リアルタイムは8月20日、ナミビアのスワコップムント。



うーん、前回の更新から10日も開いてしまった。。。というかもうすぐアフリカ旅が終わるというのにまだヨーロッパのこと書いてるし。。。汗



まあ、だからと言って更新のペースを無理にあげたりはしないのですが笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




4月15日はウィーンに移動する日!!



2時間の睡眠でなんとか朝起きて、まずはネプリゲートバスターミナルへm(_|_)m



今日のバスは欧州最大手のEUROLINES。



「チェックイン」というカウンターを見つけたので、とりあえずネットで予約したときの画面を見せてみます。



そしたら・・・



スタッフ「チェックインの必要はないよ。でも紙のE-チケットバウチャーが無いと乗れないよ」



とのこと。



・・・。



何このライアンエアみたいなシステム。。。



やっと東欧を抜け出すのに、この仕打ちですか。もうね、西側のこういうガンジガラメな感じ、大嫌い。



ワイ「じゃあどこでプリントアウトできます?」



スタッフ「上の階のカウンターで相談してみて」



で、上の階のカウンターに行きます。



(あとで解ったのですが、この「上の階のカウンター」というのはチェックインカウンターでもなく、相談カウンターでもなく、チケット販売カウンター。つまりさっきのスタッフはワイに「買い直せ」と言いたかったのだと思われます。)



上の階のスタッフ「バスに直接行って大丈夫」



ワイ「でも紙のチケット必要って言われましたけど?」



上の階のスタッフ「大丈夫」



ワイ「本当?」



上の階のスタッフ「大丈夫」



てな感じのブッキラボウな態度であしらわれ、ワイも もう訳わからんと、バスに突撃です。



で、結果・・・



普通に乗れました( ´_ゝ`)ノ



もう、今までの不安はなんだっのか、激おこですわ。

























image

ハンガリー〜オーストリアの国境は完全スルー。検問跡地をバスはノーブレーキで颯爽と通り過ぎます。さすがEU!!



image

オーストリア側に入ると早速こんな光景が。大量の風力発電機。菜の花畑の上で発電。まさにクリーンエネルギー!!
中国まわってる時もたくさん風力発電は見たけど、なんでこうも印象が違うんだろう・・・笑

























で、3時間ほどでウィーン到着。



まずは大昔のレンガ製ガスタンクを再利用したショッピングモールに行ってみたのだけど、外観の写真は無くなってしまった上に中のテナントがつまらん店ばかりだったので割愛m(_|_)m


次は地下鉄に乗ってHeiligenstadtの駅まで行き、ベートーヴェンの家を見に行きます。



で、ここでまずびっくり。なんと地下鉄の運賃、300円くらいするでやんの。近くても300円くらい。いままで地下鉄なんて数十円レベルだったので、一気に日本人が貧乏になってしまった感じ。なんだか悲しくなります。



そして地下鉄、とんでもなく新しいでやんの。でもゴミはめちゃくちゃ散らかってる。そして白人以外がめっちゃ増えた。つまりウィーン市に金はあるけど色々問題がありそうな都市だと実感。


Heiligenstadtの駅まで着いたら、一路ベートーヴェン公園を目指しますm(_|_)m
歩き方にはバス使えだの書いてありますが、もはや日本より物価が高い国、ちょっとの距離にバスなんて使ってたらお金なくなっちゃいます。もちろん歩いてベートーヴェン公園へ。



image

で、着きましたm(_|_)m
ここはベートーヴェンの交響曲第6番「田園」のモデルになった土地とされる地域。ベートーヴェンが田園風景を眺めながら、この小川沿いの小道を散歩して、「田園」の構想を練ったそうな。



・・・・・・。



でも、もう一度見てください、上の写真・・・。



この小道の、違う場所の写真も載せます。




image





・・・・・・。



どこにも田園風景なんて広がってない!!(´;ω;`)



というか、超・超・超高級住宅街。日本では見たこともないような超豪華な御殿が並んでます。



そしてこちらは日本とも共通することなのだけど、道行く人たちが全く挨拶しない。



他の国では、せめて会釈くらいはしてたのだけど、ここはイチベツすらしない。「グーテンターク!」と言ってしまったワイが恥ずかしくなる。



なんかこう、イチベツすらしない、村社会的な感覚とは完全にかけ離れた場所にいると、異常に自分が孤独に感じる。



image

なので散策は止め、この芝生の前のベンチでずっとぼーっとしてしまいましたわ・・・。

























この後は近くにあるベートーヴェンの家を見に行ってみたり。



写真は無くなってしまったのだけど、3軒も見ることができました。ワイが見つけたのが3軒だけで、本当はもっと周りにうじゃうじゃあるらしいですw



てか、3軒ってどういうこと?と思われるかもしれませんが、なんとベートーヴェン、その生涯でなんと79回も引っ越しをしていたんだとか・・・笑



しかもその理由、端的に言うと「大家・ご近所とすぐにトラブルを起こすから」www



ベートーヴェンさん、肖像画のお顔の通り、とてもとても気難しくて扱いにくい人、更にピアノをガンガン弾いて作曲するもんだから、騒音ですぐに大家から追い出されてたんだとかwww



楽聖と言われるベートーヴェンのしょうもなさを垣間見ながら、ウィーンの中心部へ移動ですm(_|_)m
























次は地下鉄でリンクロード近くまで移動して、歩いてリンクロードを一周してみることに。
リンクロードはウィーンの綺麗な建築物が立ち並んでるんですm(_|_)m



が、スタートして早々たどり着いたウィーン市庁舎で、イベントが。



image

どうやらオーストリアのどこかの地方のワインをPRするイベントみたいです。



image

とってもとってもオーストリアな露店が立ち並んでます!



でもここはオーストリア!!ワインのイベントでもビール売ってるし、実際お客さんの3分の1くらいはビール飲んでる笑



【今日のビール】
image

Gösser

おいしい!!さすがオーストリア。泡までおいしい!まあ、野外で露店から買って飲んでるから、かなり良い方に補正されて記憶してるかもしれませんが笑

























image

そしてお酒のあるところには音楽が溢れる!!流しというか、辻バンドというか、オーストリアなバンドが神出鬼没でいつの間にか道端で演奏が始まって、すげー楽しい!!



image

なのでどこもかしこもザ・オーストリアな雰囲気!!



image

ちゃんとしたステージもあります!!でもこのバンドはレゲエ笑



毎年夏フェスに通ってるワイとしては、酒と音楽があればそれで十分!!



リンクロード巡りは早々に諦め、ここでずっと酒飲んで音楽聴くことに笑



image

関西方面の高速PAによくいる、「今日だけ男♪」なオバちゃんたち。



image

ちなみにここもリンクロード沿いなので、市庁舎の向かいにはこんな綺麗な建物が!



image

パノラマ写真。人だらけ!!



てな感じで3時間くらいこのイベント会場でグダグダしてしまい、日が暮れてきたので大急ぎで帰ることに笑 どうやら市庁舎前は日本の代々木公園みたいな感じで毎週イベントが開かれてるみたいなので、オススメです!!



image

途中乗り換え駅で見つけた楽友協会ホール。明後日はここでウィーンフィルを聞きますぞー!!!







【今日の宿】
image

A&T ホリデーホステル 6人ドミ:13ユーロ

WiFi:あるけど宿泊者が多いのでかなり混雑
エアコン:たしか無かった気がする
キッチン:無
ホットシャワー

日本より物価の高いオーストリアで、びっくりするくらい安かった宿。
オーストリアはスーパーや飲食店の閉店が本当に早いので注意です。

物価の高いヨーロッパでは自炊する人多いと思うので、今日から比較項目にキッチンの有無を追加しますm(_|_)m