ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

ウズベキスタン

もうね、写真がないので、せっかくものすごく綺麗な世界遺産に行っても、全く伝えられませんね。



3月8日の分でワイが持ってる写真、携帯で撮った2枚だけですm(_|_)m



なのでグーグル画像検索のリンクを貼りますので、ここで出てくる写真をみていただきたいですm(_|_)m
イチャンカラ






















今日はヒヴァの世界遺産、イチャンカラを見学する日。



写真は上のリンクをご覧ください笑



宿を出て、チャイハナで昼食を食べ、イチャンカラの城壁の中へ。



ちなみに「カラ」とは城塞都市という意味だそうな。



このヒヴァの世界遺産とサマルカンドやブハラの世界遺産との違いは、ヒヴァは街全体が昔のままで保存されているところ。



サマルカンドやブハラはメドレセやモスク単体でしか保存されていないので、いまいち雰囲気に欠ける。



なので、もう正にヒヴァの街はアラジンとかに出てくるような街そのもの!謎な階段があったり、謎な路地があったり、超たのしい!!



そしてさらに、今日はどうやらウズベキスタンの祝日らしく、外国人観光客だけじゃなく、地元の観光客が大挙して押し寄せてたり、結婚式の行列があちこちにいたり!!



まあ、それだけに写真が無くなってしまったことが悔やまれるのですが・・・。




















でも!!



奇跡的に夕焼けを撮りに行った時、携帯で撮った写真が残ってました。



DSC_0335(1)

DSC_0336(1)
 堂々たる城壁。

 

正直、空は乾燥してたので全く夕焼けしてなかったけど、夕日に照らされ焼けるイチャンカラが綺麗すぎた。



いままで見てきたどんな夕焼けよりも綺麗。しかも18時過ぎで閉園後なので人はいない。(でも門は開いてるので中に入れる)



ほんと、この街はまた来たいと思える街でした。こんなに綺麗なイスラム都市、もうほとんど残ってないんじゃ無いかな・・・。




















今日の夜食はこれ。
↓ 
DSC_0339
何かわかりますかね・・・?



ワイも注文する時は「今日はこれしか出せん」と言われて勝手に出されたので、恐る恐る食べてみたのですが・・・



食べてみてなんとびっくり、これ日本でいうケバブ!



中に野菜とローストチキンが挟まってて、美味!!



だんだんトルコの文化が見えてくるようになりました!!着実に西へ近づいてますなぁ!!




【今日の宿】
DSC_0331(1)

DSC_0332

ラリオパ ゲストハウス  4人ドミ:10ドル

Wi-Fi:有 快速!
エアコン:有
ホットシャワー
朝食付き


昨日と同じm(_|_)m





 

リアルタイムは5月6日・・・。



すごい量の日記を溜め込んでしまいましたわ汗



再出発の日までに溜め込んでる分、すべて投稿できるかな・・・。



てかそんなことより、日本に帰ってくる途中、イタリアはローマのフィウミチーノ空港にて、カメラ盗られました・・・(´;ω;`)



しかもメインで使っていたニコンの一眼泣



パソコンへのバックアップは毎回ブログに投稿する時にその分だけやっていたので、3月6日以降のほとんどの写真がパーです泣



ブログの上の部分に「写真多めで〜」みたいなことを書いてますが、これから一時帰国の4月21日までは写真少なめなブログになります泣



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



3月7日はヒヴァへの移動日。



朝食を食べ、 ピックアップのタクシーが来るまでちょっとだけネット。程なくしてタクシーが来て、アリカさんに見送られ、まずは乗り合いタクシー乗り場へ。



今日のヒヴァまでの乗り合いタクシーは、宿のおばちゃんが手配してくれたタクシー。ヒヴァまで15ドル。サマルカンドで出会った旅人さんが言ってた値段よりも安い!宿のおばちゃんありがとう笑



この乗り合いタクシー乗り場で、ワイ以外あと3人の客待ちをします。



1時間ほど待って、3人集まって出発!



しかし今日のメンツは・・・



①おそらく100キロ超えの巨漢男
②上の①ほどの巨漢では無いが、がっしりタイプの男
③子連れ(2歳くらい?)の女性
④ワイ。



当然助手席は①が座る。



窓側は③の女性。子連れだから仕方ない。



もう片方の窓側はがっしりしてる②。



つまりワイは後部座席の真ん中、足も置きづらいしケツもモッコリして座りにくいあの部分です泣



さらにこの国の人間は全くエアコンをつけない。クソ暑い。まさに苦行。



でもワイの隣のがっしりしてる男が話しかけてくれたり、



子連れの女性のお子さんとみんなで遊んだり、和気あいあいと2時間ほど砂漠を爆走。




DSC_0327(1)
中国の砂漠よりもさらに殺風景。まわりに山も無いし。




















が!





















2時間ほどたったあたりから、ちょいちょい車を止めて、ドライバーがボンネットを開けて何やら確認をし始める・・・



で、30分くらい少し進んでは止めて、少し進んでは止めて・・・を繰り返してるうちに・・・

























DSC_0329(1)





















ワイ、砂漠のド真ん中で車が故障するwww




















ちなみに電話かけてるのがドライバー、そばで見てるアディダスが②の男。



どうやらラジエーターに続くパイプの取り付け具が壊れて、エンジンがオーバーヒートしてしまった模様。



取り付け具を交換すれば良いのだがそんなもの代わりを持ってる訳ないので、携帯電話で救援を頼む。



まあワイはどうすることもできないんで、暇つぶしに携帯で一直線に続く道をパシャり。

DSC_0328(1)
 なーんもない笑。



しかしまあ、携帯の無い時代にこんなとこで故障したら、ほんと、命の危機を感じられたはず笑



1時間くらい待ったら、近くのチャイハナ(中央アジアの喫茶店。ドライブイン的な感じ)から救援が。



とりあえずその車に引っ張られて、そのチャイハナへ。



んで、チャイハナに着いたあたりで、同乗者の男②が猛烈にドライバーにブチ切れてる。何が起きたんじゃろか。。。



ほどなくして、その男②はあとから来た別の乗り合いタクシーに乗り換えて行ってしまわれました・・・。



そして子連れの女性③も、ドライバーに金を押し付け、別の乗り合いタクシーに乗り換えて行く・・・。



残されたのはワイとドライバーだけ。で、休憩に立ち寄った更に別の乗り合いタクシーのドライバーに、ワイのドライバーが何やら話をつけ、ワイに話しかけてくる。



「ここはヒヴァまで大体半分くらい。なのであの車に乗り換えて半額出せば連れてってくれるから、乗り換えてほしい。」



ん・・・待てよ待てよ、



ワイは宿のおばちゃんを通して今日のタクシーに乗ってるので、既に金は支払っている。



だったらこのドライバーが乗り換えた先のドライバーに払えば良いではないか!!!



さっきのがっしり男②が猛烈にブチ切れてた理由がわかりましたm(_|_)m たぶんあの男②も理不尽なこと言われたんだろう。



で、ワイも「何言ってるんだ、もう金は払ってるんだからお前があのドライバーに金を渡せ!」と言いつける。



が!



乗り換え予定のドライバー、ワイらが話がこずれてラチが開かないと思ったのか、ワイを置いて



ブーン



と、颯爽と出発。



・・・・・・。



(´;ω;`)





















結局、 「もうよい!ワイはお前の車に乗り続けるぞよ!部品交換の救援が来るまで待ってやろうではないか!」とドライバーと話をつけ、車が治るまで待つことに泣



でもこのチャイハナで待ってるあいだ、ドライバーから「チャレンジしてみろ」と言われヒマワリの種を食べてみたり、



後続のタクシードライバーとウォッカを飲んだり、これはこれでなかなか楽しい笑



ちなみにヒマワリの種は日本以外ではわりとポピュラーなスナック。極小のピーナッツみたいな感じ。でも皮を取るのが面倒くさいのでワイは嫌い。



ちなみにちなみに、この国に飲酒運転を罰する制度があるかは知らん。





















そんなこんなでこのチャイハナで2時間くらい過ごし、無事部品到着。



車を修理して再出発!!!



そしてワイ以外の客は乗り換えてしまったので、ワイの貸切!!!



この頃になるとドライバーとも仲直りしており、むしろ妙な連帯感が生まれて、



ウズベキスタンダンスミュージックをかけてノリノリで運転したり、



トルクメニスタンが見える道路でどこからがトルクメニスタンか解説されたり、



2時間でヒヴァの近くの大都市、ウルゲンチへ到着。



このウルゲンチの街で乗り合いタクシーの乗り換え。



しかし、待てども待てどもワイ以外の客が現れず。。。



結局、追加料金を払って一人でヒヴァの宿まで行ってもらうことに。まあ、もう夜の10時だし、仕方ないか、ということで。



【今日の宿】
DSC_0331(1)
 DSC_0332
ラリオパ ゲストハウス 4人ドミ:10ドル

Wi-Fi:有 快速!
エアコン:有
ホットシャワー

有名な日本人宿なんだけど、ワイ以外に客はおらず・・。どうやら最近はみんなヒヴァの城壁内の宿に泊まるみたい。
というか再開発地域のど真ん中に立っており、この宿の周りは更地。客も少ないし取り残されてるしで、なんだか栄枯盛衰を見ている感じ・・・。



【今日のビール】
DSC_0330
パルサービール

ウズベキスタンでは有名なビールらしい。普通。不味くはない。






 

3月6日に飲んだビール評ですm(_|_)m




【今日のビール】
image


Sarbast Beer

飲めるけど、あんまりおいしくない。不味いって程でもない。

メーカー名に「ウズベキスタン カールスバーグ」ってあったんだけど、これほんとにウズベキスタンのビールかなぁ……

リアルタイムは4月10日、ハンガリーのブダペストですm(_|_)m



ブダペストやばい‼超綺麗!



そして宿のすぐ近くにリスト音楽院が!



ここに5泊します笑


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





3/6は世界遺産ブハラの街を観光ですm(_|_)m



でもその前に‼



昨日シャワー浴びれなかったことを文句つけなければ‼



朝起きてすぐにスタッフの部屋へ。



シャワー壊れてる!部屋を替えるように!と伝えて、まぁもちろん替えてくれましたm(_|_)m



替わる先の部屋はヒロキさんとカオリさんが泊まってる部屋。



今日からこの部屋をドミとして開放するらしい。



スタッフの部屋から帰るとき、ヒロキさんが部屋から出てきました。



「シャワー壊れてて昨日浴びれなかったんですよ泣」と言ったら、まだヒロキさんとカオリさんがいるにもかかわらず、シャワー使わせてくれることに!



やっぱ、日本人同士だとこういう時ありがたいですなぁ泣











シャワーを使わせてもらい、3人で朝食へ。



そしたらなにやら東洋人っぽい人が他に一人……



声かけてみたら、やっぱり日本人笑
ウズベキスタンに日本人何人いるんだ?笑



来年から新社会人のアリカさんという方。せっかくなので、今日のブハラ観光を一緒にまわることに。



なんとアリカさん、、ロシアに留学経験のある、ロシア語話者!
ウズベキスタンはソ連時代の名残でロシア語を話せる人が多いのです!



旅行経験値の高いお二人に加えてロシア語話者も加わり、ワイ史上最強のメンツが揃いました笑












ブハラは素晴らしいモスクやメドレセが沢山なので、一気にいきます笑



image

image

このモスク、サマルカンドのモスクと同じく、顔が描かれてます。



image

世界遺産マークも発見。



image

この池もどうやら歴史的に重要なんだそうな。



image

でも今はアヒルがのんびり暮らしてます笑



image

モザイク画がすごい。



image

ワイ、地味にモザイク画で描かれるコーランの一節が好きなんです笑 意味は全くわからんが笑



image

内側もすごい。



image

向こう側の建物の中はたしかバザール。



image

古そうなモスクを見たり、



image

キャラバンサライ跡をみたり、



image

また立派なモスクを見つけたり、



image

またまた立派なモスクを見つけたり。



image

広場の右下で佇んでる団体は、兵役の新兵さんだそうな。



image

同じ広場にブハラの塔もあります。



image

アップ。レンガの並べ方だけで模様を作り出しているんです‼



image

ブハラの塔があるモスクへ侵入ですm(_|_)m



image

中はめちゃくちゃ広い。



image

白い回廊。



image

井戸を見つけたのでパシャリ。PRGみたいにはいきませんなぁ。ゴミが……



image

奥にあるモスクをパシャリ。



image

後ろを振り返ってパシャリ。



image

こちらのモスクは現役のメドレセ(神学校)を兼ねてるので、見学不可。
世界遺産以前に、ここは重要な宗教施設。











昼前の観光は終わりにして、ここで昼飯休憩m(_|_)m



でも入ったレストランがこれまたダメなレストランで、料理のメニューが品切ばっか。



しかたないのでパンと、ローストチキンだけ。



筋肉つきそう笑











image

午後はブハラの城からm(_|_)m



image

宮殿の玉座の間。



この城を見学中、めんどくさいことに地元ガイドがついてきてしまう。



振りきりたかったけど、アリカさんが交渉してくれた結果、そんなに高くなかったのでそのままガイドさせることに。



image

ガイドが「大丈夫だから」とかいって玉座の位置に立たせてくれました笑 玉座からの風景笑



image

宮殿の天井。モスクと違って木造なんですな。




そんなこんなで城の見学は終了。城自体はすごくデカいんだけど、見学できるのは修復された宮殿の一部のみ。一般市民の居住区とかはまだ廃墟とかで、みさせてくれず……そっちのほうが興味あるのに。



image

外からの城壁。この壁の向こう側が超面白そうなのになぁ……














お次は小さな遊園地を越えて中央アジア最古のイスラム建築とやらへ。


image

全部レンガ造り。こちらもレンガの積み方の変化で模様を作り出している。



image

中はすごく涼しかったので、しばし休憩ですm(_|_)m












最後は住宅街を抜け、公園の中にあるメドレセへ。



image

小さいけど、エメラルドグリーンが映えてて、公園の中ていうロケーションも相まって、素朴で良い感じ。ワイ、このモスクが一番気に入った!











で、今日の観光は終了。
ヒロキさんとカオリさんは、今日の夜行でタシュケントへいくそうな。



宿でお見送りです。



このお二人、ロンプラや歩き方は携帯の中に入れ、宿やレストランはトリップアドバイザーで調べあげる。場所はオフライン地図アプリでバッチリ。




とにかく旅行中に失敗しない術を知り尽くしてるんです!中々に21世紀な旅行者でした!



そしてヒロキさんからすごいこと教えてもらいました。



Google翻訳アプリ、これ、なんと言語ごとに落とすことができて、オフラインで使えるんです‼



これを知ってれば中国であんなに苦労せずに済んだのに(´;ω;`)



てことで、ワイ、リアルタイムはクロアチアにいるんですが、
・トリップアドバイザーを駆使すること
・携帯の中にガイドブックを入れる
てのは見習わさせてもらってます笑
(オフライン地図はワイも元々使ってた)




なんか、ほんとに便利です。宿で失敗も無くなったし、事前に調べてから動くから、道に迷わないし。



これで南米もアフリカもなんとかなりそうな気がしてきました笑 ITってほんとにすごい‼










image

でもトリップアドバイザーに載ってたレストランのラグマンは、あまり美味しくなかった笑













【今日の宿】
image

ロスタム&ズクラ 3人ドミ:10ドル

Wi-Fi:有 調子わるい
エアコン:有
テレビ:有 BBCが見れる
ホットシャワー

昨日のシャワーがぶっこわれてた部屋から変えてもらった部屋。ツインにベッドをもう1台ぶちこんで、ドミに仕立てあげてます。
昨日と違って今日は快適🌀





リアルタイムは4月8日、クロアチアのスプリット!



1日で世界遺産を2つ見てきました!



明日はザグレブに旅立ちます!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






3月5日はサマルカンドを離れ、ブハラに移動する日。



宿で知り合ったカオリさん、ヒロキさんとブハラまでは行程が一緒なので、ご一緒させていただくことに!



朝食を食べに食堂に行ったら、一昨日のティモがいました。ティモも今日は移動。タシュケントへ行き、カザフスタンへ抜けていくそうです。



タシュケントで出会ったオランダ人のお姉さんもそうだけど、ヨーロピアンはシルクロードを西から東へ抜けていくんですね。日本人と真逆。



ウズベキスタンはまさに文明の交差点なんですなあ。



ティモに「フィンランドのヘルシンキに行く予定だよ!」って伝えられて良かった笑。 




















サマルカンドの駅まではタクシーで。3人いるからタクシー代も怖くありません笑



駅に着くとまた日本人が笑 しかも先日キップ買うときや、レギスタン広場観光した時にも会った人笑
3回目の再会でした笑



この方も女子大生とな!東南アジアでもなく、インドでもなく、ヨーロッパでもなく、中央アジアを学生時代に旅行するなんて、センスが素晴らしい笑 ワイも学生の時に来たかった泣



みんな別々にチケットを買ってしまっていたので、席も別々。



DSC_0318(1)
 座席は以外と普通でしたm(_|_)m



でもこの車両、天井がやたら高い。



それもそのはず・・・



この車両には・・・



エアコンが無い泣



さらに加えて・・・



窓が開かない号泣


 
3時間くらいだけでしたが、まさに灼熱地獄。



でも現地人は全然汗かいてない。一体この国の人間の汗腺はどうなってるんだ泣





















列車は晴れてブハラへ到着。でもブハラの駅は駅名はブハラだけど、実際には隣の町。



ブハラへはさらにマルシュルートカ(中央アジア特有の乗り合いバス)か、タクシーを捕まえなくてはならない。



多分さっきの女子大生さんもブハラに行くだろうから、タクシーシェアしようかと誘おうとしたのですが、いつの間にか消えてました・・・。



てことでヒロキさんとカオリさんとワイだけでタクシー。この車中で衝撃の事実が判明します笑



まず、カオリさん、米国系航空会社のCAさん!
ワイ、CAさんの知り合い出来たの初めてかも笑


しかも米国系航空会社てのがミソで、日本の航空会社とは比較にならないほど世界中に飛行機飛ばしてます。



つまりとんでもない数の国に行ったことある!!すごい羨ましいですなあ!!



そしてヒロキさんはこの4月から研修医、お医者さんのたまご!!



しかも医学部休学して世界中を旅して、復学しようとしたらなぜか復帰を断られ、でも別の医学部を受験しなおして受かってしまう猛者!!



そしてなんとヒロキさん、海外でもレンタカー派なんだそうな!ワイは真似できぬ笑



旅の経験値も、社会的な地位も、ワイなんかよりかなり上な方々と、ブハラではご一緒させていただけるそうです笑




















今日の宿はロスタム&ズクラというところ。



でもワイが予約していたドミは、どうやら工事中で無いらしい。



なので代わりに工事中の部屋だけど、ダブルの個室を使わせてもらえることに!!



DSC_0319(1)
この部屋。奥にドアが見えるけど、この先は工事現場なのでこのドアは開けれず。
なのでテレビの横の窓から出入りする、という制約付き笑



宿に着いたらお二人、何やら携帯で調べてる。



見ているのはなんとトリップアドバイザー。今日の夕食のレストランを探してるんだとな!!



ワイ、トリップアドバイザーなんてほとんど見たことなかったけど、やっぱこの旅行経験値の高いお二人は違う笑 失敗しない最善の方法を知っている笑



てことでウズベク料理にも飽きてきた頃だし、イタリアンにでも行ってみるか、ということに。



DSC_0321(1)
3人いるとやっぱ良い。ピザもホールで頼めるし、パスタも数種類、ワインもボトルで注文できる。



東南アジアから中国に抜けて、ウズベクに来るまでずーっと一人だったので、なんだか旅に仲間がいる有り難みを実感してしまいますわ泣




















夕食後、宿に帰ってぼーっとしてたらいつの間にか爆睡。



深夜2時ごろになって起きて、シャワーしなきゃとバスルームに行くと・・・ 



シャワーのホースが不良品で、ホースの変なところから水が漏れ出してる泣



まあ、明日文句つけてやればいいか、と思ったものの・・・



シャワーからお湯が出ない(´;ω;`)



水のバルブを回したら水は出るけど、お湯のバルブを回してもお湯も水も出ない。



おそらくまだ工事中の部屋だから、湯沸かし器に排水管をつないでいないのだと思われる泣



そして外は大陸性の気候で氷点下。昼は灼熱地獄だったのに氷点下。



汗ダラダラかいたのに、シャワーも浴びれず着込んで就寝泣



安いのには訳がありますわ泣





【今日の宿】
DSC_0320(1)

DSC_0319(1)
ロスタム&ズクラ ダブル:10ドル

Wi-Fi:有 調子悪い(多分、宿のスタッフがゲームしてるせい)
エアコン:有
テレビ:有 BBCが見れる
朝食付き
シャワーが壊れてる

ドミが工事中で、同じ値段で代わりに用意してくれた部屋。
 翌日部屋を変えてもらって、そこは問題なかったので今日の宿の評価はこの日に限ります。鵜呑みにしないでもらいたいですm(_|_)m



 



 

↑このページのトップヘ