はそもそもベオグラードで有名な宿というわけでも無いし、すごい偶然!!



アキさんという、ヨーロッパ周遊中の方でした。なんと既に世界一周は経験済み!



そしてこれからスペインでサンティアゴ巡礼の旅に出かけるんだそうな!! 



スペイン版お遍路さんみたいなやつです!すげー!



2人ともこんなところで日本人に会うとは思ってなかったので、話がはずむはずむ笑



で、食べ終わってシャワーして、ワイは共用スペースで1人残ってこのブログ書いてたのですが・・・



なんと!!



また別の日本人が!!!



ヨシコさんという、なんとインドのアシュラムで修行を経験してきたツワモノ笑



やっぱ、こんなヘンピなとこで出会う日本人は、本当に旅慣れた方ばっかで憧れますわ笑



ヨシコさんも約1ヶ月ぶりくらいの日本人だったそうで、ワイらを見つけた時は超絶びっくりしたそうで、



一気に話が出てくる出てくる!笑



やっぱなんだかんだで、日本人は日本人を欲してるんですな笑



そんなワイワイしている中で、宿のスタッフがお客さんからお土産でもらった高級なチョコをわけてくれたり、この宿もまた最高!



この宿なら沈没できそうだったけど、明日はサラエボへ出発です汗






【今日の宿】
DSC_0001_13

DSC_0002_11

ホステル ホームスイートホーム 6人ドミ:5ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー

至極清潔・コスパ良し!スタッフも良し!でもネズミがでる笑









 

リアルタイムは6月9日、ドイツのベルリン!



ついに今日の夜、アイスランドへ飛び立ちます!!



物価世界最高の国へ!!泣



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



3月30日はセルビアに戻る日。



ベオグラードまで北上しますm(_|_)m



プリシュティナのバスターミナルまでは、今日は荷物がたくさんなのでタクシー。



宿の兄ちゃんから「相場は3ユーロだからそれ以上ふっかけられても払っちゃダメだよ!」



と、忠告を受ける。



で、宿の前の交差点にいたタクシーを捕まえて、いくらか聞いてみる。でも・・・



「何言ってるんだ?うちはメーターだよ」



(((( ;゚д゚)))



なんと!



この旅で初めてのメータータクシー!!!笑



やっぱコソボは国も良いし人も良い!!素晴らしい国ですわ!!!




















ベオグラードまでのバスは、国境までは来た道と同じ。



でも、そのあとは大都市を繋ぐんじゃなくて、直線距離で一番近い道をひたすら爆走!!笑



なので山だったり、農地だったり、すごくのほほーんとした風景が広がってました(●´ω`●)



そして山間部で不自然に川幅が広くなってるところにさしかかる・・・



これはもしや・・・



ダム!!!!!!!



開閉できる堤体は無しの、たぶんアースダム。



少し離れたところに超豪快に水を吹き出している池があったので、おそらく発電用ダムだと思われますm(_|_)m



窓側じゃなかったので、写真撮れなかったのが悔やまれる・・・。 











その後ものほほーんとした風景は続き・・・ほどなくしてベオグラード到着。



今日の宿はネットで世界一清潔なゲストハウス!と絶賛されていた宿へ。



【今日の宿】
DSC_0001_13

DSC_0002_11
ホステル ホームスイートホーム 6人ドミ:5ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー(バスタブ付き)

確かに綺麗!! でも、1泊5ユーロって!!




















そんな感じで良い宿に泊まってしまったので、宿のスタッフにオススメの飯屋を聞いて、少し奮発してしまいました笑

DSC_0003_10
ひさしぶりのガッツリと肉笑。



ジャガイモついてるのに、パンも付いてくるから満腹まんぷく・・・。



肉がすごく柔らかかった!







【今日の車中のベストトラック】





Yellowcardとか懐かしいなー。まだ活動してんのかな?










 

リアルタイムは6月6日、ドイツのベルリン。



今宵の宿はなんと大手ホテル ホリデイインの系列のホステル!



ホリデイインが安宿やってるなんて驚き……笑



でも、超巨大ホステルなだけあって、このブログ書こうとロビーに降りたら、すげー人だかり。



そのせいでロビーのWi-Fiが遅い遅い!



仕方なく部屋のベッドで携帯からこのブログアップしています……携帯だと使いづらい……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




3月27日はコソボのプリシュティナに移動する日。



でも昨日書いた通り、今日はサマータイムへの移行日なので朝から行動はせず、夕方から行動開始笑



夕方まではこのブログ書いたり、昼飯食べたり、



昼飯食べてたらまた昨日のグループにラキア飲まされたり、ビール飲まされたり笑



そんなこんなで宿から一歩も出ずに夕方まで過ごしてました笑












そんな最高な宿、ホステル デイアンドナイトに別れを告げ、いざコソボへ出発です!m(_|_)m



バス代をセルビアディナール払いにしたら、ユーロ払いよりだいぶ損しながらも、満員近いバスに乗ることが出来ました。



で、また爆睡。



国境で起こされ、いつものザルな審査で入国、



また爆睡。



プリシュティナに着くちょい前くらいに起きたのですが、意外と夜にもネオンが輝いてる‼



てか店たくさん!



なんかコソボ紛争のイメージが強すぎて、プリシュティナの街はゴーストタウンみたいになってるかと思ったら、全然そんなことありませんでした笑



無事プリシュティナに着いたら、タクシーで宿まで。



タクっても5ユーロ。深夜のバスターミナルにいるタクシーなんで、ぼったくられてるんだけど、そもそも物価が安い笑



で、宿に到着。


【今日の宿】
image

ハン ホステル 6人ドミ:10ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー(夜10時以降は使用不可)



シャワー!



ワイ、着いたのちょうど10時(´;ω;`)



夜は断水なんだそうな泣



なんかやっぱり、こういうところはまだまだ出来たばかりの発展途上国ですなぁ……。




リアルタイムはドイツのドレスデン。



またオーケストラの演奏会へ行ってきたのですが、会場が教会!



ざ・ヨーロッパな感じのシチュエーションだったのですがプログラムが盛り上がりに欠けて、イマイチでしたな・・・。



でもって、共用スペースにいる韓国人お姉様がビールのつまみをクチャクチャ言わせながら食ってる。



あー不愉快。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 




3月26日はニシュの街を観光する日。



特に行きたくもなかったと昨日書きましたが、少なくともスコピエよりは見所がたくさんあります笑



まずは髑髏の塔へ。



内部は撮影禁止だったので、画像検索のリンク貼っときます。



google画像検索「ニシュ ガイコツ」



画像検索でもそんなに引っかかりませんでしたな・・・。ガイコツが埋め込まれた写真が出てくると思いますが、それです。



これはセルビア軍とオスマン帝国軍が対戦した時、オスマン帝国軍がもう抵抗するなよ、と見せしめのためにセルビア軍の生首を埋め込んだ塔を作ったんです。



でもセルビアとしては後々、抵抗の象徴としてこの塔が聖地になっていく。



オスマン帝国軍が再び攻めてきた時にはこの塔をセルビア人が守ったくらいです。



昔は野ざらし状態の塔だったそうなのですが、前述の通りセルビア人にとって大切な場所になってきたので、壁で囲われ・・・屋根がつけられ・・・礼拝堂として改築され・・・保存のためにガラスで覆われ・・・



現在の姿になっておりますm(_|_)m




















次は昨日バスの中から街を眺めていて、偶然見つけたある場所へm(_|_)m



ローカルバスに乗り、ちょいと駅までいきます・・・



で、駅の東側の交差点にあるのがこれ!!



DSC_0010_7
でーん!



廃機関車。




これ、展示されてるというわけじゃありません。



ただ単に放置されてるんです!



まだ写真ありますよ!



DSC_0006_10

DSC_0007_7

ワイが写真撮ったところ、踏切なんですが、そこから普通に線路内に侵入できますwww



というか、住民の生活道路になってるので、別に違法でもなんでもないとおもわれます笑




 DSC_0008_8

DSC_0009_5
遠目からも。




DSC_0011_7
別アングル。



これ書いてる今現在(6月5日)、ヨーロッパ内で何回かこんな廃機関車を度々見かけました。



なんか、日本じゃ珍しい言って保存して金取るんでしょうが、こちらでは結構使わなくなった機関車を放置するの当たり前な感じです・・・。



ワイみたいな廃墟にノスタルジーの感じてしまうような人間には嬉々としてしまう環境ですが、要らないものを放置してしまうっていう文化は・・・あんまりよろしくないですなぁ。




















次はニシュ強制収容所へ。



強制収容所はアウシュビッツ・ビルケナウ収容所が有名ですが、実はヨーロッパのナチス支配地域全域に点在しています。



各地の収容所に一度収容して、そこからアウシュビッツの収容所に移送されて、ガス室送りにしていたそうです・・・。



ワイ、この後アウシュビッツにも行くことになるのですが、是非、アウシュビッツに行く人はこういう小規模の収容所にも行くことをお勧めします。



また、こういう小規模の収容所に行った方は、是非ともアウシュビッツへ行ってほしいです。



この手の遺産はでどんなことを感じたかとかは・・・ワイがこんなブログで書き記すには、まだまだスキルが足らなさすぎです。



なので収容所の概要だけ・・・。



この収容所はさっき書いた通り、アウシュビッツに送る前の収容所。



アウシュビッツとかと違うところは、ここでは暴動が起き、脱走に成功しているということ。



この脱出に成功した日は、セルビア人の中でも大切な人して認識されてるそうです。



その後、強固なコンクリート製の壁が増築されます。。。



そして収容所の収容棟は、驚くほど小さいです。



でもこの収容棟には、収容されたユダヤ人の手記の落書きが残されています。



画像は・・・一眼で撮ったのでもうありません・・・なのでこれもgoogle画像検索の結果をリンク貼っときます。



google画像検索「ニシュ 収容所」




















その後はバスターミナルに行って明日のチケットを買おうとして、まだ売ってなくて追い返されたり、



バスターミナルの隣のバザールをぶらぶらしてみたりm(_|_)m



DSC_0012_6

今日の夕飯ゲット。セルビアの国民食、プレスカヴィツァ。料理の名前違うかも。



このセルビア風バーガーには今後大変お世話になることになります笑



このバーガー、サブウェイみたいに野菜を自由に選べるんです!!



なので野菜不足になりがちな旅人の生活でも、野菜もりもりにして貰えることができます!



そしてデカイのでこれ一つだけで一食分として十分です笑



こんなコストパフォーマンスの良い食べ物、今まで出会ったことがない笑




















で、宿に帰って上のバーガーを貪り食ってると・・・



宿に居着いてる、スタッフでもなく、スタッフの親類でもない謎の若者グループから絡まれる笑



DSC_0014_10
俺が作ったベーコンだ!食え!と笑



そして・・・



DSC_0015_9
そのグループの女性陣が作ったセルビア風シチューもいただきました笑



で、この宿の素晴らしいところは・・・ビール飲み放題!!



【今日のビール】
DSC_0016_5
ZAJEUARSKO

これも本当にアルファベット表記合ってるかはわかりません。ワイが対応表をみて変換したので。
味は・・・たしか甘みが強くて、あんまり美味しくなかった気がする・・・。




















この後東欧のウォッカ「ラキア」を飲むのに付き合い、というか勝手に注がれまくり、



「YOU MUST DRINK IT!!!」と英語の苦手なセルビア人に絡まれまくる笑



で、共用スペースのテレビで映画を見ることになったんだけど、



「これなら日本人のあんたにも・・・」とDVD入れたのは韓国語字幕の映画笑



韓国人じゃねーよ!と突っ込んでおきましたが、日本語字幕の映画なんて無いし、



もしかしたらあるかもしれないけど、そもそも探すのめんどくさいし、これを見ることに笑



見た映画→デッドプール



ワイ、英語苦手だけど、アメコミヒーローものならストーリーもだいたい察しが付くし、楽しむことができました笑



ワイも真面目に洋画たくさん英語でみて、英語勉強しようかな笑





















そしてこれ見終わった後、宿のマネージャーからこんな情報が。



「明日からサマータイムで、時計が1時間早くなる」



「いまもう深夜で、明日早くに出発するなら、睡眠時間1時間無駄になっちゃう」



「なので明日は遅めの便でコソボに向かったほうがいいよ」



と。



なんと!サマータイムに変わる時に立ち会えるとは!!



こっちじゃ普通だけど、日本ではこんな体験できませんわ笑



ちなみにサマータイム、土曜から日曜に変わる瞬間に1時間早くなるのですが、



こっちの人はその日曜日の早い時間には予定を入れないそうです笑



もちろん睡眠時間が1時間削られちゃうからという理由笑



そんなこんなで明日は遅めの出発確定です笑








【今日の宿】
DSC_0003_9

DSC_0002_10
HOSTEL DAY N' NIGHT   4人ドミ:9ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:有った気がする
ホットシャワー
ビール飲み放題!

ビール飲み放題もさることながら、ここの宿に居着いてるセルビア人若者グループのフレンドリーさが半端じゃ無い笑
すごくいい宿です笑






 

↑このページのトップヘ