ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

世界遺産

今日は観光する日ですm(_|_)m



まずは朝から大雁塔へ。



宿のボス的な人にバスの番号をきき、いざ出発。


中国のローカルバスなんですが、ブザーがどこにもない。



なので昨日はどうやって降りればいいのかわからなかったけど、どうやら各停留所で毎回停まってる様子。バスは近代的なのに、意外と原始的な方法笑



バスの中では、ワイの歩き方を見つけたおじいさんが、
「君は外国人だろう?」
「外国人はマスクをしなさい。大気汚染で喉がやられちゃうよ」
と、身ぶり手振りで必死に伝えてくれた。



……あったかいんだからぁ(´;ω;`)



で、大雁塔のバス停に着いてまず目に飛び込んできたのがこれ。



image

なんとバーガーキングがある。エジプトのピラミッドにはKFCがあるらしいけど、こちらはバーガーキング。



で、少し進んだら見えてきました。



image




………かすんでる汗



あんなに近くにあるのに霞んでます汗 中国の大気汚染のヤバさを実感m(_|_)m



image

広場で書をたしなむおじさん。漢詩の知識がワイにあればなぁ…。あとワイも字きれいになりたい泣



image

三蔵法師の像。ここは西遊記の三蔵法師が帰って来て、持ち帰った経典を翻訳した寺なのです。



image

中国人観光客が写らないように、アップの写真も。



image

天上天下唯我独尊



image

入場しましたm(_|_)m 高すぎて見えねぇーー‼笑



image

裏手にまわってパシャリ。



image

たぶん昔の高僧の像。



image

天井がすごい‼



image

無数の仏さまから見られまくってます笑



image

戦前の大雁塔。重要な寺なのに、なんでこんなボロボロになるまで放置してたんじゃろ……(;´д`)



image

立派な門に似つかわしくない無機質な監視カメラ笑



image

中国っぽい門!



image

中に入ると……僧坊でした。



image

こちらは僧坊の食堂のようです。



image

最後に、自撮りする中国人を激写。



image

大雁塔の説明。世界遺産の1つなんだけど、その事には一切触れず。第一級国宝ということをやたらアピールしていましたm(_|_)m












次は歩いて地下鉄の駅へ向かいますm(_|_)m



image

学生時代に行かなくてよかった笑



image

鉄格子で囲まれた中華マンション。



image

ムスリムが、堅焼きのナンみたいなのをそこらじゅうで売っています。



image

途中で寄ったローカルファストフードチェーン。
食べたものはごく普通のフライドチキンバーガー。なのでロゴしか写真とらず笑












image

地下鉄に乗って、開遠門まで来ましたm(_|_)m
ここは唐の時代に城壁の西側の門があったところ。つまりシルクロードの出発点!!



image

image

なのでこんな感じで石像があったりします笑











次は地下鉄で西安駅近くにある高速バスターミナルへ。
明日の蘭州行きの切符を買いにm(_|_)m



もちろんワイは中国語喋れないし、あっちも英語も日本語も喋れないから、筆談です笑 漢字は便利笑



しかし……



なんと明日の蘭州行きは売り切れと(;´д`)



歩き方にバスはあまり売り切れないってかいてあったのに(´;ω;`)



仕方なく明後日の蘭州行きにすることに。



てことで明日も西安にいることが決定m(_|_)m やることないよ汗











バスの切符買ったあとは、ローカルバスで昨日のムスリム街へ。



image

中国風のモスクを見に来ましたm(_|_)m



image

もう完全にモスクとは思えぬ佇まい。



image

門も中国。



image

ミナレット(尖塔)も、仏教の寺みたいな三重の塔。でも、改修工事中で見れず…。



image

モスク本体。



image

image

中はこんな感じ。やっとモスクっぽくなってきた。



image

提灯もモスクっぽい!



image

でも脇にはこんな中国チックな感じも。











モスクから、昨日のムスリム街へ戻りますm(_|_)m



image

ムスリム街への道。THE 裏路地。



image

ムスリム街に戻ってきましたm(_|_)m とにかく赤い食べ物 笑



image

近くで見たらこんな感じ。こりゃ食べれん笑



image

image

今日もケバブを食べますm(_|_)m でも今日は長蛇の列が出来てた人気店! でも……大して昨日と変わらなかった笑











夕食は宿の近くにある蘭州拉麺屋にてm(_|_)m 明後日蘭州にいくのに食べてしまいました笑



image

これがまた美味い!おそらく鶏ガラベースのスープで、細麺、硬め、辛さも調節出来るから激辛にはならず。しかも注文を受けてから厨房で麺を打つ!



日本人も大好きな味だと思う!なんで日本では食べれないのじゃろ。



宿への帰り際にコンビニで水やらの買い出し。そのときビールを発見したので…



【今日のビール】といきたいとこですが、このブログのカテゴリ分けが2件までしかできないので、ビール評は別記事にてm(_|_)m











【今日の宿】
image

image

七賢鐘楼国際青年旅舎 8人ドミトリー:31元

Wi-Fi:有
エアコン:有り
ホットシャワー
看板犬もいる

昨日と同じm(_|_)m


今日は昨日予約した、アユタヤツアーへ。
世界遺産観光に行きますm(_|_)m


出発は昨日のサワデーアンコールツアーズから。7時集合です。



どうせ7時にはピックアップに来ないだろうなぁと思いつつも、6時50分に集合場所へ。



案の定、ピックアップに来たのは7時15分。



そのあいだに今日一緒にアユタヤツアーに参加する別の日本人、ハルナさんとご対面m(_|_)m



なんと学生さんとな!最近学生さんのバックパッカーが減ってるって聞いたけど、一安心ですわ(;´д`)💨 ワイが既婚者なのに世界一周でるって知って、たいそう驚いてらっしゃった笑



行きのミニバスはなぜか日本人でまとめられず、しかもワイが違うコースの人たちのミニバスに混ぜられる。



そして今回のドライバーは海外のドライバーにありがちなアグレッシブさが足りない。むしろ高速道路で40キロとかで走り出す。



そんなこんなでアユタヤ到着。最初の遺跡の訪問ですm(_|_)m



image

ワット プーカオ トン



image

遅い車だと思ってたら、ワイらの車が一番のりでした。なので周りは外国人の団体でワイワイしてるなか、独りボッチで見学……笑



image

階段の傾斜がすごい‼



image

階段登った先に鎮座していた仏像。



image

崩れたお堂の中にある、大黒様。ガイドいわく、屋根無いし、洪水になると流される危険があるから、オリジナルは博物館にあるとのこと。写真のはバンコクのチャイナタウンの人たちが寄付してくれた、レプリカだそうな。



image

こちらは再建されたお堂の中。ぎんぎらぎん。



image

横顔を頂戴しましたm(_|_)m



image

回りには仏塔も残ってます。



image

こんな仏塔も。



image

寺の中で、坊さんへの供物が売られている。こう言っちゃなんだけど、すげー商売だ。













そのうちハルナさんのバンも到着。実に30分くらいワイより遅れて到着。どうやらワイらの他にもピックアップしにいろんなホテルを回ってたらしく、遅れたそうな。だからワイらのドライバーはノロノロ運転だったのか。



ハルナさん来たのでワイはこの寺院二週目。ガイドの話を聞きつつ……のつもりが、このガイド、話がながい。途中で飽きて英語聞き取るのを諦めてしまう笑













次の遺跡に向かう途中、同じバンの中に日本人がもう一人いることが判明! シンガポールで働いてて、春節休みでタイに旅行にきた方だそうな。名前お聞きするの忘れてしまったので、勝手にシンガポールおじさんと命名m(_|_)m すみません笑



image

次は涅槃仏の遺跡へ。



image

目が開いてると生きていて、閉まっているのは亡くなった仏様なんだそうな。



image

後ろ姿。あまり後ろ姿はこだわってないようである。



image

この遺跡は涅槃仏が有名だけど、個人的には後ろにある仏塔の方がすばらしいと思う。



image

なんかこう、取り残されてしまった感じが趣深くて。



image

見学が終わったあと、思わずパシャリ。なんとこの辺りには新車のトゥクトゥクが走ってる‼ こいつらもあと数年もすれば、改造され、装飾され、あのバンコクみたいなトゥクトゥクになるのかな笑












次はワット マハタート。
木に覆われた仏像がある寺院です。写真たくさんあるのでせっかく全部m(_|_)m



image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image




で、最後に木に覆われた仏像。
↓↓
image

仏像より高い位置から写真に納めてはいけませんm(_|_)m
しゃがむか、膝まづかないとだめ。



image

お顔をアップ。













この後は昼食。



image

ビュッフェスタイルだけど、付け合わせが選べるだけで、基本はパンプキンカレーの1択。



元からツアー代金に含まれてる昼食なので、全く期待してなかったけど、正にその通りだった。おいしくない。なので写真も撮らず。













最後の遺跡は……名前忘れてしまった笑
てか、今日の3人、みんな歩き方も持ってないし、事前学習も全くなし笑 モチベーションが著しく低い笑



とりあえずこちらも写真はたくさんあるので、全部アップm(_|_)m



image

image

image

柱の穴の中に鳩が巣を作ってます。平和ですなぁ。



image

image

ここは現役の寺院でもあるので、地元の方々がお祈りに来てます。



image

写りこんでるのはシンガポールおじさん。そいや3人で集合写真撮るの忘れてた。残念無念。



image

image

image

仏塔の中。臭い暗い汚いので、すぐに退散笑



image

この現地人のおっさん、賽銭を持って帰ってた笑



image

image




この寺院は現役なので、ちゃんとしたお堂もあります。お堂の中には大仏があったので、激写。



image

ぎんぎらぎん2



image

横顔も頂戴しましたm(_|_)m



image

背中。正直、顔とか前面よりも、後ろ姿とか足とか、こっちのほうが見てて面白い。



image

扉の彫刻もすごい。












で、今日のツアーは終了。カオサンへ出発。



image

その前に、駐車場にあったホラーなマネキン。誰が何のためにこんなところに笑



カオサンに着いたあとは、マックでタイのご当地メニューを食べにm(_|_)m



ハルナさん、なんと今日の夜に夜行でチェンマイに行くそうな!今日ツアー行ったばっかりなのに、タフですなぁ笑



image

マックで食べたのはこれ。なんとマックにライスメニューがある‼ でもすごく辛かった笑













ハルナさんと別れたあとは、ワイ一人でカオサン近辺をウロウロ。シャンプー買ったり、嫁さんへのお土産買ったり。



そんなこんなでウロウロしてたら、カオサンの外れの寺院で縁日やってた!



image

春節の縁日みたいです。



image

射的は日本とおなじ。



image

金魚すくいもある‼



image

縁日といえど一応お寺なので、こういうのもあります。












縁日をブラブラしたあとは、カオサンに戻って夕食食べにm(_|_)m



その前に、そう言えばカオサンの写真を撮ってないことに気づき、パシャリ。



image

バックパッカーの聖地、カオサン通り。これ全部安宿とバー。













そして夕食へ。この日の夕食はタイで一番楽しみにしていたレストランです。
















image

















8番ラーメン カオサン店!!
















ん、何これ?て感じですかね?笑 説明すると8番ラーメンは東京にも進出していない、石川県のローカルチェーン。なぜかタイに大規模進出していて、いつのまにやら日本よりタイでの店舗数の方が多くなってしまった、不思議なチェーン笑



ちなみにこのブログは金沢情報のカテゴリにも登録しているので、何としても訪れたかったんですよ笑 なので8番知ってること前提の、内輪なレポートになっちゃいますが、お付き合いくださいm(_|_)m笑



image

メニューど真ん中はやっぱり野菜ラーメン!



image

タイだけのオリジナルメニューだそうな。鶏でもなく、鴨!



image

日本だと限定メニューのトムヤムラーメンは、ここではレギュラーメニュー。



image

逆に日本でのレギュラーメニューの塩ラーメンがこちらでは限定メニュー。



image

日本では味噌 醤油 塩と選べますが、こちらではそのシステムは無いみたい。



image

ワイは野菜のパイタンを注文しました。まぁ麺は外国で食べるラーメン特有の、ユルユル笑 硬めが好きなワイとしては不満が残るが、スープは完全に8番。タイでこれが食べれただけで、満足ですm(_|_)m



食べ終わったあとは、店内散策笑



image

image

我らが金沢のポスターもありましたm(_|_)m



ちなみに、メニューは日本語ですが、現地では全く日本語通じませんWww



むしろ現地人にもすごくポピュラーなチェーンなので、店員は完全に現地化してます笑 すごく無愛想笑



まあ、それだけ石川県の味が現地に浸透していると考えて、まぁ良しとしよう。











宿に帰ったあとは、明日のフライトのための荷造り。あしたは中国の西安へ飛びますm(_|_)m




【今日の宿】
image

image

The Glory Hostel 8人ドミトリー:250バーツ

Wi-Fi:有
セキュリティボックス:有
ホットシャワー

昨日とおなじ。




昨日はモール巡りをして散々でしたが、今日は午前中でマニラの名所巡りですm(_|_)m



7時に起きて、朝飯。そして、出発。



歩いて昨日のモール、グリーンベルトまで行き、そこのタクシースタンドでタクシーを捕まえます。



なんでわざわざ、モールまで?ってことですが、高級モールのスタンドにいるタクシーは、必ずメーターを使ってくれるんですね。流しを拾うと交渉が必要です。しかもメーターで行くより確実に高くつきます。なのでモールから出発した方が良いのですよm(_|_)m



P1240067

一か所目はサン・アグスティンチャーチ。世界遺産です。 



しかし結婚式があるみたいで、中は見れず・・・。でも外から少しだけ中を見ることができました。



P1240066
中は絢爛豪華。



P1240068
 結婚式のため、一時的に扉が閉められてしまいました。でも扉の装飾もすごい!



P1240069
花嫁さん到着。



P1240070
 入場!バージンロード!!



このあとまた扉が閉められちゃったので、外をブラブラ。



P1240071

 ユネスコ世界遺産の石碑も発見。



世界遺産には必ずユネスコが石碑を建ててるんです。



世界遺産に行っても、この建物が世界遺産かどうかってのは区別つかないことがあるので、石碑を写真に収めて世界遺産に行ったていう証明にしてる方も多いみたいです。 



P1240073

教会の周りはスペイン時代の建物が残ってたり、



P1240074
城壁がまだ残ってたり。



ちなみにこの城壁、写真のこちら側がう内側、トンネルくぐった先が外です。



トンネルをくぐると・・・



P1240075
なんとゴルフ場になってました笑



P1240076

これは砲台への入り口。でも肝心の砲台の写真を撮るの忘れた・・・。まあ、大砲も何にも残ってなかったから別にいいや。



砲台がここにあるってことは、この辺りが海岸線だったってことですね。こういうブラタモリ的な街巡りは非常に趣があって面白い笑



砲台の先、昔海であっただろうと思われるとこは真っ平らな公園になってます。その公園に続く道で・・・


P1240078

日の丸を発見!



P1240079
ここにも!



翌日調べたところ、どうやら天皇陛下が慰霊で訪れていたそうです。



こういう時期にワイが来たもんだから、タクシーの運ちゃんも嬉しそうだった笑



P1240080
で、通りを越えて公園に到着。



現地人ファミリーが沢山ピクニック的な感じでくつろいでました。



P1240081
馬鹿でかいフィリピン国旗。



この公園を超えると、現在の海岸線があります。コンテナターミナルも近いみたいで、コンテナドレーがガンガン走ってる・・・。



P1240082

インターエイシアのコンテナ発見。インターエイシアは日本ー東アジア間専門の日本の船社。なのでこのコンテナの中身は日本製品か、日本に輸出されるフィリピン製品ですね。



P1240083
海岸線は遊歩道になってました。何このフィリピンに似つかわしくない小綺麗な空間は!て思うかもしれまいけど、海はクッソ汚い。でも現地人は普通に泳いでる・・・& 用をたしている・・・笑



このあと宿に帰り、チェックアウト。またグリーンベルトに戻って昼飯。



P1240085
フィリピンでやたらよくみる中華ファストフード超群(Chow King)。



味は普通に不味かったですよ。フライドチキンの味がない。フライドライスもご飯に卵を絡めて炒めただけ。同じフィリピン発祥のファストフードチェーンJolibeeとは大違い。



グリーンベルトからバスターミナルへは電車で移動。



P1240086
東急世田谷線に非常によく似た車両。後で聞いた話、このマニラの電車はスリ置き引きだらけらしく、空いてる時間に乗れたワイが幸運だった模様・・・。



学校のあるアンへレスにはvictory linerという大手高速バスで。150ペソ。



P1240087
エアコン付き、wifiあり。しかし中国バス。



そんなこんなで学校へ帰り着き、マニラ旅行は終了。



まあ、感想ですが、昨日今日の記事みてわかる通り、マニラに見どころは非常に少ない。



モールなんて日本にあるモールの方がずっと立派で楽しいし、史跡も今日行ったとこくらいしかない。



だから日帰りで十分。てか今日の観光は3時間くらいで終わったし。



てか、マニラの治安は東アジア最悪なので、あの教会ひとつのためにわざわざマニラに訪れる価値はないと思います。他にも地方に行けば立派なカトリック教会あるし。



と、いうことで、コレジャナイ感満載だったマニラ旅でした・・・。 

↑このページのトップヘ