ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

2016年04月

リアルタイムは6月24日、アイルランドのダブリン。



10日以上更新開いちゃいましたが、そのあいだ……



アイスランドをレンタカー旅したり、



ロンドンでコールドプレイのライブに行ったり、



かなり怒濤の、というか中身が詰まった10日間でした笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



4月2日はサラエボの街をブラブラする日。



やること沢山あるので、早めに行動開始ですm(_|_)m



まずは宿のスタッフに行き方を聞いて、トンネル博物館へ。



写真は無いんですが、ボスニアヘルツェゴビナ紛争時、サラエボがユーゴスラビア軍に包囲された際、



唯一サラエボと他のボスニア人陣地とを結んでいたトンネルが再現されてるんです。



でも……ただ、この博物館、展示内容が少な過ぎて……



普通はツアーでガイドさんの話を聞きながら、映像みたりいろいろ盛りだくさんらしいのですが、個人でやってきたワイはそういうの全く無し泣



非常に非常に不完全燃焼な感じで退散です泣











帰りはタイミング良くサラエボの中心部へ帰るというドイツ人グループからタクシーシェアを誘われ、お言葉に甘えてワイも同乗笑



思いがけず格安でタクることができました笑



中心部に戻ったあとは、歩いてサラエボ冬季オリンピックのメインアリーナへ。



この会場、オリンピックの施設を見学に来た訳じゃありません。



サラエボ包囲の際、墓地の足りなくなったサラエボ市民が仕方なく犠牲者を埋葬したのが、



このアリーナのサブグランド。



今でもこのグランドは墓地として使われています。



そしてアリーナもスポーツ施設として現役です。



スポーツと平和の祭典であるオリンピック施設と、



戦死者を埋葬する墓地と、強烈な対比。



別に酷いものを見たわけでは無いのに、衝撃的で、絶句です。



そして見つけたのが墓地の中にある、屋根の無いモスク。



屋根の無いモスクなんて初めて見ましたよ。



なんだかここは慰霊の中心な気がして、思わず涙が。



この隣のグランドでは、地元少年たちがサッカーの練習してました。



サラエボという町は栄光からどん底まで経験した町だけど、それは過去のこと。



現在進行形なのはサッカー練習してた少年たちなんですね。



ああ。。。写真があればなぁ・・・。

























次は中心部に戻って、ジェノサイド博物館へ。ほんと市街地のど真ん中にありますm(_|_)m



ボスニア紛争は、ジェノサイド(虐殺)が多数発生した紛争として有名なんです・・・。



戦争の悲惨さに優劣なんてつけちゃいけないけど、このボスニア紛争はワイが調べた中でもトップクラスに混沌とした紛争。



イデオロギーの対立ではなく民族の対立なので、民族浄化が行われるわけです。



そして当初ボスニア人&クロアチア人VSセルビア人だったのがボスニア人とクロアチア人が仲違いして三つ巴の戦いになったり、



国連やNATOが介入しようとして、しなかったり、もう訳がわからない。



今日来た博物館はスレブレニツァの虐殺という事件の博物館です。



正直よく知らないまま来てしまい、展示見た後から自分でネット調べたのですが、



このサイトが詳しい気がします。



展示内容は全て英語なので不完全燃焼な感じだったのですが、映像を見ることができまして、時系列で詳細にそこで何が起きたか説明を聞くことができて、この映像はほんと見ておいたほうがいいです。

























次はスタジアムに向かいがてら、かつてスナイパー通りと呼ばれた通りをうろつきます。



DSC_0006_12





この写真の右側が川になってるのですが、川の向こう側がセルビア軍に掌握されてしまい、川向こうからスナイパーが常にボスニア側を狙ってたそうなんです。



なんでも動くものは全て撃ってたみたいで、一般市民も当然巻き込まれます。



そしてこのスナイパー通りに関してはあの山路徹(笑)が当時詳しくレポートしてます・・・笑



山路徹って、あの麻木久仁子とかとやらかしたあれです・・・笑









写真に見える黄色い変な建物が、戦時中も営業していたというホリデイインです。



実はこのホテルにどうしても泊まってみたかったのですが、なぜか予約ができない。



なのでこの時直接現地に乗り込んでみたのですが・・・



なんと!



閉鎖されちょる(´;ω;`)



戦争も耐え抜いたホテルが・・・



閉鎖されちょる!!!!!(´;ω;`)



戦争は耐え抜いたかもしれないけど、資本主義の荒波には耐えられなかったんですかなぁ・・・。

























スタジアムに向かう道はまさにボスニア人勢力とセルビア人勢力の最前線。



なので爪痕が今でもたくさん残ってます・・・。



DSC_0003_12

弾痕がそこかしこにあったり。


DSC_0007_9

わかりづらいけど、炎上した跡があったり。



DSC_0009_7

ここも弾痕。



そしてスタジアム前の団地、ここがひどかった。



DSC_0010_8


DSC_0011_9


DSC_0012_7

ここの蜂の巣っぷりはひどい。



特に最後の写真・・・

























で、この団地の目の前には目的地のスタジアム!やっと到着です!



サッカー好きの兄にヨーロッパの珍しいクラブのシャツを買ってきてくれと頼まれていたので、



スタジアム内のファンショップに行こうと思ってたのだけど・・・



ファンショップなんてどこにも見つからず泣



ちなみに今日はFCジェリェズニチャルのホーム試合もあります笑



当初は観戦はしないつもりだったけど、現地サポに絡まれ、いつの間にかチケットカウンターの列へ笑



並んでたら貧乏なジェリェズニチャルサポーターが寄ってきて、ワイもなぜかノリでそいつの分まで払ってしまう笑(でもまあ500円もしないんだけど笑)



で、入場!笑



DSC_0014_12




そして試合開始!



DSC_0016_6




ちなみにFCジェリェズニチャルというのはFC国鉄という意味らしいです。 国鉄スワローズ的な。



なのでスタジアム内に蒸気機関車が展示されてて、試合開始時やゴール入った時は機関車の汽笛がポッポ〜と鳴るわけです笑







ワイ、これが初めての欧州サッカー観戦だったんですが、サポーターのドスの効きかたがwww



もうね、超怖いんですよ笑



ヤジとかすごいし、爆竹ってレベルじゃ無いダイナマイトみたいなやつ投げ込まれるし。(それも結構頻繁に)



明らかに観光地を歩いてて見ることができる現地人とは雰囲気が違う笑



そもそも機関車の前とかも完全武装の機動隊が固めてて、機動隊が写っちゃ怒られるかなと思って写真バシャバシャとれなかったり笑



でもフーリガン対策で機動隊大量にいるし、場内でアルコールの販売禁止でオレンジジュース売ってるしで、なんだかんだで安全でした笑



で、結果は3−1でジェリェズニチャルの勝ち!



ちなみにジェリェズニチャルはあのオシムも、オシムの息子もプレー&監督したことあるチームなんですm(_|_)m



試合終了後に露店の非公認ファンショップにも寄ってみたけど、シャツは売り切れ・・・。



しゃーなしに中心部のサッカーシャツ屋に行ってみたら、なんと発見!笑



兄上にいいお土産ができました笑

























夕食は宿のスタッフ一押しのボスニア料理「ブレク」
DSC_0018_7




トグロ状に巻かれたミートパイで、もう超絶美味!!



この旅でもトップクラスの美味しい料理でした!!
























【今日の宿】
DSC_0019_6

DSC_0020_5

トラベラーズホームホステル 8人ドミ:8ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー


今日買ったジェリェズニチャルのシャツ見せたら、超喜んでくれた笑





4月1日に飲んだビールですm(_|_)m



【今日のビール】
DSC_0015_10
 SARAJEVSKA

今までの中では、なかなか当たりなビール。
昔はオーストリアハンガリー帝国の一部だったからかな?







 

リアルタイムは6月12日、アイスランドのレイキャビク。



明日からのレンタカー旅に備えて色々情報調べて、ついでにシガーロスのDVD見てたら猛烈にモチベーション上がってきましたわ笑



明日から頑張りますわ!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



4月1日はエイプリルフール。



でも一人旅にはそんなの関係ありません。



なぜなら話し相手がいないから泣



ということで4月1日も通常運転で旅を続けておりましたm(_|_)m



今日はボスニアヘルツェゴビナのサラエボに移動する日です。



ボスニアヘルツェゴビナって長い・・・。



ちなみに略称はBIHです。



ボスニャク語だとiは&の意味なんだそうな。



という感じでバスに乗り込み、車窓を眺めてたら、早速素敵なものが。



DSC_0011_8
回転台!!!



それも朽ち果ててる!!!!



朝から素敵な廃墟を激写することができて、ワイは満足です笑。



その後、バスはとぼとぼ進み、



国境まで1時間ほど、というところでなぜか停車。



運転手から何やら降りろ的なことを言われ・・・






運転手、バスの修理を始める(´;ω;`)





なんで、なんでワイはこんなに移動に恵まれないんですかね?泣



ウズベキスタン以来だけど、もう車の故障は4回目。



で、近くのガソリンスタンドに救援を求めるも・・・対処できず。。。



今度は運転手、携帯電話で何か話し始め・・・



「荷物も下ろせ」と。



つまり別のバスが代わりにくるから乗り換え、と。



はぁ・・・



で、結局1時間くらいぼーっと待ちぼうけしてたら、バスから東洋人っぽい人が降りてくる。



!!!!!



なんと日本人でした!!!



トモコさんっていうワイと同年代の、世界一周旅行者!!!



今まで世界一周旅行者に一度も会ったことが無かったけど、こんなところで初めて会うとは!



そしてトモコさん、ベオグラードで1ヶ月沈没していたそうです笑




















乗り換えたバスは救援のバス、というわけではなく、同じ会社のノヴィサド→サラエボ行きのバスがもうすぐ通りかかるからそれに相乗りするということ。



なのでほぼ満員。。。



でも窓際は確保できました笑



Screenshot_2016-04-01-12-30-54
ボスニアヘルツェゴビナへ入国し・・・



すぐにダムがお出迎え笑



DSC_0013_7
おお!!



でも国境の街中のダムなんで、相模湖みたいで風情は無し笑



で、その後は爆睡してしまいました・・・。



そんなこんなでサラエボ到着。



でも・・・



いきなり見つけてしまいました。



DSC_0014_11
弾痕。



ボスニア紛争は、ユーゴ分裂の際の一連の紛争の中で、一番激しかった紛争。



もう、そこらじゅうで虐殺が行われていたそうです。



この辺の話はまた後日・・・。



今はボスニアは平和そのもの!!



【今日の宿】
DSC_0019_6
DSC_0019_6

DSC_0020_5

トラベラーズホームホステル 8人ドミ:8ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無
ホットシャワー








で、なんと・・・



料理してる日本人発見!!!



キョウゴさんていう料理人さん!そして世界一周旅行者!!



いままで全然世界一周旅行者に出会わなかったのに、なんで今日いきなり2人も笑



やっぱ旧ユーゴの国は旅人が集まるのかな?笑












 

↑このページのトップヘ