image



リアルタイムは4月3日、ボスニアヘルツェゴビナはモスタルにいます‼



ここからクロアチアにかけて、世界遺産ラッシュです‼



同じドミの香港人、めっちゃ気さくでいい人!やっぱ本土の人間と全然違いますなぁ!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





3月1日は6時起き。同じドミのオランダ人も起きてました。オランダ人はカザフスタンに行くそうですm(_|_)m



今日8時発の高速鉄道に乗るために早起きしたんだけど、ワイはまだ下痢で苦しんでる……。



そしたらさっきのオランダ人お姉さま、本国では看護師として働いてるそうで、アドバイスくれました笑



「熱は?吐き気は?無いなら問題ないよ。旅行者の65%は旅行中に下痢になるから、気にしないで大丈夫!とにかく水を飲んで、出しきることが重要!」と。



てことで今日もコカ・コーラ療法で行こうと思います笑











駅までは地下鉄で行くつもりだったけど、体長不良が悪化してる感があったので、タクシー使ってしまいました汗



ちなみにウズベキスタンは基本白タクなので、タクシー乗るときは完全にヒッチハイクと同じです笑



で、捕まえ、値段交渉して、駅へ。



タシュケント駅に着いて、タクシー下りる瞬間、別のタクシーも到着。



そして中から出てきたのはなんと日本人!



昨日久々に欧米人に出会ったというのに、日本人に会うとは‼



チサキさんていう学生さん。なんと旅行中にタシュケントでTOEFL受けてしまうという中々な猛者でした笑



image

今日の列車、ウズベキスタン高速鉄道「アフロショブ号」!



みなさん知ってましたか?ウズベキスタンに高速鉄道があるんですよ‼‼



サマルカンドまで時速230キロでぶっ飛ばしてくれます笑



ちなみにウズベキスタン高速鉄道も中国と同じで在来線を改修して高速鉄道にしたタイプ。



だから他の列車との兼ね合いで本数が少なくて、いまいち利便性が良くない。せっかくポテンシャルは高いのに、残念。



上の写真、駅構内は撮影禁止なのでWikipediaから引用ですm(_|_)m



image

中はこんな感じ!当然きれい!



そしてこの列車、飛行機に対抗してか、飲み物と軽食のサービスがあります‼ まぁワイは体調不良で食べれませんでしたがm(_|_)m



車窓は……窓側の席じゃなかったのでよく確認できず&写真撮れず泣











サマルカンドへは二時間ほどで到着。



ワイの宿とチサキさんの宿が近かったので、一緒に行くことに。



サマルカンド駅からツーリストエリアへは4~5キロほど離れてる。うむ、二人いれば、タクってもそこまで金額行かないはず、ラッキーである笑



が、チサキさん、



「歩きましょう」と。



ワイ「(´;ω;`)」



でもまぁこの時は列車の中で全然便意無かったし、もう治ったかなぁと思って、乗り気で「そうっすね!歩きましょう‼」と返してしまったのですよ。



でもやっぱり失敗でした泣



確かに便意とかは無くなった。治りつつあることは確かみたい。



でも病み上がり。歩き始めてすぐバテる泣



おまけに今回のワイの荷物は、フィリピン時代の教科書とか入ってるので、超重い。



10分くらい歩いたら休憩して、また10分歩いて休憩の繰返し。
結局一時間以上かかって宿に着きましたわ泣



チサキさんには迷惑かけてしまいましたなぁ、すみませんでした(´;ω;`)












宿はチサキさんとは違うので、レギスタン広場でお別れ。



このレギスタン広場、世界遺産のメドレセがドーンと建ってるところで、明日の観光まで見ないように見ないように、必死に目をそらしながら……笑



宿は歩き方にも載ってるバハディールというところ。



チェックインしようと中庭に入ったところ、なんとまた日本人が!



この方によると、この宿にはまだあと日本人二人もいるそうな。



やっぱり日本人はサマルカンド好きなんですなぁ!












チェックインしてしばらくネットした後は、まだ夕方だけど就寝。



とにかく早く体調不良を治さねば汗



【今日の宿】
image

B&B バハディール ツイン:12USドル

Wi-Fi:有
エアコン:無(ファン有)
ホットシャワーだけどヘッドは壊れてる

ドミと1ドルしか違わなかったので、ツインに。やっぱ、1ドル上乗せしただけで泊まれるツインなんて、たかが知れてる泣











【車中のベストトラック】