ワイ、27歳。嫁を置いて世界一周。

27歳。新婚。しかし、嫁を置き去りにして世界一周へ。 周囲の冷たい視線を耐えつつ、今しかできないことを謳歌する糞野郎の日記ですm(_|_)m  写真多めで投稿していきます。みなさま行った気になれるようなブログになるよう頑張ります笑

2016年02月

バスの切符が取れなかったせいで、今日も西安の街をブラブラです。


今日は博物館を2件、そして西安の城壁を一周する‼



てことで最初に陝西省博物館に来たのですが、これですm(_|_)m
↓↓
image




……。



(´;ω;`)



もちろん諦めです泣
地下鉄の電車賃無駄になった泣



気を取り直して2件目の博物館、西安市立博物館へm(_|_)m
西安市立博物館は世界遺産の小雁塔と隣り合っていて、どちらもタダで見学出来ます!



こちらはあまり並んでなかったので、いざならび始めました。



ちなみに入場料は無料なのですが、IDチェックをしたらタダ券が貰えるっていうシステムなんですね。もし小雁塔に登る際は有料。



ならびはじめて30分くらい経過し……



まわりを見えてないクソガキが列が動いているのに何かに熱中してて、詰めるのを忘れる。



詰め忘れた地点から列が分岐してしまい、みんな訳がわからなくなる。



これにはワイもイライラしてしまい、小雁塔登る人用の有料レーンは空いてたので、そっちへ移動。
なんかもういいや。まぁせっかくの世界遺産だし。



金の力でチケットをゲットし、颯爽と入場です笑



image

先に西安市立博物館へm(_|_)m



image

image

image

image

すごい‼ さすが中国4000年の歴史、有名じゃない博物館でも展示物はすごく充実しています。みんな魏とか唐の時代の出土品。



image

唐代の長安の都の模型。クッソデカい。



image

遣唐使に関する資料も。




image

菅原道真の名前発見。











博物館のあとは小雁塔に登りますm(_|_)m



image

image

ワイは昨日の大雁塔より、こっちの小雁塔の方が渋くて好きです笑



image

修復前の小雁塔。どうして中国人はこうも廃墟同然になるまで放置するんだろう笑



image

小雁塔の鐘。この鐘には仕掛けがあって、鐘を打つと下の穴から衝撃波が伝わり……



image

ここから水が出てきますm(_|_)m



さていよいよ登ります!



どうやら入れ替え制のようで、登る前も少し並びます。



小雁塔の写真みてわかる通り、上に行くにつれて狭くなっていきます。なので入れ替え制じゃないと詰まってしまうんですな。



で、頂上到着m(_|_)m



image




……(;´д`)‼



大気汚染やばっ!汗



このあと急いでマスクをしたのは、言うまでもありませんm(_|_)m











小雁塔の次は城壁の南門までいって、城壁に登りますm(_|_)m



image

城壁の上ではランタンフェスティバルをやってました。



image

image

夜になれば点灯するんだろうけど、今みても極彩色の頭のおかしい現代アートにしか見えないWww



今日城壁に登ったのは、ランタンフェスティバルのためじゃありません。城壁をチャリで一周するんです!



image

城壁の各所でチャリ借りれますm(_|_)m 今日のワイの愛車。



image

中国人はミーハーなので、城壁に登れればそれで十分。ランタンフェスティバルのあたりの客はものすごい多さだったけど、チャリで少し離れれば、こんな閑散としたいい雰囲気!



image

歴史地区。昔ながらの町並みが保存されています。



image

高いところから眺める、下々の民の家。ワイはこういうのも無くならないで欲しいと思う笑



image

城壁の北側まで来ました。西安駅。中国の駅はみんなこんな感じで行書体でシブイ。



image

やっと半分。北側の門。



image

北側の門の内側。城壁にうっすら屋根の跡が残ってる。ここにも家が建ってたってことですねm(_|_)m たぶん、昔の人は歴史的な建造物なんてどうでも良かったんだろうとおもう。



image

北側にあった、エキセントリックなビル笑



image

高いところから眺める、中国人民のアパート。



image

さすがに廃墟だと思う。でも、木のうしろのゴミは、どうやってあんな沢山積んだんだろう笑



image

ちなみに、この写真で右側が外、左側が中です。右側のほうが壁が高くなってる。



image

内側の城壁はこんな感じになってます。階段がある。



image

北西の角に、チベット仏教寺院がありました。



image

やっと西側の門に着きました汗 ここは明、清の時代の西側の門。つまりここもシルクロードの起点!



そして南側まで戻ってきました。ゴールはもうすぐm(_|_)m



image

歴史地区。なんとこんなユースホステルがある!ワイもここに泊まりたかった(´д`)



で、ゴール笑 正確には完全には一周してない笑 出発点の南門がランタンフェスティバルの会場で混雑してたので、混雑を避けてゴールも少し手前で諦めてしまった笑



総距離14キロのサイクリングでしたm(_|_)m



続く…

















【今日の宿】
image

image

七賢鐘楼国際青年旅舎 8人ドミトリー:31元

Wi-Fi:有
エアコン:有
ホットシャワー

昨日と同じm(_|_)m 綺麗な宿です!



今日は観光する日ですm(_|_)m



まずは朝から大雁塔へ。



宿のボス的な人にバスの番号をきき、いざ出発。


中国のローカルバスなんですが、ブザーがどこにもない。



なので昨日はどうやって降りればいいのかわからなかったけど、どうやら各停留所で毎回停まってる様子。バスは近代的なのに、意外と原始的な方法笑



バスの中では、ワイの歩き方を見つけたおじいさんが、
「君は外国人だろう?」
「外国人はマスクをしなさい。大気汚染で喉がやられちゃうよ」
と、身ぶり手振りで必死に伝えてくれた。



……あったかいんだからぁ(´;ω;`)



で、大雁塔のバス停に着いてまず目に飛び込んできたのがこれ。



image

なんとバーガーキングがある。エジプトのピラミッドにはKFCがあるらしいけど、こちらはバーガーキング。



で、少し進んだら見えてきました。



image




………かすんでる汗



あんなに近くにあるのに霞んでます汗 中国の大気汚染のヤバさを実感m(_|_)m



image

広場で書をたしなむおじさん。漢詩の知識がワイにあればなぁ…。あとワイも字きれいになりたい泣



image

三蔵法師の像。ここは西遊記の三蔵法師が帰って来て、持ち帰った経典を翻訳した寺なのです。



image

中国人観光客が写らないように、アップの写真も。



image

天上天下唯我独尊



image

入場しましたm(_|_)m 高すぎて見えねぇーー‼笑



image

裏手にまわってパシャリ。



image

たぶん昔の高僧の像。



image

天井がすごい‼



image

無数の仏さまから見られまくってます笑



image

戦前の大雁塔。重要な寺なのに、なんでこんなボロボロになるまで放置してたんじゃろ……(;´д`)



image

立派な門に似つかわしくない無機質な監視カメラ笑



image

中国っぽい門!



image

中に入ると……僧坊でした。



image

こちらは僧坊の食堂のようです。



image

最後に、自撮りする中国人を激写。



image

大雁塔の説明。世界遺産の1つなんだけど、その事には一切触れず。第一級国宝ということをやたらアピールしていましたm(_|_)m












次は歩いて地下鉄の駅へ向かいますm(_|_)m



image

学生時代に行かなくてよかった笑



image

鉄格子で囲まれた中華マンション。



image

ムスリムが、堅焼きのナンみたいなのをそこらじゅうで売っています。



image

途中で寄ったローカルファストフードチェーン。
食べたものはごく普通のフライドチキンバーガー。なのでロゴしか写真とらず笑












image

地下鉄に乗って、開遠門まで来ましたm(_|_)m
ここは唐の時代に城壁の西側の門があったところ。つまりシルクロードの出発点!!



image

image

なのでこんな感じで石像があったりします笑











次は地下鉄で西安駅近くにある高速バスターミナルへ。
明日の蘭州行きの切符を買いにm(_|_)m



もちろんワイは中国語喋れないし、あっちも英語も日本語も喋れないから、筆談です笑 漢字は便利笑



しかし……



なんと明日の蘭州行きは売り切れと(;´д`)



歩き方にバスはあまり売り切れないってかいてあったのに(´;ω;`)



仕方なく明後日の蘭州行きにすることに。



てことで明日も西安にいることが決定m(_|_)m やることないよ汗











バスの切符買ったあとは、ローカルバスで昨日のムスリム街へ。



image

中国風のモスクを見に来ましたm(_|_)m



image

もう完全にモスクとは思えぬ佇まい。



image

門も中国。



image

ミナレット(尖塔)も、仏教の寺みたいな三重の塔。でも、改修工事中で見れず…。



image

モスク本体。



image

image

中はこんな感じ。やっとモスクっぽくなってきた。



image

提灯もモスクっぽい!



image

でも脇にはこんな中国チックな感じも。











モスクから、昨日のムスリム街へ戻りますm(_|_)m



image

ムスリム街への道。THE 裏路地。



image

ムスリム街に戻ってきましたm(_|_)m とにかく赤い食べ物 笑



image

近くで見たらこんな感じ。こりゃ食べれん笑



image

image

今日もケバブを食べますm(_|_)m でも今日は長蛇の列が出来てた人気店! でも……大して昨日と変わらなかった笑











夕食は宿の近くにある蘭州拉麺屋にてm(_|_)m 明後日蘭州にいくのに食べてしまいました笑



image

これがまた美味い!おそらく鶏ガラベースのスープで、細麺、硬め、辛さも調節出来るから激辛にはならず。しかも注文を受けてから厨房で麺を打つ!



日本人も大好きな味だと思う!なんで日本では食べれないのじゃろ。



宿への帰り際にコンビニで水やらの買い出し。そのときビールを発見したので…



【今日のビール】といきたいとこですが、このブログのカテゴリ分けが2件までしかできないので、ビール評は別記事にてm(_|_)m











【今日の宿】
image

image

七賢鐘楼国際青年旅舎 8人ドミトリー:31元

Wi-Fi:有
エアコン:有り
ホットシャワー
看板犬もいる

昨日と同じm(_|_)m


ブツ切り世界一周第一弾は韓国からイタリアのローマですが、このコースの本来の目的はシルクロードをたどる旅。



なので今までの旅路は正直序章みたいなもんですねm(_|_)m 実際カンボジアやタイは今まで行ったことがある国だったし。



今日2月8日は旧暦では元旦。春節真っ只中の中国、西安へ飛びます。



西安は昔の長安。シルクロードの出発点です。



この旅が始まったのも新暦の元旦。シルクロードの出発点に降り立つのも元旦。何かの因果かもしれませんねm(_|_)m











とはいいつつも‼











皆さまご存知、春節期間は中国人が大移動する時期なのです!日本でも中国人観光客が爆増する時期。



正直ワイの心の中では、初めての街で超ハイシーズン、最悪な時期、宿やバス、列車の切符がとれるか心配で、ほんとにほんとに怖かった笑



でまぁ、この日記書いてる2月13日現在、そんなに心配することなかったです笑 慣れましたm(_|_)m



むしろ春節飾りが見れたり、新年で浮かれててあまり中国人もギスギスしておらず、これはこれでよかったかも笑



てことで2月8日の日記ですm(_|_)m
↓↓











今日はなんと朝の3時起き笑 一昨日寝たのは3時ごろだったから、1日で生活リズムが逆転笑



9時のフライトだったのだけど、LCC専用空港のドンムアン空港発だったので、エアポートバスが4時発しかない笑 なので3時起きm(_|_)m



無事3時に起きたけど、荷造りの仕上げとかに予想外に時間がかかり、エアポートバス出発の2分前になんとか間に合った汗



ちなみに時間にルーズなタイ人ですが、エアポートバスに関しては遅れては笑えないので、時間通りに出発しますm(_|_)m



で、空港に到着したら……











この有り様。
↓↓











image












中国人の群れ、群れ、群れ………。



今日が旧暦の元旦ですが、日本と同じように少し前から休む人たちも沢山います。



ほんとに、この先が思いやられます……⤵⤵



image

外を見たら夜が明けました。



image

さすがはアジア最大のLCC、エアアジアの拠点(これでも本拠地ではない)、飛行機もエアアジアだらけ。



image

なぜか野菜を売っていた…笑 貿易事務をやっていた身としては、ここで買っても到着地の検疫クリアできるのか…と要らぬ心配をしてしまう笑



image

中国人観光客を見越してか、中国元だけあからさまにレートがおかしいWww











そう言えば、タイはちょっとしか滞在しなかったので、あまりビールを飲む機会がなかった。なので空港で買うと高いとは思っているものの…



【今日のビール】
image

LEO BEER

不味くない。普通に飲める。なかなか外れを引かないですなぁ笑



ちなみにタイでは先日のチャンビアとこのLEOの他に、シンハーというクッソ有名なビールがあります。



でもシンハーは日本でも普通に買えてしまうので、皆さまご自分で試してみてくださいm(_|_)m
ちなみにワイは不味くないとおもいます笑











image

今日のフライトは定刻通りに出発。乗る瞬間に今日の飛行機を激写。



座席指定、荷物20キロ、機内食のパックになったプランを予約していたので、機内食は全く期待していませんでした。しかしこの期待を上回るものが提供されました笑



image

サンドイッチ。



これだけですWww



いくらなんでもこれを昼食にするのはキツすぎる笑 それを見越していたワイは、空港でハンバーガーを買い、カバンに押し込んで持ち込みました笑



食べたあとは今日3時起きだったためか、爆睡。でもなんとか着陸一時間前くらいには起きて、写真取りました。



image

image

珍しい写真が2枚も撮れました。



なんだかわかりますかね?寒気と暖気の境目です。



どちらの写真も、左側が暖気。右側の寒気が暖気の下に潜り込んで、暖気は押し上げられて上昇気流になり、雲ができますm(_|_)m



と、いうことは、ワイは寒気の方向へ向かっているわけです………汗



image

中国の川。



image

image

中国の山。



image

山地を越えて、西安近くの平地にたどり着きました。



image

何かの遺跡!さすが古都!



そんなこんなで14時半到着予定が、1時間くらい早く着いて、13時半に中国は西安に到着m(_|_)m これならハンバーガー買わずに着いてから食べればよかったm(._.; )m



着いたあとエアポートバスで西安の市街地へ。そして乗り方も降り方もわからないローカルバスに飛び乗り、英語を全く解さない運転手に嫌な顔をされながらも今日の宿にたどり着きましたm(_|_)m笑



【今日の宿】
image

image

image

七賢鐘楼国際青年旅舎(ユースホステル) 8人ドミトリー:31元

Wi-Fi:有
ホットシャワー:有 時間によっては調子悪い
エアコン:有
オンデマンドで映画見放題



メチャクチャ綺麗で設備が整ってる!日本以外のゲストハウスでは、ダントツで今までで一番最高の宿です!



しかし、宿の名前に「鐘楼」が付いてはいるものの、鐘楼へはかなり歩きます。1キロ以上。



でもこの綺麗さと設備の良さはすごいと思う。しかもユースホステルの会員なので31元だし。



image

看板犬もいます。たしかミリョンて名前だった気が笑 大人しくてすごく賢い犬でした!



image

宿の外にはこんな看板が。ほぉぉおおお!テンションあがる‼笑



image

まだ3時過ぎなので、歩いていける範囲で観光です。まずは鐘楼へ!



image

鐘楼の前には共産チックなホテルが笑



image

image

春節の飾り。浮かれてる中国人も含めて激写笑



image

中国人は文明という言葉が大好きですなぁ笑



image

いつの間にかムスリムのマーケットに来てました。



image

この混み様。ムスリムといえど、観光地化されたマーケットですm(_|_)m



image

バキバキなEDMに乗せて激しいリリックを浴びせるMC客引き君。どこの店もこんな感じだから、このマーケットはとにかくうるさい笑



image

水飴の菓子屋では、伸ばして伸ばして……



image

びよーん。



image

ほい!!!



image

中国なので肉はこんな感じで吊るされてます。新鮮第一!笑



image

夜になるとさらに人混みがひどくなる汗



image

画数多過ぎ。



image

image

ストリートフードにもチャレンジしました。細かく刻まれたラム肉が、パンに挟まってる。中国のムスリム風ケバブだと思う。
少し辛いけど、中にコチュジャンみたいな辛味噌が入ってて、かなりまいうー!












人混みがはげしすぎたので、ひとまず退散。そしたら鐘楼でライトアップやってましたm(_|_)m



image

image

image

ぎんぎらぎん笑



これはこれで綺麗なんだけど、なんか下品さを感じてしまうのはワイだけでしょうか?笑











そして綺麗な宿に帰って、綺麗なシャワールームでシャワーし、今日は就寝です……zzz











【今日のLCC】
image

image

エアアジア バンコク ー 西安 8156バーツ
機体:エアバスA320

春節期間中なので、LCCにしてはバカ高い。(26,000円ほど)
実際、一般的な航空会社の便でも同じくらいの値段であったけど、そっちは変な時間に着いたり、乗り換えがやばかったりと言った感じなので、しぶしぶこのエアアジアを選択。




↑このページのトップヘ