ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

世界遺産

リガの宿は旧市街のど真ん中!



てことで本日は世界遺産の旧市街めぐりからスタート!!




DSC_0220(1)(1)

リガもまた、とてもとても女子ウケのよろしそうな街でございますm(_|_)m



DSC_0222(2)(1)

カフェとかこんな綺麗に飾っちゃったりして。



_20160522_000127(1)

リガの象徴、猫の屋根飾り。なんかエピソードがあってこれがリガの象徴になったはずなんだけど、そのエピソードは忘れた。
忘れたということは大したエピソードではなかったということ笑



DSC_0221(3)(1)

で、こちらはリガの大聖堂。



_20160521_235617(1)

外観のレンガ色に反して、中は白い!



_20160521_235700(1)

祭壇。



_20160521_235627(1)

パイプオルガンは修理中。



_20160521_235651(1)

このステンドグラスは何のエピソードを表してるんじゃろ。



DSC_0266(2)(1)

こっちも。綺麗は綺麗なんだけど、内容が気になるステンドグラスですな。



_20160521_235637(1)

天使がラッパ吹いてる。



DSC_0269(2)(1)

次は中庭を見学。綺麗に修復されてる屋内に比べて、廃墟一歩手前。。。共産時代のせいですかね。



DSC_0270(2)(1)

多分昔の大砲の弾。



_20160521_235608(1)

中庭から見た聖堂。



_20160521_235557(1)

中庭の回廊にいた像。修復途中?



_20160521_235546(1)

多分マリア様ですね。



_20160521_235537(1)

1541年創建なんですかね。








大聖堂を見終わったここいらでひとまず旧市街を離れて少し歩き、ユーゲントシュピール様式なる建物郡を見に行くことにm(_|_)m



15分くらい歩くと着きました





DSC_0235(2)(1)

おお、ド派手なアパートメント群!!



DSC_0241(1)(1)

ただのアパートメントのはずなのに、彫刻ハンパない。



DSC_0243(2)(1)

なんか仰々しい笑



DSC_0245(2)(1)

屋根の上の飾りもすごい。



DSC_0254(2)(1)

両サイド奥の建物はユーゲントシュピール様式ではない、一般的なヨーロッパのアパートメントなんで、ユーゲントシュピールのド派手さがわかるはず笑



DSC_0255(2)(1)

これは1階は銀行かな?



_20160521_235759(1)

彫刻がですよ



_20160521_235810(1)

半端ないのですよ。



_20160521_235750(1)

これは割と控えめ。



_20160521_235820(1)

これは仰々しめ笑



_20160521_235831(1)

これはユーゲントシュピール様式なのかね?



_20160521_235843(1)

「ま」の口。



_20160521_235852(1)

入居してるテナントとかも見ておけばよかったな笑。




_20160521_235925(1)

獅子。



_20160521_235915(1)

屋根は修復中。



_20160521_235904(1)

ジンジャー。



_20160521_235934(1)

もうコメント書くことなくなってきたから写真だけで飛ばしますm(_|_)m



_20160521_235943(1)

_20160522_000041(1)

DSC_0251(1)

_20160521_235726(1)

こんな感じでユーゲントシュピール様式の建物郡の見学は終わりm(_|_)m


最後に綺麗な綺麗なカフェを写真に収めていたら・・・



突然の便意が・・・・




DSC_0032_4(1)(1)

しゃーなしにバーに駆け込み、トイレを貸してもらい、チップ代わりにビールを一杯頼んだらこんなんでてきた。チェリーフレーバーのビール。まあまだ午前中だし、ジュース的なビール出されちまいましたよ。なのでこれはビール評には含めずm(_|_)m








軽快にウンコを放出し、アルコールも摂取して気分爽快になった後は街歩き再開。



_20160521_235735(1)

たしか市民美術館だったような。中は入らなかったけどめっちゃ綺麗な建築。



_20160521_235716(1)

空も青い。



このあとは商店街というか新市街の方に戻り、宿のスタッフにオススメされた安くて美味しい店へm(_|_)m

それがここ↓↓
DSC_0230(1)

LIDOて店。場所はgoogleマップとかにも出てるのでご自分で検索してみてくださいな。


そんでこの店が素晴らしいのは・・・



DSC_0231(2)(1)

こんな感じで自分で気に入った料理を盛るスタイルなんですね。なので料理名とかわからなくても大丈夫!!気になった料理自分でとればいい、それだけ!!そして店員さんのユニフォームがヨーロッパ的で旅行者ウケ間違いない笑



DSC_0232(1)(1)

しかも安いんですよ。これ全部で5.35ユーロ!




_20160522_000101(1)

店の雰囲気もいい感じだし。



_20160522_000051(1)

この店は旅行終わってこれ書いてる今(2017年8月)現在、思い返してみてもトップレベルで大当たりな店でしたm(_|_)m

あ、あとちなみにこの店は本来バーみたいなのでアルコールも飲めますのでm(_|_)m



DSC_0259(1)(1)

その後は旧市街に戻ります。その途中の広場でみんな絵を描いてた。



DSC_0260(2)(1)

ヨーロピアンなほのぼの風景。



DSC_0275(1)(1)

なんか観光船っぽいのきた。



_20160522_000116(1)

旧市街の手前のどデカイ広場。何のモニュメントなんじゃろ?



DSC_0228(2)(1)

儀仗兵常駐。



DSC_0224(2)(1)

その儀仗兵の前ではバイク乗りたちがダブルでお祝い。



DSC_0226(1)(2)

いえーい。


DSC_0229(1)(1)

これはたしか宿のお姉さまにオススメされたレストラン。すしバー・・・。



DSC_0285(2)(1)

路面電車にはなんか共産時代の名残が残ってますな。



で、お次は上の写真の奥の方に見える建物、これ中央市場なんです。ここにいきますm(_|_)m



DSC_0276(1)(1)

こんな建物がたくさん並んでますm(_|_)m
この丸い建物、なんと大昔の飛行船ツェッペリン号の格納庫をそのまま使ってるそうな!乗り物好きとしては売ってるものよりこの建築に興味がある笑



DSC_0279(2)(1)

でもそこは北欧、売ってるものもなんか小綺麗な。



DSC_0280(2)(1)

てか、安い。とても安い。みてくださいよ、チーズがキロで600円とかですよ。



DSC_0278(1)

場外に出てみると野菜が売ってたり。



DSC_0277(2)(1)

オレンジ!


DSC_0283(2)(1)

にしても快晴。



DSC_0284(2)(1)

ちなみに人がほとんど写っていないのは、写真とってたらメチャクチャキレられて、その後は半ば隠し撮り状態で撮ったから。北欧はモノは綺麗なのに、ヒトはノリがないから何だかな・・・。て思った瞬間。




DSC_0281(1)(1)

ちなみに場内に衝撃的に安い惣菜パン屋を発見。上の写真、15円くらいからパン売ってるし。



DSC_0282(1)(1)

ピザ1枚80円くらい!!!
もち今宵の夕食のために買い込みましたとも。




















市場で夕食を買い込んだ、て書きましたけど、あんなに青い空なのに実はもう18時くらいなんですよ!北欧の初夏、恐るべしですわ。もうすぐ白夜の季節だし。



てことで宿に帰って惣菜パンとビールで夕食を食べ、20時くらいから再出発!!!



今日はですね、なんとナイトミュージアムデイなんですよ!!



日本では映画のナイトミュージアムのイメージが先行してしまって、なんかよく分からないイベントみたいになってますが、



本来はこういう日の長い夏場に時間を有効に使ってもらうため、夜にミュージアムを無料開放する日なんです。しかもヨーロッパ中の博物館で一斉にです。だから今夜は街中の博物館入り放題!!!!



てことで日中よりも気合いを入れて観光しまくりますm(_|_)m



DSC_0343(1)(2)

20時に再出発したけど、まだこんなに明るい。



_20160521_235056(1)

とりあえず1発目、長蛇の列を見つけたので最初のうちに並んでおこうと、ここに入る事に。



DSC_0288(1)

中に入るとなんと、市議会でした。てかナイトミュージアムデイって、こんなのも公開するのか。



_20160521_235304(1)

ここは会議室かな?



_20160521_235442(1)

議事堂に教会。
他国の政治には口出すくせに、欧米の政教分離もへったくれもないこういう感じ、ほんと素晴らしい。



DSC_0303(2)(1)

こういう自分大好きな感じも素晴らしい。



DSC_0302(1)(1)

とても偉そうww




_20160521_235327(1)

市長の執務室も見学可。



_20160521_235317(1)

市長はmac使い。



DSC_0297(2)(1)

防災メット。日本と同じく、パフォーマンスは重要ですわ。



_20160521_235339(1)

で、リガの街の象徴は猫ということで市庁舎で猫を飼っているみたいで。



DSC_0300(2)(1)




DSC_0299(1)(1)

市長の席でくつろいでますわ。



DSC_0290(2)(1)

市庁舎のテラスから広場をみると、なにやらイベントやってる。


DSC_0291(1)(1)

こちらはカラオケ大会。



DSC_0293(1)(1)

こちらは、なんとまさかのスポーツチャンバラ体験会www



DSC_0322(2)(1)

日本でも超マイナーなのに、こんなところで出会えるとは笑





このプロレスのリングみたいなところでしばらくスポーツチャンバラ眺めてたら、ワラワラと人が集まってきて・・・



DSC_0317(1)(1)

ファイヤーダンスが始まる!



_20160521_235201(1)

東南アジアのファイヤーダンスみたいなのじゃなくて、音楽とシンクロしたかなりショーアップされた内容。



DSC_0311(2)(1)

炎をブンブン回します。


 
DSC_0310(1)(1)

手前側の長髪の男性、このあと髪に火がついて観客&演者一同騒然となるw



DSC_0314(1)(1)

いつもより多く回っております。



DSC_0315(1)(1)

タイマツ大火災。



DSC_0319(2)(1)



_20160521_235123(1)

アップでも撮ってみたら意外とカッコイイ写真が撮れてしまった。
炎の写真て、絵になるかも。



_20160521_235241(1)

ファイヤーダンスを見た後は広場をブラブラ。



DSC_0306(2)(1)

うん、とても健康に悪そう。



DSC_0274(1)

これはヨーロッパ中の旧市街でよくみかけた、サイクルバー。自転車動力で移動する移動式バー。飲んだ分は今消費する、まさに自転車操業。
てかバーが移動する必要性もわからんし、漕ぎながら飲まなきゃならん理由もわからん。
こういう欧米のインパクト一発勝負の謎な発想もとても素晴らしい。



DSC_0338(1)(1)

広場で冷めた感じでブラブラするのはやめて、本来のミュージアムめぐりに復帰!
たしかここはリガの街で一番の博物館なのだけど、ご覧の通り、長蛇の列すぎて断念。。。



DSC_0324(2)(1)

てことで並ばなくても入れる写真ミュージアムに。



DSC_0325(1)(1)

写真というかカメラの博物館。



DSC_0326(2)(1)
DSC_0328(2)(1)

007なんかでよく出てくる、スパイカメラはなんとラトヴィア発祥なんだとな!さすが旧ソ連。





次はコンテンポラリーミュージアムに。現代美術のミュージアムですm(_|_)m



DSC_0329(2)(1)

メタリック!



DSC_0332(1)(1)

くねってる!



_20160521_235017(1)

にょろにょろ。



_20160521_235027(1)

現代美術にはつきもの、にょろにょろ動く生身の人間。



_20160521_235006(1)

夜だから照明がいい感じだったのですが、このブログは動画をアップロードできないのが難点・・・。












DSC_0340(1)(1)

そしてラストは、絵画の博物館にm(_|_)m



DSC_0342(1)

こちらは常設展じゃなくて、ミュージアム内の特別展だけの公開。まあ無料だから仕方ないか。






_20160521_235500(1)

で、帰り際に流行りのプロジェクションマッピングを眺めて・・・



DSC_0287(1)(1)

午前1時くらいに宿に帰宅m(_|_)m



ちなみにナイトミュージアムデイは朝4時の夜明けまで続くそうです笑



















てかね、このナイトミュージアムデイ、



絶対日本でもやるべきだと思うんですよ!



街じゅうの博物館が全館無料になる、このインパクトはほんとに半端ないです。



博物館が主役になれる、お祭りなんですよ。



普段博物館に行かない人にアピール力絶大だし、外国人にも宣伝になる。



というか無料で開放するという心意気ですよね。



博物館美術館は本来、文化教育施設だから、お金取るようではいけないはずなんですよ。



その文化教育という本来の使命を体現できる唯一の機会だと思うんです。



ですからね、上野とか博物館が密集してる地域、是非ともヨーロッパのこのムーブメントに呼応して



ナイトミュージアムデイ開催してもらいたいものですm(_|_)m







【本日の宿】

image

DSC_0028_3(1)(1)

DSC_0029_5(1)(1)

DSC_0030_9(1)

DSC_0031_8(1)

ツリーハウスホステル  12人ドミ:12.5ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無
キッチン:有
ホットシャワー
場所はスクショ画像、赤ピンのところ


街の中心となる広場のほんとにすぐそば。立地最高。でもそれ以上に内装が本当にかわいいかったのが印象的。北欧女子が手作りで作り上げた宿って感じ。完全女子向き。ワイはそんな宿に男一人で2泊。どんな男でもゲイっぽくなってしまう、それがバルト三国。








この日は昨日宿で知り合った日本人の不動産屋さんと世界遺産の教会遺跡を見に行くことに!
その前にここタリンの旧市街は、旧市街自体が世界遺産だということを知り、


DSC_0157(1)(1)

てことで5月20日はタリンの街歩きからスタート!!
めっちゃメルヘンな街やのう(´Д`)



DSC_0156(1)(1)

とにかくとにかく天気が良い!!そしてそのおかげで北欧なのに30度超え笑




_20160521_012802(1)

逆光きつい汗



_20160521_012751(1)

街を抜けてショッピングセンター地下のバスターミナルからバスに乗り、20分くらい揺られたら目的地の教会の遺跡にm(_|_)m ちなみに教会の名前は全く覚えてないm(_|_)m



DSC_0170(1)(2)

屋根が無い!マカオとかマラッカとかにもこういう教会あったけど、木造の屋根が焼け落ちたりするとこうなるそうな。



_20160521_012737(1)

中から。歴史を感じますなぁ。



_20160521_012651(1)

石な感じ。ヨーロッパ的。



_20160521_012701(1)

遺跡な感じ。聖堂周りは2階建だったのかな?



_20160521_012711(1)

こういう石の遺跡は日本にはほとんど無いっすよね。



DSC_0166(2)(1)

確かこの教会は修道院だったはず。



DSC_0165(2)(1)

修道院跡。



DSC_0169(2)(1)

たしか男女が同居する、とても珍しい修道院だったそうな。同居すると言っても男女別学的な、別の建物で生活してお互いに会話することは無かったそうだけど。



_20160521_012725(1)

でもどうしても所用で直接話さなきゃならない時、この地下部分で顔合わせて話すことができた・・・てことだったはず笑



DSC_0164(2)(1)

遺跡に咲く花。ほえー。



DSC_0162(2)(1)

墓地もいい感じ。てか少し墓石が埋まっちゃってない?



DSC_0160(1)(1)

のんびりした墓地ですなぁ。



DSC_0174(2)(1)

初夏なので花も咲き誇ってますわ。



教会の遺跡を見学したあとは、不動産屋さんとは別れてワイは海洋博物館を目指すことにm(_|_)m



バスで街まで戻って、今度は歩いて海岸線を目指します。



DSC_0176(1)(2)

途中でこんなカワイげな路面電車発見。
この街は他の観光地みたいな強い自己主張もなく、都市みたいなギラギラした感じもなく、ほんとほのぼのしてる。



DSC_0216(3)(1)

郊外もこんな感じですよ。北欧って感じ。綺麗。てかアドバルーン。



DSC_0217(1)

でもでもでも、海洋博物館に着く直前、なんか不穏な場所を発見する・・・。



DSC_0177(1)(1)

何これ何これ、ガラスも結構割れてるし、廃墟?



DSC_0178(1)(1)

10m先カフェとか書いてるし、みすぼらしい小屋に爺さんがいてチケット売ってて、どうやら観光地らしい。。。



_20160521_012639(1)

で、ワイは廃墟好きでもあるのでもちろん入場。
入ってすぐ、上の写真の左下の入り口から中に入り・・・・・で、いきなりですよ。
↓↓



_20160521_012611(1)

まじかよ。





















処刑台じゃねえかよ泣




















悲惨な場所の遺跡とかは見てきたけど、ノー予備知識でこんなもの見せられた時の衝撃は、半端じゃ無いですよ。



もう一瞬で足がガクガクなるほど怖くなる。



_20160521_012550(1)

なんか不気味な階段とかあるし・・・とりあえず昇ってみますよ。。。



で、




_20160521_012517(1)

ひぇぇぇえええーーーー(´;ω;`)




_20160521_012507(1)

廃刑務所ってだけで偏差値60はゆうに超えるB級スポットなのに、病院併設とかもうフルコースではないか(´;ω;`)(´;ω;`)



image

なんかこんな頭おかしいウォールアートあるし・・・



_20160521_012454(1)

独居房は不気味だし・・・



_20160521_012434(1)

書庫は荒らされてるし・・・



_20160521_012527(1)

書庫じゃなくても荒らされてるし・・・



image

しかも昔懐かしのタイプライターあるし・・・(ちなみにワイの前職では現役だったw)



_20160521_012600(1)

階段は檻で囲われてるし・・・



_20160521_012538(1)

この独居房は小綺麗。



_20160521_012445(1)

でも窓は檻つき。ちなみに外は絶壁からの海。オーシャンビュー。



image

中庭に出てみたらこんな感じ。監視台。



image

こんなところにトランプ支持者。




















で、次は本当の目的地、お隣の海洋博物館に行きますm(_|_)m



image

おお、潜水艦!旧ソ連製かな?期待が膨らむ。



image

中も見学できるので、いざ乗り込みます!



image

狭い。旧ソ連臭は全く無い。てかどういうのが旧ソ連の特徴なのか全くわからない。



image

魚雷発射口の横に寝台。魚雷と共におネンネ。




image

軍艦についてる高射砲かな?



DSC_0194(1)(1)

もういっちょ。



image

てか戦車。ここ海洋博物館じゃないの?



DSC_0212(1)(1)

外にも展示スペースがございまして。



DSC_0214(2)(1)

何の船じゃろ?



DSC_0215(1)(1)

とりあえず乗れる船が多いので片っ端から乗ってみる。



image

これは係留中。



_20160521_012338(1)

ヨット。



_20160521_012325(1)



image


image

最後はこいつに乗ります。こいつだけまともに解説がありましたm(_|_)m



image

その昔、エストニア〜フィンランド間が氷で閉ざされた際に、氷をかち割ってヘルシンキまでのルートを確保した砕氷船だそうな。



_20160521_012352(1)

クルーの寝室。



_20160521_012403(1)

キャプテンの部屋かな?



_20160521_012416(1)

エンジンルーム。



image

で、甲板に出てみたらさっきの廃刑務所が。




DSC_0202(1)(1)

反対側には豪華クルーズ船が。廃刑務所と真逆。




















と、いう感じでエストニアはタリンの街を堪能いたしまして、



まさかまさか今宵の宿が全く取れずに次の街、ラトビアの首都リガでしか宿が取れず、



急遽バスに乗って移動することに。 



5月20日は野々村県議並みに元気いっぱいに活動したということで 、このブログ初の2部制ですm(_|_)m




てことで前編終わりm(_|_)m








 

リアルタイムは10月28日、アルゼンチンのウシュアイア!世界最南端の都市!!



パタゴニア周遊最後の街なんだけど、もう物価が高くて高くて泣



このままだとパタゴニアが嫌いになってしまう!ということで



ウシュアイアはまだ不完全燃焼ですが、パタゴニアを離れることにしましたm(_|_)m



明日飛行機でブエノスアイレスまでひとっ飛びします!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



5月18日は朝起きてすぐ移動。なんで街から遠いモーテルなんぞに泊まってなきゃならんのだよ、と。中心部の宿に移動しますm(_|_)m 



DSC_0015_7(1)
宿近くのバス停の前。フィンランドって、こういう何でもないところのセンスが良くてかっこ良いですなぁ。



で、来たバスに乗り込んでみてびっくり。運賃なんと3.2ユーロ。実に400円近く。北欧のデザインは好きでも物価高な経済体質は大嫌い。



街の中心部に着き、そこから少し歩いて今宵の宿、HOSTEL DIANA PARKへ到着。



DSC_0120(1)

 



まだ10時過ぎだったのに、運良く掃除が終わったベッドがあったのですぐにチェックイン完了。



そしてこのホステルのビルを見まわしてみてびっくり笑



_20160518_173358
口の字型の建物なので、向こうの建物もこのホステルと同じ建物なのですが・・・よーく見てみると・・・



_20160518_173425

DSC_0074
ん、オカルト系の記事なんかで見たことあるようなマーク・・・



宿の入り口をもう一度見てみると・・・



_20160520_064218
 ここ、完全にフリーメイソンの建物www




















あとで調べてみてわかったんですが、



フリーメイソンって日本では世界を裏で牛耳る秘密結社みたいなイメージが付いちゃってますが、



実際にはロータリークラブやライオンズクラブみたいな友愛サークルで、その慈善事業としてこういうホステルを経営することもあるそうな。



そいやワイも昔、香港でジョッキークラブが経営するユースに泊まったことあるし(ワイ史上最悪のホステル)、その後これ書いてる10月の時点で、ヘルシンキ以外に2つもフリーメイソン経営の宿に泊まってます笑



フリーメイソンて、意外と旅人には身近な存在かもしれません笑




















宿の建物の偵察を終えた後は、ヘルシンキの街を観光せねば!ということでまずはカンピ礼拝堂へ。



DSC_0077
おおぉぉ・・・すげぇ・・・。これ礼拝堂か・・・



中はこんな感じ↓↓
DSC_0075(1)
 何もない。でも綺麗。純粋に木を感じられる礼拝堂。装飾なんて、本来信仰には何の意味ももたらさないですからね。素晴らしい。



_20160518_173458
広角レンズじゃないので同じ位置から縦の写真も・・・収容人数は少ない狭い礼拝堂ですが、天井が高くて、すーっと力が抜けてく感じ。木造でシンプルなデザインが人間には一番合ってるのかな。。。




















次も教会に行きます。次のテンペリアウキオ教会も自然に根ざしたキリスト教会てことで、さっきのカンピ礼拝堂とコンセプト的には同じなんですが・・・今度は・・・



DSC_0079
THE 岩 。



DSC_0081
岩。



DSC_0083(1)
岩。



フィンランド人って、すっごく良いと思う。 笑。 




















その後は、シベリウス公園へ。フィンランドが誇る作曲家、シベリウスの名を冠した公園!!



でもその道中もなんだか良い感じ。



 _20160518_173527
東欧からずーっと見慣れた無機質なアパート群だけど、フィンランドのはなんか良い。



DSC_0087
派手な装飾とかしてるわけじゃないから、オシャレってことでは無いと思うんですね。純粋に綺麗なんだと思う。



DSC_0078(1)
この車はオシャレ笑



DSC_0085
この車はバンザーイ。



DSC_0088
ヨットハーバーとか、、、



DSC_0089(1)
ヨットハーバーの入り江に張り出したカフェ。かもめ食堂みたい。映画見てないけど笑




















そんなこんなでシベリウス公園到着!



DSC_0091
パイプオルガンみたいな、謎のオブジェ・・・。右のはシベリウスさんの顔の像を横から。



シベリウスさん、相当気難しいひとだったらしく・・・



なのでこんなお顔の像になりました↓↓



DSC_0090
おこ。



てか、気難しい人だったからって、こんなお顔にしてしまうとは、なんというかリスペクトが足りないような笑



















DSC_0092(1)
次は白い議事堂を横目に見ながら・・・



DSC_0117
この渡し舟に乗って世界遺産「スオメンリンナ要塞」へ向かいます。



DSC_0094(1)
渡し舟からの風景・・・バルト海クルーズの大型客船・・・セレブ旅羨ましいですのう(´;ω;`) 



DSC_0096
スオメンリンナ島以外にも、なんか良い感じの島が!



DSC_0097
 小島に住む生活ってどうなんだろう。



DSC_0098(1)
スオメンリンナ島に近づいてきました!



DSC_0103(1)
到着!日本以外でこんな世界遺産押しな観光地、初めて笑



DSC_0104
白鳥?違うか笑



DSC_0105
フィンランド軍の昔の潜水艦とな。たまたまこの日がフィンランドの何かの記念日で、いつもは有料なのに無料公開してましたm(_|_)m



DSC_0106
やっぱ要塞島ですなぁ。



DSC_0109
ちなみにこの日、めちゃくちゃ暑かったです。フィンランドだからって夏も涼しい訳じゃないんすね。
半袖でも汗がダラダラ流れてくる。30度超えてたんじゃないかと。



DSC_0110
要塞跡には定番ですね。



DSC_0111
うおー暑い。



DSC_0112(1)
まだ大砲ある。



DSC_0113
他の国の要塞跡と違ってフィンランドの要塞跡が良いのは、大砲がかなり綺麗に保存されてること笑 廃墟みたいになってない笑



DSC_0115(1)
たしか郵便局?だったような。意外にもこの島、今は人が住んでました。



 





こんな感じで世界遺産旅終了。



また渡し舟でヘルシンキへ戻り、さらに歩いてスーパーに立ち寄り、お惣菜を買って宿へ。



宿に帰ってみるとキッチンが超絶大混雑。



それもそのはず、ここフィンランドは世界トップレベルで物価が高い。



海外旅行って、お金持ち先進国の国民の嗜みなはずなんだけど、ここフィンランドはその金持ち先進国より物価が高い。つまり、ワイも含めてお金持ち先進国出身でも、この国では貧乏www



なのでみんな自炊笑 ひもじいんです笑



 夜10時を超えてもまだ明るいなか夕食を食べ、明日フィンランドを脱出することを心に決めて、今日はおしまい。m(_|_)m




【今日の宿】
DSC_0017_3(1)
DSC_0016_2(1)
image

HOSTEL DIANA PARK   5人ドミ:31ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無(オイルヒーター有)
キッチン:有
ホットシャワー
場所:赤ピン


フリーメイソンのお宿笑


旅で出会った日本人から、「宿の場所を書かない旅人ブログは最悪だ」と断罪されてしまったので、今日から宿の場所を載せるようにします笑。地図のスクショですが。



 

ひさびさにリアルタイムと同じ時間に記事あげますm(_|_)m



というのも、いまチリのパイネ国立公園にいるのですが、他の旅人さん弾丸でトーレスドパイネを見に行ってて、詳細な情報があまりあがってなかったんですね……。



今はパイネ国立公園のシーズンの始まりだし、これから数ヶ月で訪れるかたもたくさんいらっしゃるとおもうので、ツーリストインフォメーション行って、詳細な情報を聞いて参りました!



てことでお金の情報メインですが、報告いたします……m(_|_)m (投稿日時は4月になってますが、2016年10月22日現在の情報です)











image

インフォメーションで配ってる、今シーズンのパイネ国立公園でかかる料金表です。



ちゃんとしたスキャンじゃなくて申し訳ないですが……。



写真じゃ見づらいと思いますので、まとめますm(_|_)m









【プエルトナタレス~パイネ国立公園間のバス】

運賃: 往復15,000ペソ

往路:
第1便 プエルトナタレス7時30分発ーアルマガ湖10時00分着ープデート11時00分着
第2便 プエルトナタレス14時30分発ーアルマガ湖16時30分着ープデート17時30分着

復路:
第1便 プデート14時00分発ーアルマガ湖14時30分発ープエルトナタレス16時00分着
第2便 プデート19時00分発ーアルマガ湖20時00分発ープエルトナタレス22時00分着








【国立公園入域料】

21,000ペソ

ローシーズン(5月から9月)は11,000ペソ。しかし年々値上げしているので来年の料金はまだわかりません。








【アルマガ湖~ラストーレスまでの乗り継ぎバス】

料金: 片道3,000ペソ

プエルトナタレスからのバスに合わせて発着。








【プデート~パイネグランデ間のカタマラン】

料金: 往復28,000ペソ 片道18,000ペソ

所要時間: 30分

プデート9時00分発 パイネグランデ9時35分発(2016年11月1日~2017年3月31日)
プデート11時00分発 パイネグランデ11時35分発(2016年9月1日ー2017年4月30日)
プデート14時00分発 パイネグランデ14時35分発(2016年12月1日ー2017年2月28日)
プデート16時15分発 パイネグランデ17時00分発(2016年12月1日ー2017年3月31日)
プデート18時00分発 パイネグランデ18時35分発(2016年9月1日ー2017年4月30日)

最大で一日5便てことですねm(_|_)m







image




【無料キャンプサイト】

Torresキャンプサイト……トーレスデルパイネを見に行くコースにあるキャンプサイト

Pasoキャンプサイト……グレイ氷河を見に行くコースにあるキャンプサイト。Wコース外なのであまり利用する人はいないかも。

Italianoキャンプサイト……フランセス谷を見に行くコースにあるキャンプサイト。しかしこのキャンプサイトから展望台まで往復5時間かかる。

無料キャンプサイトでも予約が必要です。
パイネ国立公園webサイトから予約し、プリントアウトが必要ですm(_|_)m








【オススメ天気予報サイト】
09

windguru

英語のサイトですが雲の濃さから風速まで網羅しています!もともとはサーファー向けのサイトみたいなんですが、いろいろな山も登録されているのでトレッキングにも使えます!

注目すべきは雲の量。「Cloud cover」なんですが、これが高層雲、中層雲、低層雲と分かれていることなんです。

低層雲が多い時は、山なので霧か雨になっているかもしれません。

逆に高層雲だけ多い時は、天気予報上では雲ってても山の頂上まで綺麗に見渡せる可能性大です。

このサイト、アルゼンチンのフィッツロイに行った時に国立公園事務所で教えてもらったのですが、見事大当たり!雲ひとつ無い快晴の中、ご来光を拝むことができました!!

バックパッカーがトレッキングする時は装備が乏しい状態で登ることが多いと思うので、このサイトを見て、「絶対にコンディションが良い」と思える日に登ることを強くオススメします!!

(ワイが出会った旅人さんでは、ウェザーチャンネルなど一般的なサイトでは晴れとなってたのに、いざ登ったら超強風でやばかったそうです・・・)

























と、いうことで値段計算すると、
バス代往復15,000 + 入域料21,000 + 乗り継ぎバス代往復6,000 = 42,000ペソ もするのか・・・。



ちなみに昨日パイネ国立公園1日ツアーの値段も調べてきたのですが、
最安が ツアー代27,000 + 入域料 21,000 = 48,000ペソ・・・。



自分で行ってもツアーで回っても大して値段が変わらん・・・。



自分で行けば国立公園内を自由にトレッキングできる。



ツアーで行けば、トレッキングでは数日かかる見どころを、一気に制覇できる。



うーん、どこに価値があるかは人それぞれですな。










あ、国立公園のフリーマップに高低表がありました笑



image




ラストーレスからトーレスデルパイネ行こうとすると、まず一気に登って、次にグズグズ上がったり下がったりして、最後にまた一気に登るんですな。



いやー、きつそう笑




リアルタイムは10月10日、体育の日!アルゼンチンはブエノスアイレスですm(_|_)m



ここアルゼンチンも今日は祝日で休みなんだけど、祝日ってことでほとんどの店が開いておらず。。。



パスタが余ってたからよかったけど、危うく飯抜きになるところでしたわ・・・(;´Д`) 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



4月20日はローマ市内を観光する日!



ローマといえば世界最大級に見るべきところが沢山ある観光都市!なので今日は朝早いです笑 なんと朝7時から観光開始。



まずは地下鉄に乗って移動・・・



DSC_0019_10
・・・。うーむ、なかなかにファンシーな地下鉄。



で、着いた先はコロッセオ!!!



しかし!例のごとく写真は無くなってしまったので、google画像検索の写真でお楽しみくださいm(_|_)m
google画像検索「コロッセオ」 



DSC_0021_11
奇跡的に1枚だけ前にあった門を携帯でとってました!



と、いうことで入場しようかとゲートに向かってみたはいいものの・・・



とんでもない数の人、人、人。。。



数十人待ちとかそういうレベルではありません。数千人待ち。外から見ただけでもコロッセオ内が人で埋め尽くされてるのがわかる。これじゃ入れん。



「この調子じゃ他の史跡も人ばっかだろうし、早く動かないとやばい!」と思い、早々にコロッセオは諦めですm(_|_)m



DSC_0020_11
 コロッセオから歩いてる途中で遭遇した人混み。本場のパパラッチが有名人を追いかけまわしてる笑



DSC_0022_10
次のトレビの泉に向かう途中に見つけた遺跡。名前はわからん。



DSC_0023_11
 ここも有名な建物のはずなんだけど、名前はわからず・・・。いやー、快晴!!



そんなこんなでトレビの泉に到着!



が!



やはりここも人、人、人。。。



DSC_0024_11
頑張って頑張り抜いて、人があまり映らないように撮った写真。



うーん、全体像とかの写真が全部無くなってしまったのが悔やまれる・・・てことでまたgoogle画像検索ですm(_|_)m
google画像検索「トレビの泉」



このトレビの泉、最近大改修を終えて再公開されたばかりなんだそうな。



だから特に人が多かったのかもしれないけど、それ以外にも・・・



うんまあ、上のリンク見てわかると思いますが、とてもとても綺麗になったんです。



でもハンパない作り物感www 昔のものの趣とかは皆無。なんかディスニーランドとかにありそう、って思ってしまいましたわ笑



こんな感じで人混みだらけで大したことなかったトレビの泉もサッサと離れて、次はローマにあるフットボールクラブチーム ASローマのファンショップ(オフィシャルグッズショップ)に行きますm(_|_)m



場所はほんとトレビの泉のすぐ近く。でも詳しい場所はもう半年も前のことなので忘れてしまいましたwww まあ、ネットでASローマのサイト見れば詳しい住所でてるので、ググっていただければすぐ場所わかると思いますm(_|_)m



DSC_0028_7
 と、いうことでASローマ ファンショップ到着。雑居ビルの1・2階、結構街に溶け込んでしまってるので一度通り過ぎてしまいましたわww



中にはこんなの↓↓があったり・・・
DSC_0027_10



歴代のスター選手のシャツが飾られてたり
DSC_0025_10

DSC_0026_9



ここでワイはサッカー好きの兄へのお土産で、ローマのスカーフを購入。



以外と安くて2500円くらい?ヨーロッパの有名クラブの公式グッズだから、ぼったくられるのかと思いきや、そんなに高くなかった!




















次に移動したのはパンテオン。



ここはとにかく広くてデカイ。



なんでも世界最強のコンクリート製建造物なんだそうな。



へー。



でも写真は無くなってしまってるので、またもgoogleさんに頼りますm(_|_)m
google画像検索「パンテオン」














まだ訪れるところは沢山あるのでサクサク回りますm(_|_)m 



次はサンタンドレア デラ ヴァッレ教会へ!



この教会、ガイドブックとかには小さく載ってる程度の、全然有名じゃ無い教会なのですが、



先日ウィーンで見たオペラ「トスカ」に出てくる教会なんです!



ワイ、ミーハーなんでもちろん行ってきましたとも笑



写真無くなってしまってるんで、またgoogleですm(_|_)m
google画像検索「サンタンドレア デラ ヴァッレ教会」



てか上のリンク見てくださいよ!なにこの綺麗な教会!!!!



しかもこの教会、有名じゃ無いので観光客がほぼ皆無!!!



地元のオバちゃんが休憩してたり、のほほーんとした空気!



これですよ!教会とかお寺は本来こうあるべきなんですよ!!!



てことでワイもすかさず1時間くらいボーッと笑



奇跡的に1枚だけ携帯で写真撮ってましたm(_|_)m
DSC_0029_7



やばいやばい、すんげー綺麗。正直教会に飽きてきてしまってたけど、この教会は本当に気に入りました。



もしローマ行く方いらっしゃいましたら、是非とも行ってほしいですm(_|_)m


















さっきのサンタンドレア デラ ヴァッレ教会に予想外に長居してしまったので、もう14時くらい。急いで昼飯たべます。



なんでもカルボナーラはローマ発祥らしく、もちろんカルボナーラを食べに行きます。



本当はその元祖カルボナーラの店に行こうかと思ってたんだけど、なんとなく貧乏バックパッカーが入れそうな雰囲気ではなかったので断念。仕方なく別の店に入りました。



でもこの店、大当たり。



DSC_0030_8
見ての通り、フライパンでそのまま提供する庶民派の店。でもモチモチしたパスタがすごく美味しい!
(ちなみに少しだけ写り込んでる一眼カメラは、後日盗られたやつ泣)



ソースも言わずもがな、絶品。あとで調べたらローマの観光地のまとめサイトとかでも紹介されてる有名店でした!



いい情報は共有しなきゃならん、ということで、このブログで初めて店の情報を上げます笑


RISTOCHICCO
add: Roma - Borgo Pio 186
open: 12:00-15:00, 19:00-23:00
tel: 0039 06 68308360
web: www.ristochicco.it
e-mail: info@ristochicco.it

















いい店で満腹になり、いい気分になった後は、この旅行の一つの目的地を目指します!



どこかというと、バチカン!ローマの中心地!すべての道はローマに通ず!ということで、ワイのシルクロード旅の終着点です!!!



バチカンは一応バチカン市国という独立国。



世界一周第1弾では最後の陸路国境越えをします。


image
 



で・・・着きました・・・



どーん!
DSC_0032_9
 


サン・ピエトロ広場!パノラマ写真のせいでかえって分かりづらい!!笑



まあ、終着点なので一応記念写真ですよ。



image
©高須クリニック



広場をぶらぶらした後は中へ。サンピエトロ大聖堂へ。



ここも例にもれず、人で埋め尽くされてるんだけど、団体客を後回しにして個人客を優先させるという、謎の入場システムによりほぼ並ばずに入場成功笑



団体客さん、十字架が先導してて、ほんと巡礼客なんだなーと。なんだかんだで信仰心というもの自体は素晴らしいですよ。文化そのものです。



入場してみたらあらびっくり、とんでもなく広い。



DSC_0034_6



ダヴィンチコードも読んでないし、絵画や彫刻に関する知識もほとんど無いから、どこが見所か全くわからん。



なので周りの観光客が写真撮ってるところを、ワイも合わせて撮っていく始末ww



DSC_0035_5
バシャバシャ撮りまくってこの大聖堂だけで100枚近くいったのだけど、残念ながら一眼で撮ったやつは全部無くなってしまったのですねー・・・。



DSC_0036_6
てかバチカンにはミケランジェロやダヴィンチ、ラファエロの作品もあったそうな!



それくらいなら知識ほぼなしのワイでも名前くらいは知ってる!あああーーー、ちゃんと調べてからいけばよかった・・・。m(._.;)m



DSC_0037_8
バチカンの、絶対に笑わない衛兵。こういうどうでもいい知識に限ってなんでワイは知ってたんじゃろ・・・。秋葉カンペーさん的なことして笑かしたかったww














そしてバチカン市国を後にして、ワイが向かったのはサンタンジェロ城。



これもトスカに出てきた場所だから行ってみたのだけど、外観が超絶カッコいい!!!



とは言ってもgoogle様に頼らなくちゃいけないのですが。
google画像検索「サンタンジェロ城」 



ななな何このドラクエ的なお城、まじで男心をくすぐられますm(_|_)m



しかし朝7時から動き続けていたワイ、ここいらで尽き果てます・・・。



入場して中を見学するつもりだったのだけど、お城前の橋の近くがいい感じの公園になってて、



ベンチでぐったり・・・。



まさかまさかの2時間ここで足止め笑



でもまあバスキングやストリートミュージシャンをずーっと眺めてたので、一応有意義な時間ではあったと自己弁護。















そんなこんなで2時間経って、次はローマのもう一つのクラブチーム、ラツィオのファンショップ(オフィシャルグッズショップ)へ!



DSC_0038_5
このチームのファンショップはASローマよりさらに街に溶け込んでる・・・てかファンショップてわからん笑



そんな感じで見つけづらい店なのですが、まあオフィシャルサイトに住所載ってるので、もし行きたい方いらっしゃいましたら、自分でググってみてください笑



ここのファンショップではポロシャツを購入m(_|_)m



以外に高く5000円くらい。ASローマより全然人気無いチームなのに、まさかのオフィシャルボッタクり価格・・・泣




















こんな感じでワイの世界1周第1弾、最後の観光は終了。地下鉄に乗って宿に帰ります。



宿に帰りつく前にスーパーでお土産調達。長旅してるのに、最後の国でしかまともなお土産買えないって悲しいですなあ・・・。



DSC_0041_5
DSC_0040_8

その後は宿の前のレストランで激安激ウマピザをビールで流し込み、最後の晩餐は終了! 



そして今日は宿には泊まらず、そのまま荷物をピックアップして、バスに乗りフィウミチーノ空港へ!




【今日の宿】
DSC_0042_4
ローマ フィウミチーノ空港  無料!

Wi-Fi:有
エアコン:有
24時間営業の売店:有ったきがする



で、この空港、最悪です。衝撃です。







・・・・・。












なぜならですよ。















なんと・・・














ホームレスが居着いてやがる。

















深夜も堂々とターミナル内をうろつきまくってます。



てかホームレスが居着いてるてことは、警察や警備員は全く機能していないということ。



こりゃ全く寝れん。



警備体制ができてないってことは、ホームレスだけじゃなく、泥棒さんも入り放題です。もう最悪です。



インドやキルギスとか、貧しい国の空港にも泊まったことあるけど、こんな状態の空港は本当に初めて。



空港って、どんな国でも唯一安全なとこなはずなのになんだよこの有様は・・・。



そんな感じで一睡もせずに翌朝を迎えましたとさ・・・泣













 

↑このページのトップヘ