ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

2016年02月

今日も移動日。バスは8時発だけど、バスターミナルまでのバイタク代がない!!!



正確にはお金はあるけど、100ドル札しかもっておらず、物価の安いこの国ではお釣りがないので100ドル札は拒否されてしまうのですよ。



なんで泣く泣く25ドルをATMで降ろし、バイタクでバスターミナルへ。



8時に出発。



DSC_0113

今日はシェムリアップ〜プノンペン間の農地が広がる車窓とは違って、プノンペン〜シハヌークビル間は山間部を進みます。



山間部といえど、道はシェムリアップ〜プノンペン間よりはるかにしっかりしてます。



シェムリアップ〜プノンペン間は未舗装の道路が所々あったり、舗装してあっても穴ボコだらけだったり・・・。



でもプノンペン〜シハヌークビル間はバッチリアスファルト舗装されてるだけでなく、車線まで引かれてる!!笑



なぜならシハヌークビルにはカンボジア唯一の貿易港があるんですね。海上コンテナの重みに耐えられるしっかりした道路が必要なわけです。



前職の1年目くらいの、まだ新入社員だったころ通関を担当してたお客さんで、プノンペンの工場で作って、シハヌークビルの港から出してる靴メーカーさんがいました。



同じ道通ってると思うと、なんか感慨深げですなあ。



 DSC_0108
休憩中にパシャリ。



 DSC_0111
山間部を走ってきたので、エンジン冷却中です。



距離はシェムリ〜プノンペン間の半分くらいなんだけど、山間部なのでスピードが出せず、5時間かかってやっとシハヌークビルに到着。



 着いてからは宿探し。全く宿に見当をつけてなかったので、とりあえずトゥクトゥクの運ちゃんにオススメのところに連れてけって言ってみる。



前回シハヌークにきたときは、シハヌークビルの外れのビーチに面したオンボロのバンガローに泊まったんです。オンボロでも、本当にビーチに面したロケーションが最高で、静かで、景色も綺麗で、なかなかに気に入ってました。



今回もそんなところに案内されるのかなーと思っていたら、 シハヌークビルの繁華街のビーチの近くの宿を勧めてくる・・・。確かにビーチの近くとはリクエストしたけど、なんか違う・・・。てことで他のオススメにも回らせることに。



「ここじゃなくて静かなところが良いんだ」と言ってみたら、 少しビーチから離れたところに連れてったり、繁華街から離れることをいまいち理解してくれて無い様子・・・。



まあ、もしかしたらこういう繁華街に近いビーチも良いかもしれないと思って、しょうがなく運ちゃんオススメのところへとりあえずチェックイン。今日試しに1泊してみて、ダメだったら明日午前中にまた自分で探しに行こう・・・と。



とりあえずチェックインしたとこはこんなところ。

DSC_0028(2)(1)

DSC_0027(1)(1)




チェックインした後は、もう15時くらいなのにまだ昼を食べてなかったので、ビーチサイドのレストランへ。



DSC_0029(1)(1)
白砂、青い海、だけど風があるので波で砂が舞ってしまい、今日の透明度はあまりよろしくなく・・・。



レストランではさっきの100ドル札を小さいお金に変えるべく、頑張って10ドル超えを目指す笑。なんちゅう贅沢をしてんだワイは泣



オススメのカンボジア料理をとりあえず2品。そして昼からビール。



で、昼からビールなんて飲んでしまったもんだから、せっかくカンボジア料理頼んだのに写真を撮るのを失念・・・。



ちなみに、カンボジア風フライドライスに牛の煮込みがのったラクラクという料理と、



海鮮春巻き(これは特にシハヌークビルの名物らしい)を頼みました。 



まあ、予想どおりに一皿でも十分な量でして・・・



今日は夕食たべません笑



食べ終わった後は宿に帰って昼寝・・・というか夕寝。



でもここでこの宿の問題点に気づく・・・。



この宿、もともとは全室エアコン付きで、エアコンつけないから値下げしてもらったんです。



でも、エアコンを使うことを前提に作られてるから・・・すげー蒸れる汗



夜なんて外は20度くらいまで下がるのに、ここはジメジメしてクソ暑い・・・。



20時くらいに起きてしまいました。その後は外のレストランでジュース1缶だけで何時間も涼む笑



やっぱり明日自分で改めて宿探しすることに決定。



そんな感じで今日は就寝・・・。



 


【今日の宿】
DSC_0028(2)(1)
DSC_0027(1)(1)
GBT2 Gest House シングルファンルーム:10ドル

Wi-Fi:有
テレビ:有
コールドシャワー



 

ついにこの旅も2ヶ月目に突入してしまいましたm(_|_)m 



今の所、一時帰国はゴールデンウィーク前の予定。それまであと3ヶ月苦行に耐えるなきゃならんですな。笑









今日は色々動き回りましたm(_|_)m



写真多めなので読み込み遅いかもしれません。すみませんです。



朝は6時半に起き、7時のバスに乗ります。30分しかないけど、無料のピックアップが宿まで来てくれるので余裕っすね。



で、出発。一路、首都のプノンペンまで走ります。



ワイ、船・飛行機・車などなど、乗りもの好きなので移動は全然苦じゃ無いんですよ。



 でも、最近の移動は夜だったり爆睡してたり・・・全く写真撮れてない。



今回の移動も例に漏れず、今日は早起きだったので爆睡笑 全く写真撮れて無いです笑



でも、途中休憩でやっと撮りました。



DSC_0106
 乗ってるバスと、民間の売店兼レストラン。



 東南アジアは基本高速道路は高速国道って言って、ただの国道なのでPAはみんなこんな感じです。



寝てる間にずいぶん田舎にきました。


DSC_0101
 このあたり一面、刈り取りが終わった田んぼです。旧共産圏だけあって、区画整理はばっちりしてあるんですが、ところどころに木が残ってます。なんで残してるんじゃろ?



木の間にハンモックが吊るしてある!この辺りの生活はのんびりしてるんでしょうなあ。うらやましいですなあ。



写真の後はずっと車内のテレビで映画みてました。



クッサイ演技と超展開満載のしょーも無いB級香港映画と



カンボジアのホームドラマなんだかゾンビ映画なんだかわからない映画笑



とりあえず、この映画をチョイスした車掌のセンスは非常によろしい笑



あと、ちょいちょい道を見てて思ったのですが、オンボロ車が本当に無くなった!!!



実はワイ、6年前と2年前にもカンボジアに来てまして、初めて来た6年前なんか信じられないくらいボロボロセダンの白タクに乗せられたのですが、そんな車、完全に駆逐されてる!!



それも、圧倒的に増えたのはトヨタランドクルーザーやプリウス、レクサスのSUVなどラグジュアリーな車ばっか!!(ほんとに4台に1台くらいの確率でレクサス走ってますよ!笑)



本当にカンボジアの発展具合には驚かされますわ!!!




そんなこんなで7時間くらいかかってプノンペンに到着。



Googleマップ上ではバスステーションから安宿街まで歩けそうな距離。てことでバイタクとトゥクトゥクの客引きを押しのけ、歩いて安宿街まで。



しかし・・・暑い・・・。



しかも20キロの荷物を抱えて混雑した道を歩くのは相当体力を消耗する。



やっとこさ安宿街に着いたんだけど、もうこの頃には宿を吟味する気力は到底残っておらず、一番有名なキャピトルゲストハウスへ。



しかも汗ダラダラで何としても涼しい空間に入りたかったので、勢い余ってエアコンルームを選択。この先長いのに、良く無いですなあ・・・改ます。



P2010089
 宿はこんな感じ。



エアコン16度に設定し、涼んだ後は、ある意味カンボジアで一番行きたかったところへ。



カンボジアに来た理由は、シハヌークビルっていうビーチリゾートに行くためだったんです。なのでシェムリアップからシハヌークビルに直接行けば良いのに、わざわざプノンペンに寄ったのはあるところにどうしても行ってみたかったからなんです。




















どこかっていうと・・・




















DSC_0037




















イオンモール プノンペン!!!




















なんと、カンボジアなんて辺鄙な国にイオンモールがあるんです!!



もう、このアンバランスさが笑えてくる笑



早速中へ。



DSC_0028(1)
まずはイオンショッピングセンター。イオンが直営してるスーパーのエリアです。
さすがにスーパーは若干現地ナイズドされてますね。日本のイオンみたいにコテコテのスーパーじゃなくて、少しスタイリッシュ笑



DSC_0040
あまり美味しく無いトップバリュのお菓子は日本と全く同じ!!!



DSC_0039
 さすがに魚はカンボジア産じゃないとやばいっすよね。



DSC_0030(1)
イオンリカー。裏手にはちゃんとワインのエリアもあります。カンボジアで安くてまともなワインなんて、ここぐらいでしか手に入らないんじゃ無いですかね。



DSC_0029
もちろんイオンバイクもあります。



次は専門店街。



DSC_0031
イオンモールの特徴、クネクネした構造はここにも健在です笑



DSC_0036
 フロアガイドを見てもそう。ちゃんと湾曲してる。



DSC_0032
イオンモールの特徴、ムカつく遅いエスカレーターもやはり健在。しかし登りは普通のスピードだった。



DSC_0035
 なんとローリーズ(女性向けの少し安めのブランド)もある!!そいや前職のとき、ローリーズの服の通関を何度もやったけど、カンボジア製もあった気がする笑 地産地消。



DSC_0033
 イオンフードコート。午後5時くらいの変な時間なので、お客さんはまばら・・・。



DSC_0034
寿司 並 6ドルはかなり安いと思う笑



一通り見てみた感想としては、スーパーのエリアは結構繁盛してた。多分外資系スーパーといえど、コンビニなんかで買うよりはずっと安いし、中産階級以上の人たちにとっては良い買い物なんだと思う。



でも専門店街、これがちょいとやばい気がする。訪れたこの日は日曜日。なのに専門店街はガラガラ・・・。



多分値段が高すぎるんだと思う。アルマーニやらバーバリーとかが入ってない、中産階級向けモールを目指してるんだろうけど、それでも高すぎるんだと思う。



帰り際になにやらイベントをやってたので、ちょっと見物。



DSC_0042
 現地のダンスグループが踊り狂ってます。



P2010093
なぜか日ハムのゲームシャツを着てる笑。
ちなみに稲葉と森本 笑 



P2010094
 ダンスが終わって、MCが登場。



P2010097
かと思ったらシンガーでした。さっきのダンスグループのボーカリストとデュエット。



 ちなみに曲はカンボジアのポップス!!カンボジアでは歌謡曲しかないと思ってたのでびっくりです。宿でテレビ見たりしたときも、カンボジアのポップスたくさん流れてました。 



イベントを最後まで見続けるとこのあと行きたかった レストランに行けなくなるので、途中で退散です。



DSC_0043
 駐輪場(有料)にてポリスのバイク発見。サボってきたのかな。




















そしてバイタクを捕まえ、迷いに迷い、他人に聞きながらやっとこさ着いたのは、もちろん旧共産圏ならではの・・・




















DSC_0050
 



















北朝鮮国営「ピョンヤンレストラン」




















10年くらいにお茶の間を賑わせた、「喜び組」のショーが観れるアレです笑 若き青年大将に貢いできました。笑



注文して間もなく、料理が出てくる前にショーが始まってしまいました。



ちなみに、この店内は撮影厳禁。強制収容所送りになる危険を顧みず、携帯使うふりして隠し撮りしてきました。



せっかくなので激写したもの全部アップ



DSC_0045

DSC_0046

DSC_0047

DSC_0048



ちなみに本日の演目は
 
ようこそ的な内容の歌(日本のテレビでもたまに流れる有名な曲) 

謎の太鼓ダンス

朝鮮の琴演奏 北朝鮮ポップスアレンジ

北朝鮮ポップス

中国歌謡曲のカラオケ

北朝鮮ポップスのダンス 歌なし

北朝鮮歌謡曲 バイオリン独奏

中国ポップスカラオケ&ダンス

曲技 (くるくる回るダンス的な)

北朝鮮ポップス バンド生演奏 ソロあり



という感じ。ちなみにバンド演奏のソロは、共産国家らしく、バカテク。超絶です。



2年前にカンボジア来た時もここには来たのですが、その時は偽マリオ偽ミッキー等々入り乱れてのダンスや、セリーヌディオンのカラオケなんかもあって、カオス度は昔の方が高かったです。



なんか客層も、昔は韓国人ばっかだったけど、今はほとんど中国人になってて、やっぱ演目にも中国の歌があったり、なんか中国人向けに落ち着いちゃった感があって少々残念。



料理は本場北朝鮮の冷麺を頼みました。



DSC_0049
 北朝鮮なのでそんなに辛く無い!!



DSC_0044

そしてビールもちゃんと飲んでます。こちらはカンボジアのだけど。。。 



そういえば、今回は喜び組のウエイトレスが積極的に話しかけてきたり、料理を勧めてきたり、2年前には無かったフレンドリーさがありました。やっぱ北朝鮮国内でも、資本主義が浸透し始めてるのかな。



明日もまた移動日、今度はシハヌークビルに行きます。なので早めに就寝です・・・zzz



【飲んだビール】
DSC_0044
Angkor Beer



ワイは非常に好きな部類。飲みやすい。全然まずく無い。日本になんで入ってこないんだろうと。









【泊まったところ】
P2010089
 キャピトルゲストハウス シングル:10ドル
Wi-Fi:有
エアコン:有

キャピトルツアーズという旅行会社がやってるゲストハウス。ゲストハウスの下にバスが来るので、便利だと思う。




 

↑このページのトップヘ