出発前の最後の作業、住民票を抜いて、転出してきました。



どこへ転出するかというと、一応留学先のフィリピンにしときました。



ではなぜ住民票を抜くかですが、住民票があると、
住民税
健康保険
年金
の支払い義務が生じてしまいます。



もちろん旅行中は収入は無し。こんなの払えるわけがありません。



でもこれには抜け道があって、それが住民票を抜くこと。



1月1日の時点で住民票があると、1年分の住民税の支払い義務が生じてしますのですが、



1月1日までに海外に転出していれば、 日本の住民ではないということで支払わなくて良いわけです!!



まあ、約1年間日本にいないし、日本の行政サービスを受けないんだから当然です。



健康保険は海外旅行保険に加入するので日本の保険証を返却し、



年金は学生の時みたいなカラ期間ということにして払わず。どうせ年金は将来、大してもらえないし。



 1月1日という日付がキーワードです。この日をまたぐか、またがないかで20万くらいちがいます!!!



そんなこんなでワイ、12月28日で晴れて住所不定無職になってしまいましたm(_|_)m