ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

フィリピン

DSC_0003(3)


ついに1ヶ月間のフィリピン留学が終わりました。


感想としてはすっごく短く感じました。会社辞めてから出発までの2ヶ月間が人生最大級に長く感じていただけに、このスピード感はハンパなかった。



で、肝心な上達具合ですが、うーむ、まあ、聞き取りとかレスポンスは向上したような気はするけど・・・。






うん、まあ・・・






これだけははっきり言えます。






ワイ、まだまだ喋れるには遠く及ばず。





たった1ヶ月だけなので、元からスキルの向上は期待はしていなかったけど、英語話すのに慣れる、英語耳に慣れる、てのはできた気がします。



あくまで「慣れる」だけです。慣れるというより聞き取れなかった時の振る舞い方、話せないなりに知っている単語をつなげてなんとか会話する、という感じで、



どっちかというとサバイバル英語を身につけたような気がする笑笑笑



てか、この感じ、ほんと英語勉強する上では出発点ですよね。これからも、帰国後も勉強しようと思います。とりあえずモチベーションだけは上がった笑











次は学校について。ワイが行ったアンへレス市の学校に限るんですが、これからフィリピン留学考えてる方の助けになればと、とりあえず書き起こしときます。



DSC_0022
 この学校にお世話になりました。施設はきれいです。
バスケットボールのハーフコート、バドミントンコート、結局一度も使わなかったけど体育館やジム、ゴルフの打ちっ放しまであります!!!



DSC_0017
 ついでにスイミングプールもあります。夜はこんな感じで小綺麗にライトアップしちゃったり。



DSC_0003(2)

寮はこんな感じ。全寮制。寮の清潔度はルームメイトによるからあんまり評価はできないですね・・・。ちなみにワイのルームメイトの韓国人おっさんがすごく汚す人でした泣



前に学校の周りに何もないって書きましたが、観光地や繁華街が無いだけで、ショッピングモールはあります。



DSC_0027
こちらは学校から一番近かったモール。一般市民層向け。



DSC_0028
ちょっと離れたとこにあるSMモール。フィリピン全国に展開しているショッピングモールチェーンです。中産階級以上向け。











先生のレベルはそれなりに高いと思います。おそらくみんな大卒以上。訛りほぼゼロの完璧なアメリカ英語を使いこなしてました。



授業はもちろん全て英語です。文法の説明も英語。イディオムや、フレーズの細かいニュアンスの説明も全部英語。日本の英会話教室だとネイティブの先生でも日本語で教えてくれたりしちゃいますが、そういうのは一切なしです。



授業はリスニング、ボキャブラリー、リーディング、スピーキング、ライティング、グラマー。リスニングとスピーキングがあるけど、もちろん他の授業も英語で説明を聞いて、英語で質問したり答えなきゃいけないので全部リスニングとスピーキングの授業とも言える笑 



フィリピン留学の特徴としては、上記授業の半分以上がマンツーマンなことです。グループ授業だったら指名されても逃げることができますが、マンツーなら当然無理にでも答えなきゃなりません笑 まあ逆に良いように考えると、マンツーだと理解できずに置いてけぼりにされるようなことは絶対にありません笑
理解するまで教えてくれます。


てことで、出発前に学校の斡旋会社に言われた通り、基本的な文法と語彙は勉強してからじゃないとかなりきついです。授業の内容も、基礎的な文法の説明とかではなく、文法は知っていること前提で使い方の説明です。



例えば前置詞at on in の違いと使い方、
willとbe going to、mustとhave toなどの違いと使い方、
時制の違いと使い方などなど。。。



お受験英語じゃなく、完全に英語を使うための授業です。日本の英語教育の異常さを見せつけられた感じです。あー、ワイも昔からこういう授業が受けたかった泣



自習については、ワイは先生に恵まれたのか宿題を出されることは滅多にありませんでした。でも、予習復習は絶対に必要でした。なんたって内容を理解してないと先生との会話が成り立たなくなるからです・・・汗



ちなみにこの学校の経営者は韓国人。もともとフィリピン留学自体、韓国のお受験戦争で親が子供に強制的に英語の勉強させるために発展したんだそうな。この韓国での流行に日本人、台湾人が乗っかる感じでフィリピン留学は成り立ってます。



てことで生徒の比率は韓国人7割、日本人2割、台湾人1割といった感じ。でもこの比率は各国それぞれの休みの時期に比例するので、多分2月3月は日本の大学が休みだから、これから日本人比率が上がるそうです。



 留学行く前に調べた情報を総合したりして、
①施設が充実 ②先生のレベルは高い ③韓国経営で生徒も韓国人主体
というのはこの学校に限らずどこも共通していました。








ここからはネガティブな事も含めたワイの感想です。



まず、ここの学校は韓国から小学生のイングリッシュキャンプの受け入れもしている学校でした。小学生の団体がいるわけです。



授業は中学生以上と小学生とでは別なので、授業を受ける分にはなんの問題もなかったのですが、やっぱり躾がなってないガキも多いわけです。



食事がカオスになったり、日中はうるさくて自習できなかったり、多分気にする人はすごく気にすると思います。



多分現地の大学の英語コースに留学とかだと、キッズはいないのではないでしょうか。



次は食事。まあ、韓国人経営で生徒も韓国人主体であれば、当然韓国料理になります・・・笑



現地でも日清のカップラーメンやら日本のふりかけとかは買えるので、日本人の生徒さんはそういうのを買ってしのいでました笑



休日の過ごし方については、逆に何も無いアンへレス市だからこそ、毎週どこかに行く企画が持ち上がり、充実していたような気がします。



だけど、上のようなノリは嬉しいのだけれど、ゴルフ場まで併設してる充実した設備の学校は、バカンス感覚の人がいるのもまた然りです。(ワイのルームメイトの韓国おっさんがまさにそうでした)



本気でみっちり勉強したいと考えている人にとっては、上のようなノリやバカンス感覚の人はウザく感じてしまうと思います・・・。



あと、生徒の国比率について。どうやら、フィリピンの学校はワイの学校みたいに極東アジアの生徒中心のところと、タイ、ベトナム、ロシア中心のところがあるそうです。



後者の学校に勤めていたことがある先生によると、後者のほうが発音などに問題を抱える人が多いらしく、教えるのが大変なんだそうな。だから、一緒に授業することができないそうなんです。



でも、極東もタイ、ベトナム、ロシアも一緒に混ぜて授業をしている学校も少なからずあるみたいです。世界中に友達を作りたい、という人は、そういう学校のほうが向いているかもしれません。それに、極東アジア3カ国だけだと、どうしても出身国の人たち同士で固まってしまうと思います。いろんな国から少しずつ、のほうがそういうのは少ないかもしれませんし。














まあ、結論からいうと、ワイはフィリピン留学行ってよかったと思いました。また行きたいです。次は4ヶ月くらい行きたい笑













最後に、留学中に飲んだビール評笑




【飲んだビール】

DSC_0003(3)
サンミゲル ライト



美味しい。飲みやすい感じ。アルコールも軽い。(3%) 




DSC_0007(2)
サンミゲル ピルセン



美味しい。軽いけど、少し麦の味もします。日本人ウケはこっちの方が良かったです。
上のサンミゲル ライトの、ライトじゃないバージョン。こっちがノーマル。この写真はカンだけど、普通はイラストのようなビンに入ってます。


 

DSC_0010(1)
 レッドホース



不味い。ついに不味いビールに出会えました!!!!笑
後味悪い。喉にぬたぁーって残る感じ。軽くて飲みやすいんだけど、味が悪い。




DSC_0011
 サンミゲル レモン



先ほどのサンミゲル ライトにレモンフレーバーが加わったもの。ほのかにレモンのフレーバーとかではなく、がっつりレモン味です笑 どっちかというとビールというよりカクテルに近い笑 甘かったし。





今の所世界最悪ビールはレッドホースですな笑 

昨日はモール巡りをして散々でしたが、今日は午前中でマニラの名所巡りですm(_|_)m



7時に起きて、朝飯。そして、出発。



歩いて昨日のモール、グリーンベルトまで行き、そこのタクシースタンドでタクシーを捕まえます。



なんでわざわざ、モールまで?ってことですが、高級モールのスタンドにいるタクシーは、必ずメーターを使ってくれるんですね。流しを拾うと交渉が必要です。しかもメーターで行くより確実に高くつきます。なのでモールから出発した方が良いのですよm(_|_)m



P1240067

一か所目はサン・アグスティンチャーチ。世界遺産です。 



しかし結婚式があるみたいで、中は見れず・・・。でも外から少しだけ中を見ることができました。



P1240066
中は絢爛豪華。



P1240068
 結婚式のため、一時的に扉が閉められてしまいました。でも扉の装飾もすごい!



P1240069
花嫁さん到着。



P1240070
 入場!バージンロード!!



このあとまた扉が閉められちゃったので、外をブラブラ。



P1240071

 ユネスコ世界遺産の石碑も発見。



世界遺産には必ずユネスコが石碑を建ててるんです。



世界遺産に行っても、この建物が世界遺産かどうかってのは区別つかないことがあるので、石碑を写真に収めて世界遺産に行ったていう証明にしてる方も多いみたいです。 



P1240073

教会の周りはスペイン時代の建物が残ってたり、



P1240074
城壁がまだ残ってたり。



ちなみにこの城壁、写真のこちら側がう内側、トンネルくぐった先が外です。



トンネルをくぐると・・・



P1240075
なんとゴルフ場になってました笑



P1240076

これは砲台への入り口。でも肝心の砲台の写真を撮るの忘れた・・・。まあ、大砲も何にも残ってなかったから別にいいや。



砲台がここにあるってことは、この辺りが海岸線だったってことですね。こういうブラタモリ的な街巡りは非常に趣があって面白い笑



砲台の先、昔海であっただろうと思われるとこは真っ平らな公園になってます。その公園に続く道で・・・


P1240078

日の丸を発見!



P1240079
ここにも!



翌日調べたところ、どうやら天皇陛下が慰霊で訪れていたそうです。



こういう時期にワイが来たもんだから、タクシーの運ちゃんも嬉しそうだった笑



P1240080
で、通りを越えて公園に到着。



現地人ファミリーが沢山ピクニック的な感じでくつろいでました。



P1240081
馬鹿でかいフィリピン国旗。



この公園を超えると、現在の海岸線があります。コンテナターミナルも近いみたいで、コンテナドレーがガンガン走ってる・・・。



P1240082

インターエイシアのコンテナ発見。インターエイシアは日本ー東アジア間専門の日本の船社。なのでこのコンテナの中身は日本製品か、日本に輸出されるフィリピン製品ですね。



P1240083
海岸線は遊歩道になってました。何このフィリピンに似つかわしくない小綺麗な空間は!て思うかもしれまいけど、海はクッソ汚い。でも現地人は普通に泳いでる・・・& 用をたしている・・・笑



このあと宿に帰り、チェックアウト。またグリーンベルトに戻って昼飯。



P1240085
フィリピンでやたらよくみる中華ファストフード超群(Chow King)。



味は普通に不味かったですよ。フライドチキンの味がない。フライドライスもご飯に卵を絡めて炒めただけ。同じフィリピン発祥のファストフードチェーンJolibeeとは大違い。



グリーンベルトからバスターミナルへは電車で移動。



P1240086
東急世田谷線に非常によく似た車両。後で聞いた話、このマニラの電車はスリ置き引きだらけらしく、空いてる時間に乗れたワイが幸運だった模様・・・。



学校のあるアンへレスにはvictory linerという大手高速バスで。150ペソ。



P1240087
エアコン付き、wifiあり。しかし中国バス。



そんなこんなで学校へ帰り着き、マニラ旅行は終了。



まあ、感想ですが、昨日今日の記事みてわかる通り、マニラに見どころは非常に少ない。



モールなんて日本にあるモールの方がずっと立派で楽しいし、史跡も今日行ったとこくらいしかない。



だから日帰りで十分。てか今日の観光は3時間くらいで終わったし。



てか、マニラの治安は東アジア最悪なので、あの教会ひとつのためにわざわざマニラに訪れる価値はないと思います。他にも地方に行けば立派なカトリック教会あるし。



と、いうことで、コレジャナイ感満載だったマニラ旅でした・・・。 

出発してから上げた記事の題は、毎回【何日目】てのを記載してましたが、2月以降は数えるのがめんどくさくなるので方針変更です笑



その日の日付を【】に入れようと思いますm(_|_)m





















短期語学留学中、3回目の週末に一人でマニラへ旅行してきましたm(_|_)m



他の生徒さんはバタアンのビーチに行くとか、楽しそうな企画があったのですが、ワイはもうすぐ留学が終わる身、世界遺産も見なきゃいけないし、人に合わせるのではなく一人単独行動してきました笑







マニラに行く手段ですが、これは金曜に卒業した生徒さんがマニラ国際空港に行くので、それに便乗です。



しかし、一番早い便の人に合わせなきゃいけないので、なんと朝6時に学校を出発・・・。もちろん車の中では爆睡。



2時間半くらいでマニラ国際空港に着きました。今8時30分くらい。




でも、マニラ国際空港のターミナルはそれぞれがめちゃくちゃ離れている上に、街中にある空港なのでターミナル間の道もすごく渋滞する。結局全員降ろし終わったのは10時前という・・・。



そいや、マニラ国際空港・・・、世界トップクラスでムカつく空港として欧米の旅行サイトでボロクソにいわれているんですよ。まあ、当然ですわな。汚いし。



10時になって、ワイはモールオブアジアていう馬鹿でかいショッピングモールで降ろしてもらいました。



P1230057
でーん。



P1230058

 中はこんな感じ。



P1230060
外には提灯がぶら下がってたり。



このモール、もちろんフィリピン最大のモールですが、世界で5指に入るほどのデカさなんだそうな。



でもまあ・・・、見ての通り、ごくごく普通のショッピングモール・・・。



正直、昔ドバイで訪れたドバイモールの方が断然大きいし、施設も綺麗だし、名前負けしてる感がハンパない・・・笑



なんて説明すれば良いのかわからんのですが・・・庶民向けのショッピングモールがそのまま巨大になった感じなんですよ。



日本で言えばスーパーに付随してる専門店街が巨大になった感じ。



日本で庶民向けのモールといえば、AEON MALLがあるけど、このモールオブアジアはAEON MALLが大きくなったとかではありません。AEON MALLはすごく綺麗だし、施設として客を楽しませる努力をしてる。 AEON MALLが大きくなると、ドバイモールみたいになるんだと思う。



まあ、とにかく詰まらなかったわけですよ。



てことで昼飯を食べてソソクサと退散です。



P1230061
 昼飯で食べた吉野家の牛丼。どうして海外で食べる吉牛は、こんなにもまずいのか。



モールオブアジアからはタクシーにて今宵の宿へ。


P1230062

 マカティーっていう高級エリアの中のビジネスホテルです。マニラ、治安が極悪なんです。うちの学校の先生もマニラの会社に勤めてる時に3回もホールドアップにあったり、ジプニー(フィリピンのバス)の中でカバンをナイフで切られて中身取られたり、ジプニーごと強盗にあったり・・・。



現地人でもこんだけボコボコにされてるんだから、外国人なんてなおさらです。事実、1月の初めにマニラに一人で来たヒカルさんは、自転車タクシーの運ちゃんに、会計時に財布の中から金強奪されたりしてる・・・。



てことで今日は安全を考えて、セキュリティーがしっかりしてる高級エリアのビジネスホテルです・・・汗
まだ旅は始まったばかりなのに、なんでもう東アジア最悪の都市に来てるんじゃろか・・・泣


 
今日は早起きして寝不足だったので、6時くらいまで昼寝し、日が暮れてから再起動、今度はマカティー内のショッピングモールを見てきました。



P1230063
宿から10分くらいのところにある高級ショピングモール グリーンベルト。



P1230064
 グリーンベルトから渡り廊下とかで繋がってる、これまた高級ショッピングモールのグロリエッタ。



グリーンベルトもグロリエッタも、ショッピングモール・オフィス棟・コンドミニアム・中庭が一体となった施設。



日本でいう六本木ヒルズと東京ミッドタウンみたいなもんですね。



夕食もグリーンベルトの中のフィリピンレストランで食べてみました。



日本じゃこういう高級なとこでは滅多に食べられないので笑



P1230065
フィリピンの国民食、シシグ(sisig)とガーリックライス。



シシグは豚足・玉ねぎ・ガーリックを刻んで炒めたような料理。学校の周りで食べた時はすごく美味しかったのでここでもトライ。



でも・・・




まずい・・・。



泣・・・。




刻んで炒めるんだから細かく分かれているはずなのに、このシシグは油使いすぎなのか、電子レンジでチンしただけなのか、一つの塊みたいになってる・・・。



学校に帰った後に先生にこの話をしたら、シシグは学校のあるアンヘレス市が発祥の料理なんだそうな。なんでマニラなんかでシシグを食べたんだと笑



まあ、学校近くのレストランのシシグが美味しいわけですわ笑



みなさま、フィリピンでは最もポピュラーな料理の一つなんで、日本でフィリピン料理屋見つけたら、試してみたくださいm(_|_)m









で、この日はグリーンベルトから宿に帰ったら、さっさと就寝・・・



のはずが、この宿は リトルトーキョー内にあって、



フィリピンと日本を結びつけるものは何かと言ったらもちろん



フィリピンパブ笑



近くにあるフィリピンパブがうるさいのなんの、寝れたもんじゃない泣








【泊まったところ】
P1230062
 Creekside Amorsolo Hotel   シングル3800円
wifi:有り
エアコン:有り
テレビ:有り
朝食付き



 

旅行2日目、昨日はビーチの日だったけど、今日は観光の日。
有名な巨木と、滝を見に行きます。



朝にレイとレイの妹がバンガローのキッチンで昼食を作って、鍋ごと車の中へ笑 これでチェックアウト後、どこででも昼飯が食べれる笑 こういう家族旅行的なノリ、ほのぼのとして良いですな。



FB_IMG_1453565746772
 昼食作ってもらってる間にワイらはお片づけ係で片付けに励み、一通り終了した後にパシャリ。(レックス撮影)
キッチンのあるダイニングはこんな感じでしたm(_|_)m



で、チェックアウトし、車を30分くらい走らせ、巨木に到着。



P1170013
でーん!



近づいてみると・・・



P1170018
こーんな感じ。



枝から根が伸びてて、ものすごいことになってるんすね。こういう木、何て言うんだっけ?



この木なんの木 気になる木



 P1170017
かなり高いとこまでケイタさんが登りきりました。



それにしてもでかい木。日本だったら御神木になるレベルですな。



この後は遊水地みたいになってる滝へ。



P1170021
着きましたm(_|_)m



地元民がワンサカ遊んでる笑 うちのショーンももちろんスイミング、そして案の定サンダルが流される笑



P1170019
滝の反対側も。見ての通り、川岸が整備されてて歩きやすくなってる。写真には無いけど、屋根付きの あずま屋みたいのが点在してて、バーベキューできるようになってる。そんな感じの所でワイらも鍋を広げて昼食笑



昼食の後は本日のメインイベント、マザーズフォールというでかい滝を見に。そういやさっきの遊水地の滝の名前知らん笑



マザーズフォールの入口に着いて、なにやらレイが説明を受ける。どうやらここは台風でしょっちゅう川岸が破壊されるらしく、整備のために入場料が必要。そして整備されてない道を行かなくてはならないので、ガイド(有料!)を一人つけなくてはならない、と。



 まあ、仕方ないし、こっちは10人の大世帯なのでガイド代なんて全然痛く無い。てことでスタート。



P1170025
最初は普通の道を歩きます。



P1170026
 昔は整備されていたのであろう道を進む。列を組んで、ドラクエみたいである。



P1170027
 だんだん雲行きが怪しくなってきました。ここは完全に寸断されている。川の中をジャブジャブ進みます。左の管、日本でなんとなく見たことあるような気が。



P1170028
 ちゃんとした道に復帰したかと思えば、、、



P1170029
 完全に水の中を進むのである。ちょっとしたアドベンチャーである。



P1170030
 写真で見ての通り、現地人もたくさんここにきている。なので道案内は正直不要だった。でもこんな感じで危なげな道を通らなくちゃいけないので、サポーターとしてやっぱガイドは必要だと思います。。。



P1170033
最終的にはこんな感じでどこにもつかまるところが無くなるし。




P1170031
 水を渡りきり、満足げにポーズを決めるレイの図。



P1170034
水を渡りきった後は、管の上を歩きます。こんな渓谷にドデカイ管があるということは、この先には・・・



P1170037
やはり、ダムである!!!日本でちょいちょいダム巡りをしていたけど、こんなところでお目にかかれるとは!!!
ちなみに、なぜダムが好きかというと、このダムのように鬱蒼と茂る大自然の中に、忽然と現れる巨大人工物にロマンを感じてしまうのである。嗚呼、すばらしい。
















しかもこのダムは、日本ではまずお目にかかれないようなものだった。。。





















なんと・・・・





















P1170038

 盛大に決壊しているのであるWwww!!! 


 





ダムといっても日本で言えば堰みたいなもんだけど、それでも決壊して放置してるなんて日本じゃありえない。すごいもんを見せてもらいました笑




そしてダムを越えると・・・





















P1170039
この巨大空間である。



P1170045
おめあてのマザーズフォールにも着きました。
てか写真じゃあまり伝わらないけど、滝からの圧がほんとにすごいのです。
岩にしがみついてるお兄さんたちは、水を避けているんではありません。圧に耐えているんです。



もちろん水しぶきも半端ない。こういう時に防水カメラを持って行ってほんとに良かったと思う。ワイが唯一カメラを出せたので、記念写真。



P1170046
パシャリ。




P1170048
ワイも加わってパシャリ。



P1170052
滝壺に近づいて気勢をあげるレックス笑



P1170054
そばにあった小さな滝に打たれるトシさん笑



こんな感じでワイワイ楽しんでましたが、こういうショートトレッキングはもちろん下りも残されている笑



P1170055
また同じ水の中の道を進みます笑



そんなこんなでマザーズフォールは終わり。今日の日程もおわり。あとは帰るだけー。













でもここからが問題。












1時間ほど車を走らせたところで・・・











ストップ!!!












・・・・。












なんと道がクローズ泣






どうやら台風の影響で道が痛んでて、ところどころ工事中だったんです。




で、その工事の影響で往路で使った道がまさかのクローズ泣 引き返します。。。




その後マリアオーロラという町まで引き返し、レイの家族が道行く人に、どこの道なら通れるのかひたすら聞きまくる・・・








そして慣れない街、さらに人づてに道を決めているもんで・・・











ドライバーのアンクル、完全に道に迷う。゚(゚´Д`゚)゜。








たぶんマリアオーロラの街で1時間くらいうろつき回りました笑




そんなこんなで引き返したり、迷ったりしてるうちにもう23時。やっとファストフード店で夕食を食べ、そして寮の門限(23時笑)を軽快に過ぎ去る。



結局なんと2時に学校へ帰還。笑




















いやほんと、今回の旅行は家族旅行に混ぜてもらったみたいな感じで、すごく楽しかったです笑
企画してくれたマサさんとレイと家族に本当に感謝ですね、ありがとうございましたm(_|_)m



それにしても、アンクル、何時間も一人で運転とかすごい。さすがでした。




【泊まったところ】
学校の寮。







 

どうもこんばんは、ワイです、元気に短期語学留学やってます笑



前回の記事でフィリピンのクラークにいるって書きましたが、正確にはアンへレス市です。やばいです。何もない街です笑 ちょっと郊外にショッピングモールがあるくらい。少なくとも観光地ではない。



で、今回の記事の題、旅行中に旅行にいくとか意味わかんないですが、 学校の休日に泊りがけで遊びに行ったってことです笑 本当に何もない街なので、逆にこういう企画は毎週のように誰かしら企画してくれます。同じフィリピンでもセブに留学とかだと、街が充実しすぎてこういうノリはあんまり無いんじゃないですかね。



行き先は 太平洋岸の地元民向けリゾート地、バラヤ(Balar)。
メンバーはワイ以外には同じ学校の生徒の
トシさん(韓国と日本のハーフ。韓国語も話せる)
マサさん(年齢60オーバー。この旅を企画してくれた方)
ヒカルさん(25歳だけどすごい落ち着いてる。初めて会った時は絶対年上だと思ってた笑)
ケイタさん(シングルファザー。ワイは嫁を置いて海外に出てしまったが、ケイタさんは娘たちを置いて海外に出てしまった笑 すごい!!)
レックス(韓国人。異常にノリが良い。超フレンドリー)

あと、マサさんが前にこの学校にきた時の先生、レイ(フィリピン人講師)の家族も一緒です。
レイ(一児の母。)
ショーン(レイの息子。6歳。来年から小学生)
アンクル(レイのおじさん。元F1メカニック!!)
シスター(レイの妹)

アンクルとシスターの本名は忘れてしまった(;´Д`) 申し訳無いです汗


 






出発はなんと深夜3時!! 準備とかなんだかんだしてたら、もう12時30分!!
2時間半しか眠れずに出発です。レイの家族が学校まで迎えにきてくれました。



 ここから6時間の道のりです。。。夜が明けるまで爆睡し、朝になってもウトウトしていたので写真は全く撮らず・・・。フィリピンの田舎の、すっごいのどかな風景が広がっていたのに、悔やまれます泣



P1160001

 休憩で立ち寄った店でやっとパシャリ。河では子供達が洗濯していました。



P1160002

9時ごろ到着!!今日の宿はバンガロー。ご飯は自分たちでキッチンで食材を持ち込み、BBQていうスタイルです。 宿の名前はレイの家族が予約してくれたので分からず。。。



P1160004

 部屋はこんな感じ。なんとこの部屋に男6人で泊まることに・・・笑



荷物おろして落ち着いたあとは、昼からBBQ!!



レイの家族が持ち込むものを買い揃えてくれてて、その中に大量のビールが笑



学生チームは昼からガブガブ飲んでました笑



料理の写真が無いのがまたも悔やまれる。。。 



昼飯後は車を走らせてビーチに行くことに。



このバンガローの前も海岸なんだけど、



DSC_0016

こーんな感じのロックビーチなんですよ。なので砂浜へ移動。



そして、



P1160005

到着。



P1160006

反対方向も。


 
ヒカルさんと話した第一感想
「房総の海みたいっすね」 



まさにそんな感じなんです。白浜ではなく、日本でよくみる灰色の砂浜・・・笑 海水もコバルトブルーではなく青黒い海・・・笑
まあ、ここは地元民が訪れるリゾート地なので、フィリピンの離島みたいな海を想像してはいけなかったっすね笑



でも砂浜は全然汚れてない、綺麗な砂浜でしたよ!! 貝殻とかもあまり落ちてないから、裸足で歩いても大丈夫!!! 



12410523_1001578469905960_8124673760236936433_n

 てことで初集合写真 笑  アンクルとショーンが写ってないけど笑
(ちなみに水色シャツがワイ笑)



ちなみにこのビーチは外洋に面しているので波が高い。なのでサーフィンが有名らしい。この点も房総と似てる笑



で、おもむろにレックスが・・・・








レックス:「サーフィンやってみようと思う」








レックス以外みんな:「(((( ;゚д゚)))ほえ? 」








もちろんレックスはサーフィンなんかやったこと無い。



なんと異国のこのフィリピンで 初挑戦するらしい!!(もちろんインストラクター付き)



と、いうことでみんなでレックスの撮影会

P1160007

P1160008

 おうおう、乗れてる!!


P1160009
P1160010

かっこいい笑


FB_IMG_1453565594264

でもそのうちみんな飽きて、サーフィンに励むレックスを横目にみなさま思い思いに過ごす・・・笑
(写真はショーンの砂山作りを手伝わされるワイの図)



レックスのサーフィンレッスンも終わり、一路バンガローへ。



夜もBBQ!!! 加えて夜はレイたちがフィリピン家庭料理を作ってくれた!!!



けど、やはり写真は無し・・・泣 しかも料理の名前聞くの忘れたから、名前もわからん泣



夕飯のあとはみんなでダラダラ飲み・・・、久しぶりの水シャワーを浴び・・・。



10時くらいになって、一応お開き。






 この後はまだ起きてたワイとヒカルさん、トシさん、レックスの4人で飲みです。



でもこの飲みの内容が本当に濃かった。たしかレックスが23歳だけどまだ大学生で、兵役の影響で2年遅く学生やってる。ていう話から兵役の話になって、レックスが兵役の話をしてくれました。



 兵役に行くことは、本当に、とにかく死ぬのが怖くて仕方がないそうなんです。



 だから精神を病んじゃう人もいっぱいいる。レックスが兵役に行ってた頃も、精神を病んで武器を持って脱走したり、基地内で手榴弾をぶっ放した人がいたりしたそうな。



そういう、精神を病んで武器を持って暴れたり逃走した人を射殺しても、お咎め無し。無罪。精神を病んで武器を持っている人は何をするか予測不能だから。



レックス自身も、病んで狂いそうになったことはあったそうな。



兵役100日目の記念日に金正日が死んで、戦争の危険性が高まり、怖くて仕方がなかったり、



兵役期間中3回しか無い帰宅日の帰宅途中、ヨンピョン島砲撃事件が起きて、もう、すぐ側に親がいるのに会えずに基地に引き返して、残念で悲しい気持ちと戦争の恐怖心が錯綜したり。



問題なのは、精神を病んで軍隊内で事件が起きても、軍はそれを隠すそうなんです。レックスはそれに対しては怒ってました。



あと、軍隊はきつい訓練以上に、人間関係のほうが大変なんだそうな。



部隊に配属されて、先輩に嫌われてしまったら、もう、2年間地獄になってしまう。



そうならないために一芸を磨いたり、嫌われないように必死。



でも兵役を乗り越えれば、得るものもある。



さっきの一芸のこともだけど、どんなに内向的な人でも嫌われないように頑張るから、社交的な性格になったり。



 辛い兵役期間を乗り越えた達成感と開放感から、自分に自信がついたり。



そういえば今日もレックス、一人果敢にサーフボードにチャレンジしてたし笑 



だけど、兵役行って良かったかというと、それは全否定。兵役にいい思い出がある韓国人なんていない、と断じてました。



加えて、韓国のトチ狂ったお受験戦争も含めて、「自由な日本人に生まれて良かったと 思ったほうがいい」と。










ほんとね、韓国人の友人なんてレックスが初めてですが、本当にこういう話がきけて良かった。



ネット上では韓国であれば無条件に嫌う空気が溢れかえってますが、
レックスや他の韓国人男性は全員、問題だらけの兵役を乗り越えてるわけですよ。これに関しては本当に尊敬します。



まあ、ワイ的には兵役が韓国の国民性の醸成に強く絡んでるんだろうなあ、と思ってみたり、



国民性に関わることだから、今後も兵役の制度は廃止することはできないだろうなあ、と思ってみたり。



とにもかくにも、こういうセンシティブな話をしてくれたレックスには本当に感謝です。



そして完璧に訳して、ワイら日本人に伝えてくれたトシさんにも感謝です。



英語学校の生徒同士だから、英語で話すのが筋だろうけど、
誤解なく、レックスが話したいこと全て話してくれたのはトシさんのおかげです。



レックス、トシさん、本当にありがとうございましたm(_|_)m













まあ、そんな感じで真面目なお話を聞いて、この日は就寝です・・・(二人部屋に6人で泣)



【泊まったところ】
P1160002
P1160004
レイが予約してくれたバンガロー 二人部屋(を6人で使う泣):2500ペソ 
エアコン:有
wifi:無(というか携帯の電波も無)
水シャワー



 

↑このページのトップヘ