ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

2016年03月

リアルタイムは6月10日、アイスランドのレイキャビク!



もう、何もかもが高いです。



ドミ1泊5000円とか普通です。



コンビニで500mlの飲み物買うと、値段は350円ほどです。



さすが物価世界一・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




3月31日はベオグラードの街を観光する日。



観光と言っても、ベオグラードには城の跡くらいしかないのですが・・・。



まずは宿の近くの、NATO軍の攻撃の跡を見に。



主に政府関係のビルしか攻撃の対象にはならなかったので、



ベオグラードの街でNATO軍の攻撃の跡はほとんど残ってないのですが、



ここだけ残ってるんです。
↓↓ 

DSC_0001_14

 







むむむ、、、、









建て直しが始まってる汗(;´Д`) 








その向かいのビルも・・・






DSC_0003_11




こっちはまだ本格的には始まってないけど、下から足場を組む準備が始まってる汗



でも、この攻撃を受けた建物は、セルビアからしたら負の遺産なんですよね。



今のうちに見れてよかったとか思ってる自分は、セルビア人からしたら不愉快な話。



なんか、世界って難しい・・・。



ちなみに、この手前に幅30メートルはあろうかという、セルビア軍の志願募集の広告がでてましたm(_|_)m




















その後はベオグラード城趾へ。



天守閣みたいな大きな建物は残ってないので、ただの堀と城壁しか残ってないのですが・・・



なんと中はミリタリーミュージアムになってるwww



内容は中世から近現代、第一次大戦、二次大戦、戦後もボスニア紛争、コソボ紛争と、戦争に明け暮れていた国らしく、超充実です笑



写真は一眼で撮ってしまっていたのでないのですが、これだけ携帯で撮ってました。



DSC_0004_12




何かわかりますかね?



劣化ウラン弾です。



使用済み核燃料から作られる、戦車の装甲をも貫く超硬い弾丸です。



核燃料から作られるので、もちろん放射能を撒き散らすわけです。



こんなのを撃ちまくるなんて、敵地のことなんて全く考えない、戦争は自分勝手ということを象徴するようなものですな・・・。



まあ、展示の最後で、セルビアが「NATO軍と比べて圧倒的に多勢に無勢だから負けた」って記述があって、それもなんだかなぁ、て思いましたが。 




















このベオグラード城趾はミリタリーミュージアムだけじゃなくて、城壁に登ったりできますm(_|_)m



DSC_0005_11
ドナウ川。これがこの先いくウィーンやプラハと繋がってるんですなぁ。



にしても空が青い!!この旅で一番絵になる空!!でも一眼で撮った写真は無い!!



 Takastagram20160611_154550
城壁で出会った少年と。©高須クリニック




















このあとはピザとビールを買って、宿でボッチ飯・・・のはずが!



日本人!!!



なんと!!!!!



ソフィア以来の日本人です笑



別に日本人宿でも無いし、この宿はそもそもベオグラードで有名な宿というわけでも無いし、すごい偶然!!



アキさんという、ヨーロッパ周遊中の方でした。なんと既に世界一周は経験済み!



そしてこれからスペインでサンティアゴ巡礼の旅に出かけるんだそうな!! 



スペイン版お遍路さんみたいなやつです!すげー!



2人ともこんなところで日本人に会うとは思ってなかったので、話がはずむはずむ笑



で、食べ終わってシャワーして、ワイは共用スペースで1人残ってこのブログ書いてたのですが・・・



なんと!!



また別の日本人が!!!



ヨシコさんという、なんとインドのアシュラムで修行を経験してきたツワモノ笑



やっぱ、こんなヘンピなとこで出会う日本人は、本当に旅慣れた方ばっかで憧れますわ笑



ヨシコさんも約1ヶ月ぶりくらいの日本人だったそうで、ワイらを見つけた時は超絶びっくりしたそうで、



一気に話が出てくる出てくる!笑



やっぱなんだかんだで、日本人は日本人を欲してるんですな笑



そんなワイワイしている中で、宿のスタッフがお客さんからお土産でもらった高級なチョコをわけてくれたり、この宿もまた最高!



この宿なら沈没できそうだったけど、明日はサラエボへ出発です汗






【今日の宿】
DSC_0001_13

DSC_0002_11

ホステル ホームスイートホーム 6人ドミ:5ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー

至極清潔・コスパ良し!スタッフも良し!でもネズミがでる笑









 

リアルタイムは6月9日、ドイツのベルリン!



ついに今日の夜、アイスランドへ飛び立ちます!!



物価世界最高の国へ!!泣



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



3月30日はセルビアに戻る日。



ベオグラードまで北上しますm(_|_)m



プリシュティナのバスターミナルまでは、今日は荷物がたくさんなのでタクシー。



宿の兄ちゃんから「相場は3ユーロだからそれ以上ふっかけられても払っちゃダメだよ!」



と、忠告を受ける。



で、宿の前の交差点にいたタクシーを捕まえて、いくらか聞いてみる。でも・・・



「何言ってるんだ?うちはメーターだよ」



(((( ;゚д゚)))



なんと!



この旅で初めてのメータータクシー!!!笑



やっぱコソボは国も良いし人も良い!!素晴らしい国ですわ!!!




















ベオグラードまでのバスは、国境までは来た道と同じ。



でも、そのあとは大都市を繋ぐんじゃなくて、直線距離で一番近い道をひたすら爆走!!笑



なので山だったり、農地だったり、すごくのほほーんとした風景が広がってました(●´ω`●)



そして山間部で不自然に川幅が広くなってるところにさしかかる・・・



これはもしや・・・



ダム!!!!!!!



開閉できる堤体は無しの、たぶんアースダム。



少し離れたところに超豪快に水を吹き出している池があったので、おそらく発電用ダムだと思われますm(_|_)m



窓側じゃなかったので、写真撮れなかったのが悔やまれる・・・。 











その後ものほほーんとした風景は続き・・・ほどなくしてベオグラード到着。



今日の宿はネットで世界一清潔なゲストハウス!と絶賛されていた宿へ。



【今日の宿】
DSC_0001_13

DSC_0002_11
ホステル ホームスイートホーム 6人ドミ:5ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー(バスタブ付き)

確かに綺麗!! でも、1泊5ユーロって!!




















そんな感じで良い宿に泊まってしまったので、宿のスタッフにオススメの飯屋を聞いて、少し奮発してしまいました笑

DSC_0003_10
ひさしぶりのガッツリと肉笑。



ジャガイモついてるのに、パンも付いてくるから満腹まんぷく・・・。



肉がすごく柔らかかった!







【今日の車中のベストトラック】





Yellowcardとか懐かしいなー。まだ活動してんのかな?










 

リアルタイムは6月8日、ドイツのベルリン。



今日も博物館巡りですm(_|_)m



明日の夜、アイスランドに発ちます!ついに念願のアイスランド!! 



ワイが国単位では、今回の旅で一番行きたかった国ですm(_|_)m



何も考えずにこれ見てみてください。
↓↓






アイスランド出身のバンドSigur Rosの「olsen olsen」て曲です。



どうですこの映像!!行きたくならないすか??



その他にも・・・こんな雄大な自然があります!
↓↓

google画像検索「アイスランド」



やばいっすよね!?



てことで明日の夜、飛行機でひとっ飛びしてきますー!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


3月29日はコソボの世界遺産を見学する日ですm(_|_)m



朝起きたらいつの間にかもう11時笑。急いで準備して、宿のスタッフに行き方聞いて、出発です!!



まずは歩いてバスターミナルへ。



ジョージブッシュ通りとビルクリントン通りを歩きます笑



ちなみにビルクリントンに限っては銅像まであるwww



まあ、コソボ紛争でNATO軍がユーゴスラビア軍(今のセルビア)を追い払ってくれたので、アメリカ様様になってるのですが、



ここまで親米な国って、世界に他は無いと思う笑



バスはなぜか長距離用の大型バス笑。



どうやら50キロくらい離れた町に行くバスの経路上にあるみたい。



でもワイが乗ってたのはわずか15分ほど笑



コソボの中の、セルビア人村の中に、今日訪ねる世界遺産、グラチャニツァ修道院はありますm(_|_)m



ちなみに、コソボ人はイスラム教徒です。セルビア人はキリスト教徒。そのセルビア人村の中にある修道院がここグラチャニツァ修道院。



コソボ人とセルビア人、紛争で戦った間柄で、危険な匂いがプンプンしますが・・・地球の歩き方には、やっぱりこの世界遺産は今でもNATO軍が守ってると書いてあります汗



で、ワイ、この修道院に着いたのですが・・・



(゚Д゚≡゚д゚)?



どこにもNATO軍はいない・・・



中に入ってみても・・・



警備員すらいない。



というか無料なのか笑



どうやらもう平和みたいです笑








で、さらに聖堂の中に入ってみると・・・すごい!!



すっごいフレスコ画!!!!



ナイスなおじいさんの管理人さんが出てきて、分かりやすい英語で解説してくれました。



ここはセルビアで最も偉大な王様が建立してくれた修道院なんだそうな。



で、外観の5つのドームも世界でここだけ、非常に貴重なものなんだそうです!!



その他にもフレスコ画の意味を色々解説してくれて、本当にいい体験ができました!



で、その写真ですが・・・例のごとく無いので画像検索のリンク貼っときますm(_|_)m



google画像検索「グラチャニツァ修道院」




















帰りのバスは行きと180度違うワゴン車を改造したミニバスwww



まさに中央アジアで見たマルシュルートカと全く同じです笑



やっぱ、旧ソ連の影響があったところはこういうのが走ってるんですかね・・・?



行きと同じバスでは無いので、プリシュティナの町に着いてもバスターミナルとは違うところで降ろされ・・・



仕方なしに歩いて中心部までm(_|_)m



その途中に昨日の脳みそ図書館に寄ってきました笑



DSC_0023_6



なんでこんな気持ち悪い形に・・・笑



DSC_0020_3
中は意外にも普通。大学の図書館なので学生さんたちの邪魔にならないように、写真を撮ります・・・



DSC_0021_6
NATOライブラリー笑。



DSC_0022_5
アメリカンコーナー笑



もう西側好きすぎて笑えてくるwww



世界のどこに行ってもアメリカ人はある程度嫌われてるんですが、ここのアメリカ好きは異常笑




















そんなこんなで今日はスタートが遅かったので、もう宿に帰ります・・・。



【今日の宿】
image
ハンホステル 6人ドミ:10ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー(夜22時まで)












 

リアルタイムは6月7日、ドイツのベルリン。



今日は博物館巡りとベルリンフィルメンバーのランチタイムコンサート。



このコンサート、なんと今日はベルリンフィルの日本人メンバーでした笑



なら日本でも聞けるじゃん、と思うかもしれませんが、このヨーロッパの自由な空気のランチタイムコンサートで聴くのがいいのですよ!!



ちなみに町田琴和さんという方でしたm(_|_)m 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




3月28日はプリシュティナの街をぶらぶら。



まずはコソボフィルハーモニーというヨーロッパで一番レアなオケの情報を探しに、



本拠地としているらしいRED HALLというところを探しに。



地図やネット情報によると、青少年・スポーツセンターという謎の施設にあるらしい。



しかもちゃんとしたホールじゃなくて、会議室みたいな大きな部屋をホールとして使ってるらしい。



で、その青少年・スポーツセンター とやらへ行ってみることに。



そのスポーツセンター、着いてみたところ、1階部分はショッピングモールになってるみたい。



おお、これはホールあるかもしれんぞ、と期待してみて2階部分に上がってみると・・・



立派な廃墟(´;ω;`)



体育館の入り口部分はまともに整備されてたけど、体育館前の広場的なところがなんか瓦礫やガラス片が散乱しまくってて、



しかもなんかションベン臭いし、ここは絶対違う・・・とワイのカンが働きました泣



体育館のスタッフにRED HALLはどこだ、と尋ねてみても、「は?」的な感じで全く当てにならず。。。



と、いうことで今回の旅ではコソボフィルハーモニーは諦めですm(._.;)m




















その後は兄に「ヨーロッパのレアなチームのシャツをお土産頼む」と言われていたので、



コソボ代表のシャツを捜索です笑



さっきの青少年・スポーツセンターの下のモールへ行ってみたり、バザールへ行ってみたり。



で、モールの中にあったスポーツ用品店で、シャツじゃないのですがとんでもないものを発見。



銃ですよ、銃。



それも競技用とは思えぬハンドガンや、マシンガンも沢山。



こういう形で法の穴をくぐって、武器が市民に行き渡ってるんだなぁ・・・と。



なんだかんだでこの国は内戦が終わってまだ10年ちょっとしか経ってない。



市民の間には、まだ平和という意識はあまり無いのかもしれません・・・。








まあ、そんなことは置いといて、どこにも売ってないのですよ!シャツが!!



というかコソボ代表のシャツがどんな柄かもわからん。



これか?と思ったやつはアルバニア代表だったり、アルバニア代表の別カラーだったり、ドイツやスペインのリーグのクラブチームだったり。



で、探しに探したあげく、偽物サッカーシャツ屋にて、やっと発見!!



で、どんな柄だったかというと・・・写真ありません・・・。



googleで検索してみてください笑














スポーツ用品店を探しに街を徘徊していた時に見つけた、コソボ名物脳みその形をした図書館。

DSC_0017_6
 


世界に名だたる珍建築らしいです笑



これ見ただけだと、カプセルタワーに似てるような笑



プリシュティナ大学の図書館なのですが、明日はこの図書館の中に潜入します笑




















宿に帰った後は・・・ビール!




【今日のビール】 
DSC_0018_6
PEJA

ペヤと読みますm(_|_)m
味は美味です!セルビアのビールより美味しい気がする笑





















ビール飲みながら、なんでアルバニア代表のシャツが沢山売ってるんだ?と宿のスタッフに聞いてみたら、なんとこんな答えが。



コソボ人のほとんどはアルバニア系で、コソボ人はアルバニア代表を応援するそうです。



でもなんで立派な独立国なのにコソボ代表を応援しない?ということですが、なんとコソボ代表は国際試合を一部でしか認められていないんだそうな。



先日書いた、コソボを承認していない国がわんさかある為です。



コソボ代表を認めてしまうと、コソボが独立国ということになってしまう。



サッカーだけに限らず、いろいろなスポーツの国際団体が、トラブルを恐れてコソボ協会の加入を拒否してるんです。



そのためオリンピックにも参加できない。



なんかこんなブログで意見しても意味無いですが、ワイが思うのは、国際問題のせいでアスリートが活躍する場を奪われるというのはおかしいと思うんですよ!!



国際大会に出るには、その国の協会に属さなきゃいけない、その協会のバックには政府がいる。



その国の政府が問題を抱えてると、国際試合もままならない・・・。



スポーツと平和って、必ずしもマッチするもんでは無いんですよね。なんかがっかりです。



もう、協会なんか関係無いプロレスやXゲームを見ろってことですかねwww



なんかそれもアリですね笑



スポーツ=平和ではないけれども、



スポーツ=エンタテイメントであることには間違いない!笑



と、いうことで、今からWWE(ワールドレスリングエンタテイメント!笑)をネットで見てきますm(_|_)m



















【今日の宿】
image
ハンホステル 6人ドミ:10ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー(22時まで) 









 

リアルタイムは6月6日、ドイツのベルリン。



今宵の宿はなんと大手ホテル ホリデイインの系列のホステル!



ホリデイインが安宿やってるなんて驚き……笑



でも、超巨大ホステルなだけあって、このブログ書こうとロビーに降りたら、すげー人だかり。



そのせいでロビーのWi-Fiが遅い遅い!



仕方なく部屋のベッドで携帯からこのブログアップしています……携帯だと使いづらい……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




3月27日はコソボのプリシュティナに移動する日。



でも昨日書いた通り、今日はサマータイムへの移行日なので朝から行動はせず、夕方から行動開始笑



夕方まではこのブログ書いたり、昼飯食べたり、



昼飯食べてたらまた昨日のグループにラキア飲まされたり、ビール飲まされたり笑



そんなこんなで宿から一歩も出ずに夕方まで過ごしてました笑












そんな最高な宿、ホステル デイアンドナイトに別れを告げ、いざコソボへ出発です!m(_|_)m



バス代をセルビアディナール払いにしたら、ユーロ払いよりだいぶ損しながらも、満員近いバスに乗ることが出来ました。



で、また爆睡。



国境で起こされ、いつものザルな審査で入国、



また爆睡。



プリシュティナに着くちょい前くらいに起きたのですが、意外と夜にもネオンが輝いてる‼



てか店たくさん!



なんかコソボ紛争のイメージが強すぎて、プリシュティナの街はゴーストタウンみたいになってるかと思ったら、全然そんなことありませんでした笑



無事プリシュティナに着いたら、タクシーで宿まで。



タクっても5ユーロ。深夜のバスターミナルにいるタクシーなんで、ぼったくられてるんだけど、そもそも物価が安い笑



で、宿に到着。


【今日の宿】
image

ハン ホステル 6人ドミ:10ユーロ

Wi-Fi:有
エアコン:無かった気がする
ホットシャワー(夜10時以降は使用不可)



シャワー!



ワイ、着いたのちょうど10時(´;ω;`)



夜は断水なんだそうな泣



なんかやっぱり、こういうところはまだまだ出来たばかりの発展途上国ですなぁ……。




↑このページのトップヘ