3月12日は、当初はぼーっと休むつもりだったんです。



でも、たまたまサマルカンドの宿に「ウズベキスタンの桜」という本があって、



その宿では時間がなくて読むことができなかったんだけど、後で読もうかと思ってネットで調べていたんです。



そしたら、ウズベキスタンの桜、あらすじだけでもすごくグッとくるエピソードでした。



日本人として知っておくべきことで、ウズベキスタンに来たのであれば絶対に訪れるべき場所を、当地に着いてから偶然知ったのは恥ずべきことでした。



でもウズベキスタンを離れる前に知れてよかったです。



グーグル検索のリンク貼りますので、皆様も是非見てください。
google検索「ウズベキスタンの桜」







ということで今日はウズベキスタンの日本人の痕跡をめぐる日ですm(_|_)m 




















3月12日は昼頃から始動。



まずはウズベキスタン国立ナヴォイ劇場へm(_|_)m



東側諸国特有の超豪華な地下鉄に揺られて移動です笑



駅を出て、公園を抜けると・・・




DSC_0004_8




おお!立派!!



ここは戦後、抑留日本人が建てたバレエ劇場なんだそうな。



詳しいエピソードは上のgoogleのリンクで出てくると思うので、そちらで読んでみてくださいm(_|_)m



残念ながらつい最近改修が終わったばかりで、古い感じは失われていますが、



写真の左側の側道を進むと碑文があります。日本語でも書かれているので、もし行く機会があったら是非見てみてくださいm(_|_)m



で、学生時代オケにいたワイとしては、今日の演目を見てみたいところ。



チケットオフィス、ありました。で、そこにあった演目のスケジュール。



DSC_0005_6



(´;ω;`)



わからーん泣



仕方ないので英語の通じないチケットオフィスに声かけてみることに。



どうやらワイが「今日は何やるのか」を聞いていることを理解してくれて



「今日はリムスキーコルサコフだよ♪」と。



・・・。



作曲家名だけじゃわからん!!笑



しかし学生時代オケやってた頃もチャイコフスキーの3大バレエ以外あまり縁がなかったので、



チャイコ以外だったら正直あまり見る気がなかった。なので今日は諦め。



(後で調べたところ、翌日にチャイコの「白鳥の湖」やってたことを知る・・・。)





















ナヴォイ劇場をあとにし、次はヤッカサライ日本人墓地を目指します。



バス停へ行くのに大きな公園を抜けなきゃならなかったんだけど、そこでこんなものが。



DSC_0007_3

DSC_0008_4

桜ですm(_|_)m 満開。



上に「ウズベキスタンの桜」についてのリンクを貼りましたが、



日本と関係しているのかはわからないのですが、中央アジアの人たちは桜が超好き。



道端の並木も桜、庭木も桜、山の落石防止の植樹も桜。



どこにいっても桜。



今3月だけど、日本にいずして満開の桜を拝めたのは本当に幸運でした。



でもってバスに揺られ、ヤッカサライ通りにあるモスクの中に、ヤッカサライ日本人墓地はあります。



DSC_0009_3

ここの桜も満開です。

DSC_0010_3

DSC_0011_3

そして鎮魂の碑。

DSC_0012_3

 
ここはウズベキスタン各地の日本人墓地を集めた墓地。



ワイも手を合わさせていただきました。



そして写真はないのですが、奥に小ぢんまりとですが日本と同じく抑留されたドイツ人の墓地もあります。



こちらにも手を合わさせていただきました。。。




















そして帰り際、墓地のすぐ近くに日本語表記の看板がある家があり、そこから手招きでワイを呼ぶ声が。



どうやら抑留日本人のことを取材した映画監督が、その資料を公開している資料館でした。



歩き方にも載ってる資料館なんですが、個人経営なんで要予約だったので、当初は諦めていたんです。



でもたまたま管理人さんが外で車を洗ってる時にワイが通りかかり、「日本人なら見ておきなさい」と、予約もしてないのに中に入れてくれました!!!



資料館なので写真は一切撮らなかったのですが、ここ、日本人墓地とセットで絶対に行っておくべき場所です。



抑留日本人が中央アジア各地に残した施設が紹介されていたり、



抑留日本人の生活が説明されていたり。



ここの資料によると、抑留日本人が残したダムや施設などが、まだ現役で各地に点在してるみたい!



もうね、当然のごとくウズベキスタン再訪を固く誓いましたね。



次来るときはこれら日本人の残した施設を訪れてみようと思いますm(_|_)m



それに、これら施設だけじゃなく、ウズベキスタンでは壮大なカラ(城塞都市遺跡)が点在してるのに全然見てないし、 



わずかに残されたアラル海にも結局行けてない。



この国はあまり旅行者に開かれてるとは言えない国だけど、すべきことが沢山ありすぎる。



ということで何十年後になるかわからないけど、ウズベキスタン、必ず再訪しようと思いますm(_|_)m




















そんなこんなで今日の観光は終了、宿に帰って明日のキルギス行きの荷造りです。。。



【今日の宿】
image

image

ミルゾ ゲストハウス

Wi-Fi:有
エアコン:無 夏はきついかも
ホットシャワー
朝食付き