リアルタイムは10月23日、チリのプエルト ナタレス!



今日は世界自然遺産のパイネ国立公園というところに行ってきたのですが・・・。



まあね、このあいだトレッキングをしてきてしまった直後だったので、感動薄。



旅の新鮮さが薄れてきてしまってる・・・。こういうの、良く無いですなぁ・・・。 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


5月17日は再出発の日。ワイの旅の中編が始まりますm(_|_)m
(このあともう一回一時帰国するので、ワイの旅は前中後編なのです)



1月1日みたく嫁様や親に見送られ・・・ということではなく、今回は一人でバスで羽田へ。まあ再出発ですからね。



DSC_0068
で、羽田に着いてチェックインしてみたら、遅延してやんの。ローマから帰ってくる時も欠航したし、ブリティッシュエアウェイズってこんなダメな会社だったっけ?



結局1時間くらい遅延。しかもどれくらい遅延するかも地上スタッフが把握してなくて、 上の写真の待合エリアで並ばせっぱなし、立ちっぱなし。げきおこ。



DSC_0008_4(1)
ちなみにこの日の羽田は結構な雨でした・・・再出発なのにあまり良く無いですなぁ・・・。



DSC_0009_3(1)
でも上空はこんなに晴れ!良い天気!



しかし晴れれば良いってもんでもなく、窓からの光がまぶしすぎてシェードをおろしてしまい・・・今日は窓からの景色は見ず、ひたすら映画みることに。



ちなみに見た映画のざっくりとした感想は・・・



「図書館戦争」:ドンパチアクション。それ以上でもそれ以下でも無い。ただのドンパチアクションならアメリカ映画の方が面白い。



「orange」:なんか全体的にアダルトビデオみたいな演出だったんですが・・・。卑猥ってわけじゃ無いですよ、演技がチープなんですよ笑 でもストーリーは泣かせてくる系だったので、ミーハーなワイは正直に号泣しましたともwww



「アンフェア」:寝た。覚えてない。



「起終点駅 ターミナル」:今日見た中では一番よかった。佐藤浩市がこんなに歳とってしまったとは。。。ウツな内容でワイもすげーウツになりかけたけど、一つの物語を見たていう重厚感はすごいです。





















ちなみに機内食は・・・



DSC_0069
まあね、日本発の便だと仕方ないですよね。



DSC_0070(1)
軽食もちゃんとありましたよ。ワインとともに雲の上で映画とか、優雅ですなぁ。わらわら笑



DSC_0071
2回目の機内食・・・。うーん・・・。1回目とどう違うのか、ワイには理解できません泣














 DSC_0010_3(1)
そんなこんなでまずは経由地のロンドンが見えてきて・・・



DSC_0011_3(1)
ロンドン ヒースロー空港到着!



で、このあいだローマから帰ってくる時にもこの空港使ったけど、その時は気づかなかったのですが、



この空港、全体的に古い・汚い・狭い・激混み。



インターネットで世界の不快な空港第1位に選ばれたこともあるそうで、なんとなく理解できますよ。



カフェや免税店をターミナルのある1箇所にまとめてしまうってのはイギリスのスタイルなんですかね。至極不便。




















で、次はヘルシンキへ、フィンエアー。



ヨーロッパ内って、4時間とかの飛行でも日本の国内線みたいに飲み物しか提供されないんですね汗



なので機内食の写真は無し。



しかも窓際じゃない席だった(3列シートの真ん中泣)ので窓からの写真も無し。



よってフィンエアーの印象は皆無。




















やっとこさこの旅の中編の起点、ヘルシンキに到着です。



今回はいきなりEU圏内、シェンゲン圏内からのスタート。



ワイ、入国審査なめてましたよ・・・。



もうがっつり入国審査官に疑われる。



シェンゲン圏内は合計90日しか滞在できなくて、ワイ、ついこのあいだクロアチアとかハンガリーとか、シェンゲン圏内をちょいちょい旅行してたんです。



なので、「2ヶ月前にシェンゲン圏内を旅行したばっかなのに、今またEUに入ったらすぐに90日超えるんじゃないのか?」とネチネチと・・・。



確かにワイ、2ヶ月前にヨーロッパに入ったけど、旧ユーゴ圏にいた期間が長かったし、日本にも1ヶ月くらい帰ってたから実際シェンゲン圏内にいたのは数日のみ。



しかもこの先イギリスなどシェンゲン圏外の国にも行くし、そもそもヨーロッパ終わったらさっさとアフリカへ旅立ってしまう予定である。とビビりまくったワイの超拙い英語で説明して、ようやく解放・・・。




















空港からやっとこさ出ても、まだ周りは明るい。もう22時なのに。



フィンランド、緯度が高いのでこの時期(夏)は暗くなるの数時間しかないんですね。



でも時間は22時。22時は22時。店がやってる時間じゃない。



仕方ないから空港内の売店で高ーいサンドウィッチとジュースを買い、



北欧の高ーいタクシーで今宵の宿まで走ります・・・。



タクシー、数分しか乗ってないのに30.90ユーロ・・・。ワイ、北欧の物価なめてましたわ・・・。



DSC_0012_3(1)
まあ、たまたま買ったジュースがムーミンのパッケージだったのが唯一の救い。









【今日の宿】
DSC_0014_5(1)

DSC_0013_3(1)
 ホステル アルカディア  4人ドミ:19.44ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無(オイルヒーターは有)
キッチン:流しと電子レンジのみ
ホットシャワー

バックパッカーズホステルというわけではなく、モーテル。トラックの運ちゃんが使うような。
でも部屋は清潔。さすが北欧。でもこの値段だと街から超離れてる。さすが北欧。