リアルタイムは6月4日、ドイツのドレスデン!



ついにドイツ!!!ヨーロッパ経済の中心、ドイツ!!!



街行く人たちに楽器持ってる人が多い気がする。



さすがドイツですなぁ。 



そんなことより、ドイツ、何気に物価安い!!



物にもよるけど、日本と同じか日本以下!



特にビールは爆安。500ml缶一本0.60ユーロ(70円くらい)とか! 



もうこれだけでドイツ大好き、永住できる笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




3月25日はセルビアのニシュという街へ。



なんでこんなマイナーな街へ行くかというと、コソボへ行くためですm(_|_)m



説明するとややこしくなるので地図のリンク貼っときます。
google map検索「コソボ」



上のリンクの地図みてわかる通り、マケドニアとコソボは国境接しています。



なのでマケドニアから直接行けばいいじゃん、と思うのが当然なのですが、



コソボという国にちょっと問題があるんです。



コソボはセルビアからついこのあいだ独立した、ヨーロッパで一番新しい国。



でも独立の仕方がいけなかった。



90年代のコソボ紛争の後、コソボはセルビア内の国連管理地域にされていたのですが、



いつまでたっても独立させてくれない国連に業を煮やしたコソボ政府が、一方的に独立を宣言してしまったんです。



こんな独立の仕方、セルビアはもちろん少数民族問題を抱える他の国々も認めるわけにはいきません。



なので今でもコソボを国家として承認しているのは、国連加盟約200カ国のうち、100カ国ほど。



世界の半分はコソボを国家として認めていないのです。



ちなみに日本は民族問題なんて他人事なので、独立宣言した瞬間に国家として承認してます笑







という感じで、セルビアとコソボの間にはすごくギスギスした関係がありまして、今でもセルビアはコソボをセルビア国内の自治区としています。



例えば、マケドニアからコソボに行くと、コソボのスタンプが押されます。



そしてコソボからセルビアに抜けると、セルビアとしてはコソボは自国の一部なので、セルビアのスタンプは押されません。











・・・・。



 






セルビア不法入国になってしまう(´;ω;`)










ネット情報では、そもそもコソボーセルビア国境でセルビアに入国させてくれない、という情報もあり泣



コソボに行く前に一度セルビアに入国して、セルビア→コソボ→セルビアという順序なら、セルビアからみたらセルビア国内を移動してるだけなので問題無し・・・ということです。



ややこしいので、コソボ入国可能・不可能な場合をまとめときます。



①第三国→コソボ→セルビア:不可
②第三国→コソボ→第三国:可
③セルビア→コソボ→セルビア:可
④セルビア→コソボ→第三国:可(しかしこの場合はセルビア出国記録が残らない)




ワイは①のルートを辿ろうとしたけど、③にせざるを得なくなったということですm(_|_)m




















という感じで3月25日はセルビアのニシュへ移動ですm(_|_)m



朝、慌ただしい感じでパッキングを済ませ、バスターミナルへ。



DSC_0001_12
ヨーロッパに入るといたるところにオンランインカジノ屋があります。。。さながら日本のパチンコ屋のような立地笑 これもバスターミナル内です笑



で、バスに乗り込み・・・爆睡。



国境で起こされ、マケドニアの国境警備隊がバスに乗り込んできて、パスポート回収・・・。



Screenshot_2016-03-25-10-57-11(1)

次はセルビア入境したあと、



セルビアのスタンプが押された状態でパスポート返却・・・。



ここの国境もザル。



そして・・・また爆睡。



結局ニシュまで全然車窓を眺めてない笑




















ニシュの宿までは地図で確認したところ、2キロくらい。もちろん歩く。



その道のりでマケドニアディナールをセルビアディナールへ両替したかったのだけど・・・



どこも米ドルかユーロのみで不可。



もう、隣国なのに両替できないとか、ウズベキスタン以下である!激おこぷんぷん丸である。



結局ATMでセルビアディナールをおろし、マケドニアディナールはコソボで両替できるかな・・・と期待することに泣



で、今日の宿に到着。



【今日の宿】
DSC_0003_9

DSC_0002_10
HOSTEL DAY N' NIGHT    4人ドミ:9ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:有
ホットシャワー

これ書いてる今現在(6月4日)までで泊まった中で、1番良かった宿。
ニシュなんてマイナーな街に行ってしまったけど、この宿に泊まれて本当に良かった。その理由はまた明日m(_|_)m