ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

ビザ情報

溜まった日記はまだ沢山ありますが、先にビザ情報をばm(_|_)m



日本にいるあいだに、ビザの必要な国はできるだけ取得してしまおう、ということでベナンビザを申請しましたm(_|_)m



で、ビザが発給されたので、2016年5月10日現在のビザ情報です。



















Point Blur_20160510_173200

ベナン大使館 ビザ情報
申請場所:ベナン大使館@東京
所要日数:3営業日
費用:8000円

【必要書類】
①パスポート
②写真2枚
③申請書
④自作の日程表
⑤e-ticketのコピー
⑥ホテルの予約表コピー

⑦返信用レターパック(郵送申請の場合)



②の写真は1枚は申請書に貼って、2枚目は裏に名前を書いてそのまま提出。



③の申請書は、無職の場合は職業欄に「NONE」。変な質問はないので、特に困らないかと思います。 



ツアーであれば旅行会社からの④日程表だけでいいみたいなのですが、ワイみたいなバッックパッカーなど自由旅行者は④自作の日程表、 ⑤e-ticketのコピー、⑥ホテルの予約表コピー全て必要になります。



④日程表は日付、滞在先、何をするか、を英文で。簡単なものでOK。フランス語でもOKだそうな笑



⑤は本来ならば日本からの全行程とのことなんですが、ワイは日本再出発のチケット、ヨーロッパから西アフリカに渡るチケット、西アフリカから抜けるチケットで発給してもらえました。具体的には東京ーヘルシンキ間、ダブリンーアクラ間、コトヌーーダルエスサラーム間ですm(_|_)m



⑥が自由旅行者にはちょっと厄介かもしれません。ベナン滞在中、全泊分の予約票が必要です。ワイはbooking.comでなんとか予約できました。でも、ベナン旅行の日程表を考えてる最中、なんか良い感じのコースが浮かんでしまったので、キャンセルしない予定です笑 



で、郵送の場合は現金書留の封筒にこれら全ての書類をぶち込み、さらにビザ代8000円と返信用レターパックも入れます。現金書留専用封筒の最大サイズでもパンパンです・・・。予約表やe-ticketの余計なページは捨てることをオススメします汗 



所要日数は郵送も窓口も同じで3営業日だそうです。月曜に受付すれば木曜受け取りということです。



郵送の場合は、係員にもよるのかもしれませんが、ご丁寧にも受領連絡と発送連絡をいただけました。ものすごいご丁寧な日本人係員様が対応してくださいました。このブログ見てるわけないですが、ありがとうございましたm(_|_)m笑



で、ワイは本日返送されてきました。



Point Blur_20160510_173200



むむむ、



許可期間、日程表の通りか・・・。泣



でもまあ、小さい国だし、13日もあれば十分かな・・・。



てことで申請考えているみなさま、念のため長めに申請しておくことをオススメしますm(_|_)m







てか、SINGLEがSIMPLEになってるんじゃが・・・。大丈夫かな・・・。




















で、ベナンですよ!ベナン!!



ワイがアフリカで一番行きたい国です笑



というのも、ワイが海外に興味を持ったきっかけが「ここがヘンだよ日本人」という、たけしの番組笑



この番組のスーパーヒーロー、ゾマホンの国なんですよ!!!



ゾマホンが出した本、2冊とも持ってるし笑



で、なんとゾマホン、今はベナン大使なんだそうな!!!



窓口受付でビザ申請すれば、会えたかもしれないのに、石川県に帰るので泣く泣く諦めです泣



難易度的には、予約表とe-ticketが必要というのが自由旅行者にはハードル高いかもしれません。



でもホスピタリティー溢れる係員さまなので、他の国みたいにめんどくさい感じではなく、ストレスフリーで申請できましたm(_|_)m 

1ヶ月以上日記は溜まってますが、ビザ情報を優先させて先にアップしますm(_|_)m











この溜まりに溜まった日記1ヶ月分のあいだに、実は一時帰国してますm(_|_)m



目的は退職金の申請と、あと嫁様に会うために笑
なんだかんだで新婚なので笑



で、この帰国の直前、アフリカの旅行ルートを考えてる最中に、新たな帰国時のミッションが追加されましたm(_|_)m



それは「ガーナビザ取得」



過去の旅人様のブログを見る限り、ガーナビザは超難関。



何故かというと、
・各国ガーナ大使館のお役所仕事体質 しかも賄賂の嵐
・ガーナビザは申請者の現住所を管轄している大使館でしか発給を認めていない



なかでも二つ目の発給できる大使館が指定されてる、てのが問題。



つまり、日本人は東京の大使館でしか発給してもらえないということ!



周辺国の大使館や、経由地のヨーロッパや中東の大使館で取得も不可。



こんな厳しい国だから、アライバルビザなんてあるわけない。



実際には周辺国の大使館で、東京の大使館で取得しなかった理由書を添えれば発給できたりするみたいなんですが、審査不合格になった旅人様もいるみたいなんで、確実な東京の大使館でとることにしますm(_|_)m



ガーナ大使館 領事部
必用書類は上記リンクからダウンロード可能ですm(_|_)m


《2016年4月26日現在の情報》

【必用書類】
①パスポート
②イエローカード
③申請用紙
④個人履歴用紙
⑤日程表など
⑥写真(4.5×3.5)4枚

【費用】
12,440円(ビザ代:9,440円 即日発給手数料:3,000円)

【場所】
google map
image







①パスポートと②イエローカードはコピーとかは不要。原本だけ持ってけばOK。



③申請用紙と④個人履歴用紙は、上記リンクに詳細な記入例があるので、困らないかと思います。



ただ、③申請用紙の2つある宿泊先については、ホテル名住所電話番号メールアドレスの全てを記入しないと受理してくれません。「わからない」は通用しなかったので、トリップアドバイザーやbooking.comを参照して、全て記入する必用があります。
(予約確認書は提出不要でした。)



⑤日程表は、ワイはツアーではないので、持ってない。なので西アフリカに入るe-ticketと、西アフリカから出るe-ticket(具体的にはダブリン-アクラ間とコトヌー-ダルエスサラーム間)を添付して、



さらに自作の日程表を作って添付しておきました。



日程表は日付と滞在予定地を時系列で書いただけの簡単なものなので、英語力の弱いワイでも余裕。



③申請用紙に帰国便の情報を書く欄があるけれど、NONE(持ってない)と書いて、日程表に西アフリカから出るe-ticketを添付すれば大丈夫でした。
西アフリカでもナイジェリアは飛行機で飛び越える旅人様が多いと思うので、ガーナ発でなくともその飛行機のチケットを提示すれば大丈夫だと思います。












で、提出の仕方。



まぁ上記リンクに書いてあるそのまんまなんですが、③申請用紙、④個人履歴用紙、⑤日程表などを、サインが無い状態まで埋めて、3部コピー。



全てにサインを加えて、③④⑤を1部ずつまとめたものをホチキスで留めて1冊にする。



これを4冊作って、パスポートとイエローカード原本を添えて提出。



受付は火曜と木曜の10:00~12:30。受け取りは火曜に提出すれば木曜。木曜に提出すれば火曜。



さらにビザ代に加えて3,000円払えば、即日発給のサービスも有り。ワイは地方住みで東京に長居できないので、即日発給してもらいました。












場所は六本木からだとEX THEATERの裏手、乃木坂からだと米陸軍ヘリポートの裏手。どちらからも若干歩く。



image

乃木坂から行く途中の看板。都心の一等地に米軍駐屯地。なんだかなぁ。












で、本日4/26に提出。そして午後4時には……









image













あっさり受領。












…………www












ガーナ大使館@東京、余裕すぎワロタwww










実際、与えられたフォームを埋めて、簡単な日程表を作っただけなので、諸外国のビザと比べても難易度は低いほうかと!



しかも見てください、ビザの期間!



なんと3ヶ月も!



周辺国で申請したら、訳のわからん理由書を書かされたり横柄な審査官に賄賂を要求されたあげく、2週間だけしかくれないとかザラのようですが、



こちら東京の大使館では礼儀正しい日本人係員とフレンドリーなガーナ人係員での応対、しかも期間3ヶ月というボーナス付き!



ちなみにこんな人当たりの良い大使館初めてでした笑



ガーナ人係員なんてワイら申請者にまで挨拶してくれるし、その挨拶も「hello」じゃなくて「Yo!!!」とかいう勢い笑。



受領のときも絡んできたり、フレンドリー笑



俄然ガーナが楽しみになってきた!












あと昨日自作の日程表作ってるとき、ガーナの情報調べてみたのですが、



奴隷貿易の負の世界遺産があったり、



NGO運営のスタディツアー的なゲストハウスがあったり、



極めつけは超巨大なダムがあったり、



ワイ的にはなかなかポテンシャルが高そうな国みたいです笑












訪問予定は6月!人生初アフリカ!楽しみですわ!











ジンバブエのアライバルビザについて説明しますm(_|_)m



まぁこれも特に難しいことはないので、説明するまでもないかもしれませんが……




image




【ジンバブエビザ情報】2016/8/16現在

取得場所: ボツワナ~ジンバブエ間 カズングラ国境
ビザの種類: シングル
費用: USD30
発行所要日数: その場で発行
必要書類: パスポート、申請用紙



アライバルビザなので、順をおって説明していきますm(_|_)m



まず国境ですが、このカズングラ国境はなんとボツワナ、ジンバブエ、ザンビア、ナミビアと、4か国も接してるんです!



そしてなんとなんと、ボツワナ~ジンバブエ間、ボツワナ~ザンビア間、ボツワナ~ナミビア間はそれぞれ違う国境ゲートになってるんです汗



なのでチョベの街で国境までの行き方を聞くときは、必ず、どの国へ通じてる国境に行きたいのかを訊ねてください‼



で、ボツワナ~ジンバブエ間の国境への行き方。



どうやらミニバスがKFCのあるモールから出てるようなのですが、ワイの場合待てども待てども来ず……。



なのでタクシー使ってしまいました泣 35プラ泣



国境に着くと出国です。出国はほぼノーチェック。



そこからジンバブエ側の国境までは歩いて移動します。



他の旅人さんのブログをみる限り、この国境はゾウがよく歩いてるそうな!



でもワイは全く動物なんていませんでした……泣



ジンバブエ側に着くとまずはビザの申請。



イミグレの建物内に申請用紙があるのでこれを埋めます。



面倒な質問は無いので、特に困らずに埋めれると思います。



書き終えて申請の列に並ぶのですが、ビザ発行のイミグレ職員の効率が悪い悪い。



この国境はチョベとビクトリアフォールズのあいだにあるのですが、どちらも有名な観光地。なので申請者はいつも大量にいます。



しかしビザ発行窓口は1つだけ。



よって炎天下のなか、長時間待たされることになります。



待ち合い所も、日陰を作る木も、なーんもありません!本当に炎天下のなか待たされるので日焼け要注意です!



小一時間待たされ、パスポートと申請用紙、費用30米ドルを渡すと、引換券をもらえます。



隣の窓口でビザを作ってくれてるので、名前を呼ばれたら引換券を渡し、パスポートをピックアップして晴れて入国ですm(_|_)m



入国後はビクトリアフォールズの街まで行かないとならないのですが、この道、タクシーしかありません。



しかも1人片道10ドルというフィックスプライス。1台10ドルじゃなくて1人10ドルです。つまりシェアしようが1人でチャーターしようが同じ価格。



ワイはそんなこと知らずにイミグレで会ったドイツ人の旅人さんとシェアしようとして、そのドイツ人がこのタクシーのシステムにご不満で、猛烈に交渉したのですが全く値下げできず。おそらくフィックスプライスなんだと思います。



てな感じでチョベ〜ビクトリアフォールズ間の国境越え&ビザ情報でしたm(_|_)m









あ、カズングラ国境〜ビクトリアフォールズ間の道、ライオンがでるそうなので絶対に歩いてはいけません。








実は9月から一時帰国している、ワイですm(_|_)m



すんごい更新サボってしまって、すみませんでした!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




まずはビザ情報からアップしていきます!



image



【ザンビアビザ情報】2016/08/03現在
取得場所: タザラ鉄道 タンザニア~ザンビア国境
ビザの種類: シングル
費用: USD50
発行所要日数: その場で発行
必要書類: パスポートのみ



難易度の低いザンビアビザなので、説明するまでもないかもしれませんが……



タンザン鉄道(タザラ鉄道)でタンザニア~ザンビア国境へ到着すると、



まずタンザニア側の国境駅にて、出国のためにタンザニアのイミグレ職員が乗車してきます。




このときは全員各自のコンパートメントにいないといけないので、国境到着前に食堂車&トイレから戻っておく必要がありますm(_|_)m



出国の審査はほぼノーチェック。



そして両替屋が廊下をウロウロしているので、呼び止めて両替します。



この機会を逃すと、下手するとルサカまで両替屋&ATMは無いので、レート悪くとも両替必須です。



そして列車は数分間走って、ザンビア側の国境駅へ着きます。



ザンビア側のイミグレ職員が乗車して、各自のコンパートメントでビザの発行をしてくれます。



申請用紙は無く、パスポートと費用50米ドルを渡し、旅行の行程を言います。



この行程を言うことによって、イミグレ職員がどのビザが必要か判断してくれますm(_|_)m



特に、ザンビアの直後にジンバブエに行く場合はユニビザ、



ザンビアのリビングストンからボツワナのチョベに行ったあと、ザンビアへ戻る場合はダブルビザが必要なので、



行程は適当に答えず、正確に答えるようにしてください‼



ザンビア側の国境駅は、かなり待たされます。でも駅の売り子もたくさんいるので、食堂車で飯を食べそびれてても、コンパートメント内でなんとか食事はとれますm(_|_)m



全員のパスポートチェックが終わり次第、列車は出発です。
(現地人によると、深夜2時前くらいに国境通過が多い、とのこと……)












とまあ難易度の低いザンビアビザの説明でしたm(_|_)m








またブログ更新が滞っていますが、ビザ情報は新鮮さが重要なので先にアップしますm(_|_)m




【タンザニアビザ情報】
image


取得場所:ダルエスサラーム空港(アライバルビザ)
費用:USD50(賄賂要求もちろん無し)
滞在許可期間:3ヶ月
必要なもの:
 パスポート
 申請書
 (写真はいらない)


アライバルビザなので流れをおって、説明しますm(_|_)m



飛行機を降りるとまず申請用紙に記入します。申請用紙はそこらじゅうにあるのですが、ペンはありません。ご自分でご用意をm(_|_)m



記入がおわったら、入管審査官にチェックしてもらうため、並びます。



ここで少し話がそれますが、ダルエスサラーム、最近はナイロビと並ぶアフリカの凶悪都市として有名です。(ヨハネスは別格)



なので日のあるうちに各航空会社がダイヤを組んでいるのですが、それがビザと何の関係があるのかというと、



到着便が午後~夕方に集中するため、



ダルエス空港アライバルビザ、クッソ待たされます!



てことです。m(_|_)m



まず申請用紙のチェック待ちがすでに長蛇の列。



係員が2列に並ばさせるんだけど、窓口は2つ以上あるから、窓口が近づくにつれて列は崩壊。



(ちなみにこういうときに国民性でます。横入り・順番抜かしをする国民は、だいたい決まってます。)



一悶着ありながら、やっとチェックがおわり、次はビザ代の支払いです。



支払窓口は並んでないので、すぐなのですが、



事前にビザを取得してきてイミグレ待ちの人達&支払いを終えてパスポート返却待ちの人達で




イミグレ前は満員電車並みに混雑してます。



どこで支払えばいいのかもわからないし、見つけても辿り着くまでが大変。人をかき分けて進みますm(_|_)m



支払いを終えたらイミグレ前の超混雑してる中、ひたすら待ちます。



もちろんエアコンなんか効いてません。クソ暑いです。機内でジャケットとか着る冷え性なかたは、飛行機降りた瞬間に半袖になることをオススメしますm(_|_)m



そんなこんなで一時間くらい待ち、ビザが出来上がった人から名前が呼ばれ、パスポートを受け取って入国です。つまりアライバルビザだと入管無しです笑



image

てことで出来上がったビザ。まさかのボールペンで手書きだけです。今までのビザ必要な国々で一番簡素。ちなみに日本でビザとると、写真つきの立派なビザシールが貼られるらしいです笑












結論:日本でとる時間あるなら、日本でとることをオススメしますm(_|_)m


↑このページのトップヘ